救命救急フライトドクター発売!

七夕の本日、「救命救急フライトドクター 攻めの医療で命を救え!」発売です!



編集部におじゃまして、いただいてきました。感激です!

3年間、日本医科大学千葉北総病院の救命救急センターに通い、
学ばせていただいた「北総スピリッツ」を詰め込みました。
表紙撮影に予定していた日は、東日本大震災が発生し、
ドクターヘリが福島に飛んでいて無期延期という状況でしたが、
阪神淡路大震災を機に見直された、航空医療が活躍する姿に感動し、
このタイミングでドクターヘリ&フライトドクターの本を出せることに運命を感じました。
すでに草稿は完成していたものの、プロローグと最後の章は、
急遽、変更して東日本大震災での、ドクターヘリや防災航空ヘリの活動を加筆しています。

編集部から完成した本を持って、担当ももちゃんと北総病院へ。
本日も救命救急センターは、すごい状況でしたが、
お世話になったドクターのみなさんにお会いすることができ光栄です。
そして北総を離れたみなさん、送付手配は完了していますので、いましばらくお待ちを!

本が書店に並ぶと、嬉しい反面、ああ、終わった……という一抹の寂しさもあり。
みなさん、本当に本当に、ありがとうございました!

ひこにゃん!

新幹線に乗って、ひこにゃんにインタビューをしに。
え、ちがう? あれ? ちがいました?
あっ、そうか。「彦根のよいにゃんこ」でしたっけ?



いろいろモメているようですが、どっちでもよくってよー。
だって可愛いんだもん。


ご当地キャラでは、ダントツにかわいい、ひこにゃん。
ちなみに、名物にうまいものナシと言われるなか、
いや、ぜったいうまいっしょ、のベスト3は、
1)中津川 栗きんとん
2)仙台 萩の月
3)岩手 かもめのたまご (順不同)

かもめのたまごは、岩手の大船渡にあり、被災したけれど販売を再開したとの噂。
がんばれー!

そして、帰宅すると「救命救急フライトドクター」の表紙デザインが決定との連絡が!
な、なんと!
前回、デザインしていただいた3つの案ではなく、第4案に決まったとのこと。
これがまた、とんでもなくかっこよく見ほれてしまいます。
中カバーも、帯も、裏表紙のあたりも全部すてき。
デジタル書籍もいいけれど、紙の本は、こういう「物体」としての存在感がたまりません。
発売は一ヵ月後。ご期待ください!

表紙デザイン!

人生、タイミングだと思う。
自分で運をひきよせることも大事だし、「ここぞ!」というときに、攻められる自分でいたいとも思う。
そんなことを考えながら、昨日の午前中、編集部に打ち合わせに行ったら、
担当ももちゃんが「なんてタイミングがいいんでしょう!」

その手には、おおーっ! 
到着したばかりだという、「救命救急フライトドクター」の表紙案が!



田丸瑞穂さんが撮影してくれた、超かっこいい写真を、
デザイナーの清水良洋さんが、これまたすばらしいデザインにしてくれました!


「どれがいいですか?」って聞かれても、いやー、ぜんぶいいです! 決められません~。
さて、7月7日の発売日には、どれが店頭に並ぶのでしょう? 見てのお楽しみです!
田丸さん、清水さん、そしてモデルをしてくださったT先生、ありがとうございます!

そして本日から、出張です。

うさちゃん!

7月に出版する「救命救急フライトドクター」も、じわじわと最終段階に向かっています。
校閲さんのチェックの入った校正用紙が届き、さらに、入魂のあとがきも、校正段階に。



宅配便の封をあけてみたら、なんと! うさちゃんが勢ぞろい!
ももちゃん、ありがとう~。なごみますー。


本日は朝から原稿書きと、校正チェック。
見ても見ても、完璧にはならないので、どこかでキリをつけなくちゃいけないのだけれど。

アタマから煙を出していると、友人Y嬢から、来月の遊びの誘いが!
うおおおおー! ニンジン、ぶらさがりました!
やっぱり、遊びを基本に仕事の計画を立てないと、
貧乏性な私、いつまでたっても、だらだら仕事しちゃって、遊びにいけないわけで。
がぜん、やる気スイッチ入っています!

必見!&ドクターヘリDMAT活動

東京での買占めについて、超わかりやすく叱っています。
ぜひ、見てください!  → こちらをクリック!

本日は、ドクターヘリ支援事業審議会の会議。
東北関東大震災でも、16機のドクターヘリが、
DMAT(Disaster Medical Assistance Team=災害医療チーム)として
全国各地から集結して、活動を行っています。
もちろん、我が(だれ?)日本医科大学千葉北総病院のドクターヘリも、当日のうちに現地入り。
ほとんど報道されていなくて、ちょっと悔しいので、ここでご紹介。



霞ヶ関ビルの入り口にあるエレベータは、節電のため、休止中。

だけど、このくらい歩いたほうがメタボ対策にもなって、いいんじゃないの?
日本のあちこちってば、余計なところにお金、使いすぎ。
ベビーバギーや車椅子、歩行困難な方のためには、エレベータがすぐわきにあるんだし。

地震と航空救命活動

地震被害の、あまりのすさまじさに愕然とする。
テレビやネット画像に伝わってくる、こうした映像があるからこそ、
都内にいる我々にも、この地震の被害状況のひどさが、実感でき、
その後の対応につながるのだと思う。

けれど。
土曜日から救出活動が本格的になっている。
千葉県からも、北総ドクターヘリが、DMAT隊を組み、被災当日に現地に入っているし、
(救命センターのドクター&ナースは、DMATトレーニングも受けた、スペシャリストたちです!)
千葉市消防ヘリ「おおとり1号」も、隊員8名で、ホイスト救助活動のため、当日、現地入り。
(この間、千葉県の安全は、君津中央病院の君津ドクターヘリと、
千葉市消防ヘリ「おおとり2号」が、守ります!
おおとり2号は、市原市の石油コンビナート火災への対応のため、24時間体制でやっています!)


今回のように、津波で陸路がまったく使えない状況になると、ヘリの機動力が発揮される。
ただ、ヘリが飛び交うと、ヘリ同士の事故や、燃料調達などの問題も浮上。
以前、DMAT出動したドクターヘリのスタッフによると、
飛行中は常時、ドクターやナースも、360度、監視しながらの気を使う飛行になり、
また、燃料補給のため、報道ヘリといっしょに、順番待ちさせられることもあったとか。

事実を報道することの大切さは、わかる。
けれど、いまのこの段階で、最優先されるのは、人命のはずだ。
ヘリの爆音で、倒壊家屋から救助を求めるかすかな声が、かきけされたということは、
阪神大震災で、学んでいるはずだろう。

ドクターもナースも、夜間は病院内での活動をするし、
機長も整備士も、安全な飛行のために、飛行時間終了後は、夜を徹しての整備を行う。
体力と集中力の戦いの最前線にいる彼らが、十分に活動できるよう、
各報道機関には、配慮を求めたい。いや、
政府は「自粛を求める」なんて、生易しいことではなく、
ニュージーランドや、ドイツを見習い、飛行禁止区域を設定するべきだ。
高速道路をはじめとする道は、緊急車両のみの通行としているのに、なぜ、空はそれができない?
日本の、航空医療への認識の低さが垣間見えるとともに、いまこそ、学ぶべきだ。

国交省で読んでくれた方! 航空局に伝えてください! 異動したKさん! よろしくお願いします!

ドクターヘリ出動!

12日のお昼ごろ、成田空港ターミナルのなかで起きた事故。
点検中の作業員がエスカレータにはさまれ、救出困難!
日本医科大学千葉北総病院のドクターヘリが出動です!



出動要請の電話から、わずか3分で離陸です! この機動力はドクターヘリならでは!
*写真はこの日の出動のものではありません。


救出の様子は、フジテレビのニュースでも、報道されました。 →こちらをクリック!
フジテレビ、ここで一言「医師もドクターヘリで到着し……」って、入れてくれたらなあ。

黒いフライトスーツを着ているのが、フライトドクターです。
成田空港内にも、常駐の医者はいるけれど、こうした事故の患者に対応できるのは、
やはり救急医として訓練を受けている、救命救急センターのドクター&ナース。
千葉県はドクターヘリが二機飛んでいて、こうして救出作業中に、もし他の要請があっても、
君津中央病院のドクターヘリが対応可能です。すばらしい。

ちなみに、フライトスーツに見覚えのある方は……→
『フライトナース ハナ』シリーズは、北総病院のフライトスーツをぱくっています 参考にしています!

本日は朝から某所で取材。今日も、超充実。