日本カーオブザイヤー

本日は、日本カーオブザイヤーの10ベスト選考会です。

P1090717

選考委員59名が、事前にネット投票し、
この場で開票されていきます!

選ばれたのは、こちら。
・トヨタ ボクシー/ノア
・日産 スカイライン
・ホンダ Nワゴン
・マツダ デミオ
・スバル レヴォーグ
・スズキ ハスラー
・メルセデスベンツ Cクラス
・BMW i3
・ジープ チェロキー
・プジョー 308
(エントリー順)

あああー、私の選んだ10ベストから、あのクルマとあのクルマが落選している!
ざんねーん!(10ベストは非公開ゆえ、ないしょ)

そして、最終選考会は、この日の夕方からネット投票開始です。

最終選考会と表彰式は、13日(月)
東京モーターフェス2014の会場にて。
詳しくは、日本カーオブザイヤーのサイトから。 →こちらをクリック
しかし! 台風直撃? どうなる日本カーオブザイヤー!

誕生日ありがとう!

今日は私の、52回めの誕生日です。
おめでとう、私!

DVC00031

週末は誕生会@実家。
ケーキは特注でしてよ。4人でも5人でも切り分けられるデザインにしてくれました。

いくつになっても誕生日は大好き。
でも、このところ、誕生日はお祝いしてもらうだけでなく、
丈夫に産み育ててくれた両親に感謝する日。
健康であることに感謝して、
充実した日々にしてくれる仕事仲間や友人のみんなに感謝する日です。

今日から新たな一年の始まりです。
昨年からの約束を果たすべく、そして自分にしかできないことを見つめて、
毎日少しずつでも前進していきたいと思います。

みんな、ありがとう。
そして、よろしくです!

密談

原稿、原稿。
締め切りが設定されると、オシリに火がついて、
どうにも落ち着かない状況が始まります。

そんな中、午後は密談。

P1090715

超景色のいい場所で、私の大好物、ムリノビアンコのバイオッキまである!
密談、絶好調!

終了後は、国際交通安全学会の研究会へ。
ちょっと本音でしゃべりすぎたかもー。ちょい反省。

気合注入

取材が終了したので、プロットもって打ち合わせ@講談社。
「イワサダさんというと、粉モノ連想しちゃって」と、
担当さまが待ちながら用意してくれたのは!

P1090714

たい焼き~! しかも、あんこ&クリームチーズ!
うんまー!

あまりの美味しさに、打ち合わせの気もそぞろ(だめじゃん!)
草稿の完成目標日、入稿予定日などざっくり決めていただき、
気合注入です。

いずれにせよ、原稿がないと話にならないので、
あとは書くだけ。
来年は2冊! 今夏からずれこんでいるのを入れると3冊!
できればさらに、もう一冊!(=欲が深い=書いてから言え!)

火山灰とヘリ

火山灰は粘土質で、航空機やヘリなどのジェットエンジンが吸い込めば、
破損することがあり、結果としてエンジン停止へとつながる。
雲仙普賢岳の活動の際、自衛隊のヘリがエンジントラブルを起こし、
不時着した過去の事例もある。

「ヘリでどんどん救助すればいいのに」
そういう声を聞くけれど、
あの場所に行く自衛隊ヘリも、ぎりぎりの判断で活動していることを、
理解していただきたい。
噴煙は避けたとしても、自ら起こすダウンウォッシュで、
積もった灰を巻き上げているのだから。

今日はそんなことを思いながら、胸がつまる思いで過ごす。

P1090713

原稿のお供は、新たに届いた「豊水」。あまいですー!

山の事故

山を愛するひとりとして、
御嶽山の噴火事故は胸が痛む。
なにも、紅葉がきれいなこの時期の、
晴天の土曜日の、お昼どきという、
一年でいちばん、山好きが集う時間帯に噴火しなくてもと
思わずにいられない。

怪我をされた方の回復と、亡くなられた方のご冥福と、
いまなお山で助けを待つ方々の救助と、
救助活動をされている方々の安全を、祈るばかりである。

死亡確認は医師でないとできないため、
死後硬直や、部分的に切断など、あきらかに生存していない状態以外は、
消防も警察も自衛隊も「心肺停止」として、対応をする。
そして私は、東京消防庁の取材のなかで、なんども聞いた言葉がある。

「僕たちは、死亡確認はできない。どんな状態でも生きていると信じて行動する」
「たとえ死亡確認されたとしても、少しでもいい状態で、
一刻も早く、ご家族やご友人のもとへ返してあげたい」

空路、陸路で要救助者のもとへ向かう各隊員の制服姿を見ながら、
その覚悟と決意が思い出される。
火山活動が続き、降り積もった火山灰が巻き上がる過酷な状況のなかでの活動、
どうぞ、ご無事で。