チャイルドシートの事故

先日、愛知県で、チャイルドシートで車内にいた一才児が、
ベルトが首にかかり亡くなったという報道があった。
死因などの詳しい情報は伝わってこないけれど、
クルマがらみでこどもが亡くなる情報が伝わるたびに胸が痛む。

そもそも、車内にこどもを残して両親がクルマを離れること自体が問題なのだが、
なぜ、ベルトが一才児の首にかかったのかが知りたい。
紙オムツをはかせるときは、大人の指一本が入る程度と言われるけれど、
チャイルドシートのベルトも、大人の指二本程度まで、締める必要がある。
かなりがっちりで、かわいそうと思う親もいるようだけれど、
安全装置は、ここまで締めないとこどもたちを守れない。

大人の指、二本程度が入る程度は、そうとうきつい。
一才児が暴れた程度では、縄抜けはできない。

チャイルドシートは使っていればいいというものではなく、
ちゃんと使わないと意味がないどころか、
こうした凶器ににもなり得るということを、保護者には強く伝えたい。

そして、これから春になる。
「まだ肌寒いから、少しくらいは大丈夫」と、
こどもを車内に残していく親がいるけれど、
3月中旬あたりから、車内のこどもの熱中症が急増することも覚えておいて欲しい。
春をなめたら、いけないのだ。
面倒だし、大変だし、ちょっとくらいと思う保護者の気持ちもわかるけれど、
こどもを守れるのは、そばにいる保護者だけだということを、
もういちど考えてもらえればと思う。

本日は、ペースダウンしつつの原稿書き。

脱稿その1

朝からPCに向かい、
まずは、夏出版の一冊目を脱稿です!
やったー。

まだ校正やら、なんやら残っているけれど、
あとは、セントワーズ様と、校閲様のお力添えで、乗り切りたい!
(↑この意味を知りたい方は、拙書『青い鳥文庫ができるまで』をぜひ)。

そして、夏出版の二冊目は、今月中に完成稿までたどりつきたい!
あとちょっとだ。ゴールが見えてきたー!


ヒントがいっぱい

雪で遊んだツケが体にも(筋肉痛)、締め切りにも押し寄せ、
なんてこったな月曜日。

早起きして原稿を書き、
昼は、某集まりへうかがって、情報収集へ。
今日は、新たな仕事のヒントをいただき、おおおー!と、叫びそうに。
そうか、そういうことだったのかー!
私が取材のとき、息をひそめて耳ダンボになるのは、
きっと「その面白さ」を体感していたからなのか。
いや~、あらゆる仕事にプロがいて、指摘していただくのはめちゃめちゃ楽しいです。

P1070064

終了後は、こちら。HEM-NetのAACN研究会。

本日の研究会は、グローバルな流れをお聞きし、
日本、がんばらないと、ロシア~欧州に飲み込まれるぞ! 
と、ひとりコブシを握り締めたのでした。
自動車事故時の緊急通報システムは、これから大きく動きます!

この週末は、本の原稿+クルマの原稿で、
脳みそミックス状態だというのに、

外を見たら、銀世界!
たまらん!

s-DSC00719

というわけで、つくってみました、雪だるま。
このサイズにするのに2時間。結構、ちから、いります。

…………。
つくっている場合か! 私!!

ATTT

一月のおこもり強化月間から打って変わって、
二月第一週は外仕事重点週間。
今週ラストは、ATTT(Automotive Telecommunication Technology Tokyo)の、
アワード選考会。 詳しくは、こちらから。 →クリック!

発表は、3月12日(水)@東京ビッグサイトにて!

P1070059

今年も、選考委員を務めさせていただきました。

IT熟練者に囲まれ、しどろもどろ状態。
昨年は、ひとり、紙で資料を受け取っていたので(ほかの方々はPC持参)、
今年は! と、タブレット持参で行ったのだけれど、
マックユーザーのみなさま、今年は、アップルなんちゃらなる機能でもって進められ、
(全員のPCがつながって、スクリーンにすぐに映し出せちゃう)、
アンドロイド派は、ちぢこまっていたのでありました。

国交省は、DSRCで高機能ナビを普及させようとしているけれど、
いまやカーナビはスマホorタブレットで、十分な状況。
こんなIT音痴な私ですら、
「タブレットがクルマにぱちっとはめられたらいいのに」
と、思うわけで。
盗難こわくて毎回、ラジオやナビをはずすイタリアなんて、
そっちのほうが大歓迎でしょ。

クルマ業界、ネット・ネイティブの動きを注視しないと、
やっていること、ものすごく、とんちんかんになりそうです。

輸入車試乗会

年に一度、日本自動車輸入組合(JAIA)主催、大試乗会@大磯です!

P1070046

今年もすっばらしいクルマの数々が集結です。ありがとうございます!

アメリカ、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス……。
国が違えば考え方も文化もちがう。
乗り心地、まったくちがいます!

ジープのグランド・チェロキーは、6・4LのSRT8に試乗させていただきましたが、
……なんだ、これ~!!!
の、圧巻の走り。ああ、アメリカ行きたい(遠い目)。
ルノー・キャプチャーは、今年、激戦になるコンパクト・クロスオーバー。
ちょいノリだと「はあ?」ですが、高速になるにつれ「おお!」な走り。
すばらしい。フランスだ。

相変わらず、元気で明るい事務局スタッフの手際のよさと、
寒風吹き付けるなか、クルマを管理してくれる各メーカーのスタッフさんに感謝し、
全メーカーごちゃまぜで丸テーブルを囲む、広報スタッフ談義をお聞きしつつ、
がっちり試乗させていただきました。
【レスポンス】にて~。

雪の小田原

火曜日は、都内よりも小田原~箱根方面のほうが降雪量が多かったそうな。
朝から東名高速を西に向かうと、
丹沢あたりの山々が真っ白できれいなこと!
もちろん富士山も、純白の装いです。うっとり。

でも、試乗会スタッフにとっては、大変な雪。
昨夜は、十センチ近く積もった雪をかいて、
今朝の試乗会の準備をしてくださったそうな。ありがとうございます!

s-DVC00036

本日の試乗車は、パワーユニットが一新した、
プジョー+シトロエンのコンパクト軍団。

シングル・クラッチは燃費はいいし面白いけれど、
AT免許増加中の日本市場でどう受け止められるのか?
【レスポンス】にて!