文化と芸術とエコ

午前中に取材をひとつ。
ダッシュで帰宅して、原稿書き。
とっとと書き終えて、セレナの試乗会に行く予定だったけれど、
はっ! と気づくと、がーん! な時間。ゆえにドタキャンです。すみません!

そして夜は、自動車業界の方々の集まる、年の瀬のパーティへ!
原稿が終わらず、家を出るのが遅れ、あわあわしつつ向かったのだけれど、
こういうときに限って、愛車のナビが古くて、新しいパーティ会場のホテルが入っておらず!
なんなのよ、その「高速財団のうんちゃら」って???

新しいホテルのエントランスにあるオブジェ。優雅で情熱的な空間にうっとりですー。

こういう文化というか、ゲージツというか、そういうものってやっぱり気持ちが豊かになります。
エコの観点からいくと、「無駄」なんでしょうけれど。
でも、人生ってそういう無駄に思えるものこそ、ほんとは必要なんだと思います。
と、自分がだらだらしていた(無駄な)時間も肯定しておこう。

ラジオ、のち、懇親会

早起きして、原稿書き。
昼にタイムアップして、ラジオの収録です。
年末年始も、特番にならずに番組は進行するので、
むむっ? プロデューサH君、腕の見せ所です。スケジュール調整、よろしくです!

終了後は編集部へ行き、雑務をしつつ時間調整し、
夜は、クルマ業界の諸先輩方との、懇親会です。

都会の夜はイルミネーションだらけ。最近は、LEDってのが当たり前になってきたそうな。

二酸化炭素排出削減に逆行! なんて、無粋なことは、この際、なしってことで。
こういう「美しいもの」だって、人間には必要なんだと思う。

環境を叫ぶ人のなかには、「クルマをやめて、公共交通機関を!」と言う人もいるけれど、
でも、大きなバスにひとりしか乗っていない方が、よほど、環境に悪いわけで。
っつーか、本当に環境のことを思うなら、「クルマをやめて、歩け!」なんじゃないでしょーか。
でも、それって違うでしょ。
やっぱり、人間は、移動の自由と、移動時間の選択ができる世の中でしか、もう生きていけないんだと思います。

クリスマス・イルミネーション、万歳! 

VW夏祭り

28日(土)29日(日)、残暑というより夏真っ盛りのような週末。
フォルクスワーゲン夏祭り会場にて、エコ・ドライブ・トレーニングです。

ものすごい酷暑でしたが、本当に多くの方にご参加いただき、ありがとうございます!

VWのダウンサイジング・エンジン「TSI」と、さくさくギアチェンジするDSGとの組み合わせは、
ドライバーの意思に応じて気持ちよく扱え、エコ・ドライブはもちろん、走らせていて楽しいです!
エコ・ドライブ・トレーニングでは、みなさんの走りをデータにとって、全貌を明らかにしちゃいます。
チャンスがあれば、ぜひ、ご参加ください!

それにしても、とんでもない暑さで、終日の外仕事。
いやー、化粧なんて、朝、会場到着と同時にダダ流れですよ。
この歳になって、ほぼノーメイクで、ステージに上がるとは思いませんでしたよー。
お見苦しくて、すみません、みなさん!

そんなこんなで、よろめいていたら、なんと、差し入れが! 
一日目、水羊羹をいただき、わーい、と喜んでいたら、二日目の終盤、こちらもいただきました!

ジャン・ポール・エヴァンとアンデルセンが組んだ、新たなる世界。
「PAIN AU CHOC!(パン・オ・ショック!)」の、ひとくちサイズお菓子です!

Aさん、ありがとうございます! チョコ好き、粉モノ好きの私には、たまりません~。
スタッフみんな、へろっていたので、貴重なエネルギー源。美味しくいただきました!
「要冷蔵」の「クリップ」シリーズ(右のハコ)は、フランスパンに、エヴァンの板チョコとバターがサンドしてある一品。
(アイスボックスのドリンク放り出し(!)、特等席を確保して保管させていただきました!)
バターとチョコの歯ごたえ(敢えて歯ごたえ!)と、口どけと、パンのみっしり感が絶妙で、
超うま! もうもう、クセになる美味しさです! 
不況のデパート業界で攻めの姿勢でひとり勝ちしている、伊勢丹新宿店に展開しているので、
むむむ、これは買いに走らねば!詳しくはこちらから。 →クリック!

暑い中、ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。
スタッフ、関係者のみなさんも、どうもありがとうございました。お疲れ様でした!

追伸:Aさん、おこもり用までありがとうございます! こちらはしっかり冷やして、月曜朝にいただきました。
    こちらも、ほどよい甘さで美味しかったです!(追記=月曜日)

原稿と告知

そして、今日は、原稿書いています。
外、暑そう~。まだ二週間ほどこんな日が続くって……ぐえええ。

そして、告知です。
明日からの二日間、28日(土)29日(日)、
『フォルクスワーゲンの夏まつり2010』が開催されます。
場所は、原宿表参道 代々木体育館広場 (東京都渋谷区神南2-1-1) 詳しくは、→こちらをクリック!

このなかのエコドライブレッスンで、私、インストラクターをしています。
午前の部は、事前申し込みですが、午後の部は当日受付(先着順)ですので、
興味のある方、とくに女性の方! ぜひ、お越しください~。

きっと、暑さでよろよろしていると思いますので、差し入れも大歓迎です>って催促してどうする、自分!

5月!

年々、一年が過ぎ行くのが超特急。
そんなに急がなくっても……と、暦に言いたい気分です。

まわりでは、鯉のぼりが泳ぎまくっており。

100501

あわただしい毎日のなかにも、こういう季節のお祝い事を見ると、ほっとします。

先日、「無洗米にして、ヘドロを減らそう!」と書いたら、
青い鳥文庫の担当ももちゃんが「玄米なら水は白くなりませんよー」と、教えてくれました。
玄米!
それはいいかもですね。ビタミン&ミネラル、豊富にある玄米。これぞエコ&健康食。
ついでに。
前回の書き方では、無洗米=おいしくない。と、とらえがちでしたが、
以前、私が某宿泊施設でいただいた、あきたこまちの無洗米は、ものすごく美味しかったです。

えーっと、んじゃ、なんで私が無洗米を使わないかというと、親戚が米をつくっておりまして。
家のそばの精米機で精米して送ってくれること10年=その間、米を買ったことがない。
彼女の家のそばの精米機は、8分つきまでしか、できないのでありました。
クルマ飛ばしてもらって二酸化炭素出して、無洗米にしてもらうのがいいのか、
素直にそのまま米を研いだほうがいいのか……。むー。

エコと文化と無洗米

5時起きです。こもりました。
ビッグ・プロジェクトの、第一次締め切りが本日午後4時だったもので、なんとか間に合わせましたー。
むむ、この企画進行で、大丈夫なんでしょーか。
いつも最初は、どきどきです。

書き終わって、脱力状態。
ならば食事ということで、この一週間「キッチンには立たない」宣言(=だれに?)を解除し、
よろよろと米などを研いでみました。

研ぎながら、ふと、思います。
研ぎ時間をいれた、米の準備時間は約十分。週に三回、研いだとして、一年で26時間。
一日、8時間労働なら、三日以上も費やしているわけじゃないですかー。
なんたる無駄!

だったら無洗米にすべきでは。
そう、米の研ぎ汁は環境にも悪い。だから無洗米が開発されたわけで。
本当に環境のことを考え、GDPを上げるなら、無洗米を全国標準、もっと言えば義務化もありかと!

と、書きつつ、いやー、そりゃない。
だって、米は、洗うではなく「研ぐ」というくらい、研ぎで味が決まるわけで。
ピンとたったご飯は、やっぱりおいしい。これが日本の食文化ってわけで。
やっぱり、文化とエコは両立しないと、つくづく思います。

だけど、私がもしも米屋なら。
500cc~2Lのペットボトルに入れて販売します。←だれかやってー。
だって、絶対その方が、買いやすいし、運びやすいし、使いやすいし、保管しやすいもん。
環境のこと考えるなら、無洗米ね。その方が、みんな簡単に食べられるもん。
米の消費率をあげるために、米販売の法律を変えて、コンビニでも売れるようにして、
お米屋さんの大反感、食らいそうだけど。
でも、なんか変えないと、米の消費率って上がらないと思うよ。

国交省自動車安全シンポジウム

ふだんジーンズやらジャージやらで過ごしている私。
タンスの奥からスーツを引っ張り出してきて、国交省のパネルディスカッションに参加させていただきました。

091029

エコカーとパーソナルモビリティの普及を見据えて。今後の問題、山積です。

ええと、ここでフォローするのもなんですが、
私、エコ・ドライブを否定しているわけではなく、ミスユースはNGですよってことで。
ついでに、
先進的な街づくりに反対しているわけでもなくて、
全員が全員、パーク&ライドにすることを望んでいるのではない、ということを言いたかっただけで。

だけどやっぱり電気自動車やハイブリッドに常時音をつけるのは反対です!
別に、クルマに詳しくない大学の先生が座長をしているわけではなく(K先生は超クルマ好き)
国交省が勝手に決めているわけでもなく(メーカーの動きのほうが不穏だと思います)
音質については、とっくにメーカーが考えていたりもするわけで、
まあ、そのあたり、新聞報道等々が舌たらずでユーザーに誤解を与えている気はします。が、
実験そのものは密室どころかメディアウェルカムの公開でやっているので、
私自身は、細かい経緯はそれなりに把握しているつもりでもいますが、
それでもやっぱり、反対ですー!

常時音で消すスイッチをつけるのと、必要時だけ鳴らすのと、一見、同じようにみえ、
常時音のほうが「クルマが弱者をいたわっているんですよ」という姿勢を示せて、
居心地がいいような気がするようですが、それは妄想だと思います。

音がしているんだから、視覚障害者だって気づくだろう。だったらどけよ!

こんな「性悪説」なドライバーだって、いるでしょうに。

最初はメーカーの自主規制のようなもので始めて、様子をみるってのはダメですか?

ともあれ、みなさん、お疲れさまでしたー。
Yさん、わざわざありがとうございました。お会いできる機会がなくなるのは残念ですが、
個人情報流出していいので、私の連絡先を入手して、ときどきご連絡くださいね。
最後のメッセージ、胸に響きました。がんばります!=私信。