おしゃれも安全も足元から

昨年は自動運転とエアバッグの取材に力を入れ、
そのたびに感じたのは、
開発者は、人間の動きをしっかりと研究しなければならず、
乗る人は、安全を他人まかせにしてはいけないということ。

エアバッグの安全をどう確保するんだよ!
と言われちゃいそうだけど、
敢えて言います。

きちんとドラポジとらないと、エアバッグの効果はありませんから!

それは、私が救命救急の現場で見た現実です。
実験室でのミリ単位で調整して得たデータを信じていてはいけません!
オシリに隙間のないよう、しっかり座ってベルトをし、
エアバッグとの距離を適切に!!!

さてもうひとつ、乗る人が考えなきゃいけない安全がタイヤです。
タイヤの空気圧、いつ点検しました?
っつか、そのタイヤ、溝、残っています?
被害軽減ブレーキや、横滑り防止装置、ABSなど、
安全装置は数あれど、タイヤが機能しなければ役に立ちませんから!

私は昨年、5年はいたタイヤを交換しました。
溝はまだ残っているし、ヒビもないけれど、ゴムの劣化が気になったので。
換えたのはこちら。
P1090756
ミシュランの、パイロットスポーツ3。通称PS3です。

じゃん。
P1090763
足元がきれいだと、すっごいお洒落した気分。

面白いのは、低速と高速の乗り心地が違うこと。
低速から、タイヤのカタチが分かる感覚で、
「タイヤを意識せよ」と運転の基本をささやいてくれるんだけど、
それが高速になると心地いい硬さが際立ってきて、ほどよい緊張感が!
おもしろーい!

なんつーかですね、タイヤのことなど普段、考えない私ですら(仕事人失格)、
タイヤの気持ち、こっち行きたいとか、
速度とハンドルのバランスをもう少しこうしてよとか、
まだまだ、いけまっせーとか(←この感覚が圧倒的に多い)、
意識させてくれるんですよ。不思議。

今年は仕事もクルマも基本に立ち返り、
足元を見つめ、進んでいきます。
今日も原稿書き、がんばります。

謹賀新年

2015年が明けました。

s-P1100023
二日の朝の富士山。真っ白できれいです。

イワサダ家恒例、正月の書初めの四字熟語。今年は、

敢為邁往(かんいまいおう)

と、書きました。
困難に屈さず、目的に向かい、ひたすらまっすぐに頑張るという意味です。

昨年の反省は、大きく分けるとふたつ。
1)内閣府をはじめとする会議での発言が、自由すぎたこと(反省してます、していますから!)
2)本が一冊しか、出せなかったこと

いずれも、自分自身の知識不足と実力不足によるものなので、
今年は勉強し足元をかためて、確実に前に進んでいきたいと思います。

昨年は大晦日まで原稿を書き、元日は実家に行ったものの、
新年は二日からデスクに向かい、
いつも以上に正月気分がまったくなし。
気づけば休みは明日で終わりって、どういうことだ。

爆風のように過ぎ去る日々に流されないよう、精進します。
今年も、よろしくお願いいたします。

仕事納め(第二部終了)

原稿があまりにも進まなくて、
いよいよ、おこもり部屋行きかと思ったものの、
おこもり部屋のあまりの寒さに気が乗らず。

図書館に行くか、カフェに行くか、
それともレンタルオフィスでも借りてみるかと悩んだ末、
行き着いた先は、徒歩五歩の、ダイニングテーブル。

視界が変わるだけで、あらまあ。なんて書きやすいんでしょう。
(私のデスクは、リビングの一角にあります。書斎がない。とほほ)

P1100016
祖母が愛用していたダイニングテーブルは50年もの?
ニトリの980円のテーブルクロスが大活躍です。

年内に! と、約束した書籍の草稿を、どうにか仕上げ、
さきほどぽちっと送信しましたー。
ぎりぎりやん! 
しかも、仕事納めが大晦日って……。

みなさん、今年も本当にお世話になりました。
どうぞよい年を、お迎えください!

仕事納め(第一部終了)

会議でごいっしょしているみなさんに指摘されるまでもなく、
暴走行為は自覚中。
反省をこめてあちこちでぼそぼそと言っていたら、
理論展開のキレのよさ、現場の制圧率の高さでは私が神とあおぐ、
M先生から極意を教えていただきました。
しかもその説明が、また恐ろしく明快で、
まったくもってひれ伏したい思い。
本当にアタマのいい人って、こういう人のことだよなー。

教えていただく前に参加した本日の打ち合わせと会議では、
またしても、べらべらと自論展開だけして、
言い終わったあとに我に返るという有り様。
冷水をかぶりたい。

P1100014
霞ヶ関から半蔵門へ、徒歩移動中。
人のとおりが少なくて、気持ちのいいクールダウンコース。

夜のミーティングで、今年のオフィシャル行事は終了。
残るは原稿書き。
自分を律して締め切りだけは守ります!←本当は中身が大事!

クルマの未来と安全と

今日はおとなしくしていようと思ったのに、
あまりにも〇〇〇な状態ゆえに、本日も活火山。
(私が言う前に、誰か指摘してほしい)
新しい年を迎えたら、もう少しおとなしくしていたい……っつか、いさせてほしい。

P1100010
信号機の英字表記は、日本語のローマ字表記。
これって、英語表記に変えるんじゃなかったでしたっけ?

軽自動車ラッシュ

スズキからアルト、ホンダから、Nボックス・スラッシュが発表された本日、
ダイハツ・ムーヴの試乗会へ。

もろもろの事情により、写真撮りそこねました!

ムーヴ、やばいです。めっちゃ乗り心地がいい。
個人的には、ノンターボのサスペンションが好き。
【レスポンス】にショートインプレ、書きます。

軽自動車、すごいことになってきました。
アルトの試乗会、楽しみだー。

千葉県警

報道によると、千葉県警が交通事故の死者数を少なく報告していたらしい。
こんなことをごまかして、いったい誰が喜ぶのだろう。
死者数を、単なる数字競争と、とらえているとしか思えない。

死者数が減らないと、自分たちが仕事していないと思われるから?
だとしたらそれは、
自分たちだけが死者数削減に貢献していると考えているから。

とんでもない話だ。

自動車メーカや部品メーカーの技術者が、どれだけ安全を願い開発しているか。
制度や法律を作る人たちが、どれだけがんばっているか。
大学の研究者や、多くの関係者や、微力ながら私たちジャーナリストも、
安全を願い、クルマが被告席に上がらないために、
活動を続けているのだ。

救急隊、消防隊、特別救助隊、ドクターヘリ、
救命救急センターをはじめとする病院関係者の人たちが、
ひとつの命を救うために、どれだけ奮闘しているかを、
少しでも考えてもらいたい。

小学生の通学を見守る、緑のおじちゃん&おばちゃんだって、
雨の日も雪の日もがんばっている。

死者数削減は、多くの人たちの日々の努力と献身と、
責任感と勇気と行動力の上に成り立っているのである。
なのに「少なく報告」って、プロ意識のなさぶりに開いた口がふさがらない。

死傷者数をもとに、その傾向を洗い出し、対策を考えている研究チームだってある。
報道によると、単独事故が隠蔽傾向になるというけれど、
その数字のねじれを、どうしてくれるというのだ。

というか、隠した件数は、本当にそれだけなのか?
千葉県警以外は、どこもやっていないと言い切れるのか?

数字コントロールが招いた信頼崩壊の罪は、果てしなく大きい。
関係者は原因を突き止めて、再発防止を徹底していただきたい。