歴史が苦手

歴史が苦手です。
過去には興味がないといった方が正しいかも。
だから成長しないし、同じ失敗をするともいいますが(汗)。

同じ理由で、自分の写った写真が苦手です。
見て楽しむ、という行為が苦手なのです。
「あそこ、行ったよね」「あのとき、楽しかったよね」
過去の楽しかったことを思い出している時間が、
どうにも居心地が悪くて。

過去より未来。昨日より今日。そして、明日。
昨日より、もっと楽しい今日にすれば、写真でしみじみすることもない。
明日はもっと面白い日にするぞと、そんなふうに過ごしたいわけです。

でも、たまに、ふいに見た景色に過去にひきもどされて、
しんみりすることだってあります。
たとえば、ここ。
s-P1110152
田町です。JR田町駅からの風景。
愛車の12ヶ月点検で、久しぶりに通りました。

もう、思い出の場所はなくなってしまったけれど、
ここからの景色を見ると、簡単にあのころにタイムスリップします。
あのころって? 答えは今週末に!

パワー充電

雑誌の仕事は、翌月には結果が出るけれど、
書籍の仕事は、来夏出来の取材をいまやって、原稿は半年前に締め切り。
10年やっていても、その時間の流れに慣れない。

本日は煮詰まって、友人たちに会いに。
まあ、これで元気出してよと、ミルクティーもらいました。

s-P1110151
あふれるほどの元気印な友人たち。
いつも、パワーをくれてありがとう。みんなとつながっていられて、本当に幸せです。

危険なのんびりモード

先週、ゆったりとした時間のなかで過ごしていたら、
月曜日になって、いっせいにメールがどかどかと!
自分で意識していたわけじゃないのに、
カラダはすっかりのんびりモードに順応しきっていて、
あわあわな状態。

s-P1110150
現在、校正まっただなか。
今冬に出す予定で進行中の次回作です。

自分が書きたい本と、まわりがのぞんでいる本は、
同じというわけじゃない。
文体を変えろと言われるのは、不本意だけど、
「イワサダさんの文体で、こんな感じで!」というリクエストは、
自分への挑戦であり、それで読者が喜んでくれるのなら、何度でも。

しかし、この本、校正しながらなんども泣いちゃって、
そんなときに宅配便がきたりするもんだから、大変なことに!

お盆

フリーランスに夏休みもお盆もないけれど、
仕事相手の企業が休暇になると、電話もメールもなく静かな日々。
ゆえに毎年、この時期には原稿と資料読み込みの日々。

趣味、仕事。
なんかほかになにもできなくて、
恥ずかしいなあと思ったころもあるけれど、
最近は、堂々と言えちゃったりして。
取材でお会いした人がどんどん増えていくことが、
この上ない幸せだったりして。

そんな夏のおこもり10日間。
支えてくれたのは、まずこちら。
s-P1110134
ぶどうです。大きいです、甘いです!
Kさん、ありがとうございます!

s-P1110136
そして、こちら。生チョコなんだけど、新潟は胎内の銘菓ゆえに米粉入り!
もっちりぷるぷるな食感がたまりません! Iさん、ありがとうございます!

s-P1110146
そして、こちら! 実家にもどったら、姉の家のぽん太が遊びにきていました。
かっわいいー! すでにいい年齢なのに、美魔女ならぬ美オヤジです

たくさんの友人の差し入れや、激励に支えてもらって、今年も後半、がんばります。

暑熱順化

殺人的な暑さで、倒れそう。
家を出て、数歩しか歩かずクルマに乗り、エアコンをつけて走っているというのに、
クルマの窓ごしに日差しがあたるカラダがよほど暑いのか、
顔や首からは、滝のような汗。
やばすぎる。

s-P1110128
青い空に、濃い緑の木々。
気持ちいい景色ですが、暑いですー。

だというのに、消防隊員の方々は、
これ好機とばかりに、レインウェアを着こんで走っている!
暑熱順化訓練ですな。
消防学校に入りたての消防士に、助教が言っていましたよ。
「いままでは、暑いときは発汗できるウェアを選べんでいたけどな、
これからは、暑いときに暑いかっこして、熱いところに入っていくんだよ!」

……。

そうです。そのとおりです。
手首も足首も首も覆い、お面までかぶって火の中に行く。
想像を絶する世界です。
暑さに慣れる訓練をしないと、5分でアウトです。

仕事とはいえ、意識高く訓練を続ける姿を拝見し、
自分も暑さを言い訳にせず、プロの仕事をしなければ。
でも、暑いんだよ~。

暑すぎて不審者疑惑

本日も、首相官邸の脇を抜けて会議へ。

s-P1110129
会議を終えてもどるところ。
オレンジになりかけた太陽が、高層ビルをてらしてきれいです。

あまりの暑さに、日傘とサングラスは欠かせません。
でも、日傘では下半身まで日陰にできず、
日に当たる脚はストーブにあたっている気分。
信号待ちをするあいだ、ちょっと離れて高層ビルの日陰に身を寄せていると、
近づいてくる若い警官。
顔は笑っているけれど、目はあきらかになにかを疑っている。

「待ち合わせですか?」

どうやら、ここの交差点に留まろうとする人を警戒しているようだ。
こうやって声をかけて、人数が増える前に手をうつ指令が出ているんだな。

「いえ、あまりに暑くて日陰で信号待ちです」

おばちゃん体力のないおねえさん丸出しな回答に、苦笑する若い警官。
すいませんねえ、余計な手間を増やして。

緊急時のアナウンス

久々に4時半起き。
そして外に出ると、すでに蒸し暑い。ひー。

本日は、弾丸取材で西へ。

s-P1110126
8月の新幹線は、家族連れ率高し!
駅もめちゃ混んでいて、人口密度が高いところが苦手な身にはちょっとつらい。

充実の取材を終えて、ぼんやりと新幹線車内にいると、
新横浜に到着前に、突然のアナウンス。
「JRは、京浜東北線、横浜線が、止まっています」
なにー! (桜木町の架線事故)

私は影響ないからいいんですが、新幹線内がざわついています。
けれど、私の前に座る外国人の男女は、わけわからないまま。
彼らが新横浜で降りようとしたら、言おうかと思ったけれど、
そのまま都内まで行く様子。
だったらなんとかなるか。

英語のアナウンス、いるんじゃないの?
緊急時こそ、教えてあげないとダメなんじゃないの?
JR大阪駅では、英語のアナウンスを何度も耳にするけれど、
都内は聞いたことがない。
観光立国を目指すとか、オリンピックがとか言う前に、
基本的なこと、まだありそうですよ、鉄道を含めた交通機関のみなさん。