安全運転講習会

本日は、東京安全協会主催の、講習会講師。
90分、安全運転についての話をさせていただきました。
私のワクは、昼休み直後だったので、眠くならないよう(?) 
ちょっと写真多め、ドクターヘリの紹介みっちりという部分から入らせていただきまして。
このところ、環境意識の高まりに、安全運転が忘れられている感じがするけれど、
こうして直接、安全運転を伝えられる機会をいただけ、光栄ですー。
ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!
ぜひ、正しいドラポジで、タダでできる事故対策を!

終了後は、ダッシュで移動して、国際交通安全学会の調査研究報告会と学会賞贈呈式。


衝撃の事実

今年から、ごいっしょさせていただいている、国際交通安全学会の、調査研究内部報告会。
まず、内内に発表してからの外部報告ってヤツです。



12時半~18時までと、長丁場。続いて総会。
このところ、昼食べ損ねたり、夜、食べられなかったりして、栄養失調気味だというのに、
トドメの昼抜きで、マジで抜け出して、コンビニにダッシュしようかと思いましたよ。


今日、知った衝撃の事実。
全国の教習所では、アクセルペダル>ブレーキペダルと踏み変えるとき、
「カカトを上げて、しっかり踏み分けること」 と、教えているんだとか。
ぎえー! マジですかー???
あまりの衝撃度に、ちょっと立ち直れそうにありません。
カカトつけないで、どうやって、ブレーキの踏力を調整しろっていうんでしょう???
アクセルとブレーキの踏み間違え事故は、ワタシ的には、カカトがついていないからだと思うんですけれど!
これ、根本的な研究が必要な気がします。
国際交通安全学会としては、ここ、ちゃんと調べましょうよ!

いろんな意味で、よろめきつつ帰宅。
こっそり、誕生日おめでとう、父。

息抜きラジオ

四日間、こもりました。
最初の二日は、構成を練るのに使ってしまい、書けたのは、後半二日。
主人公たちを、こんなに勝手にいじくってしまっていいんだろうかと、かなり不安になりつつも、
ま、いっかー。 ←結局、気にしていない。

こもる=会話なし。
いわゆる、ひっきーです。
よって、おこもり一時中断で向かったラジオ収録は、その反動が出まして、はじけましたー。
今週は、プレゼントもありますので、【ザ・モーターウィークリー】を、お聞きのがしなく! → こちらをクリック!

終了後は、東京駅そばにある、国際交通安全学会の研究会を聴講させていただきに。
超アタマのいい方の集団ゆえに、会話が見えなくなりつつも、なんとかひきずられてゴールにたどりついたような。
脳みその崩壊を、食い止めていただき、感謝しております、事務局長どの!
恩をアダで返して申し訳ない!=私信。



夜の東京駅周辺。夜の人混みはキライだけど、光り輝く静かな景色はかなり好き。

ところで、私が深海にもぐっているあいだ、4月からの高速道路料金が発表になり、
なぬ~? エコカーに割引? しかも、エコカー=ハイブリッド&電気自動車&ディーゼルというウワサ???
だから!
でかいハイブリッドカーと、コンパクトカー、どっちが燃費がいいと思っているのよ、国交省!
そういう、おばかちんな考え方、やめようって言ったじゃん!
環境にやさしいクルマの購買促進なら、材料にしろ、道路損壊率にしろ、
大きいクルマから小さいクルマにさせていった方が、いいんじゃなくって?
そうか。そう伝えたのは自動車交通局だった。道路局には言っていなかったか~。
っていうかさ、道路局。どういう「おとりまき」が、助言したのか知らないけれど、
こういう場合のエコカーの定義、間違っていると思いますよ、私。 ←こもっていたので、言いたい放題。

ラジオ、ふたたび

先生も走る、師走。
うちの(どこ?)先生たちは、まさに飛びまくっていますが(ドクターヘリでね)。

本日も暗いうちから、こっそり起き出して、おこもり部屋で原稿書き。
のち、ラジオの収録でスタジオへ。連ちゃんで通っておりまするー。
このところ、私のまわりでも風邪ひきさんがふえ、ちょっとびびっています。
私の場合、風邪はのどからくるため、ひくと一発で声が出なくなります。
っつーか、ここ数年(いや、十年くらい?)、ひいていないんで(つまり、バカ証明中)、
いまどうなっているかは不明なんですが、
しかし、週一でラジオのパーソナリティをさせていただいている以上、風邪をひくわけには……。



夕方近づく渋谷のスクランブル交差点。雑多な街ですが、でもなんか渋谷は好き。

夕方からは、国際交通安全学会で、交通事故の勉強会。
うーん、数字や表の発表って、むずかしくてわかりません!!!
でも、表現者として言わせてもらうと、みんながこんがらがっていた、カメラ1,2,3の表記は、
カメラAと、カメラB1、B2に分けたほうが、わかりやすいと思うんですが、どうでしょう?=私信。

ラウンドアバウト@飯田市

今年も残すところ、あと一ヶ月。
12月は原稿強化月間です!
にもかかわらず、スケジュール帳は取材がわらわらと書き込まれていて、
これで書けるんだろーか……ま、土日があるから、なんとかなるか=お気楽。

おこもりの本日。
ときおり見たのは、こちらのライブカメラの映像!こちらをクリック!
国際交通安全学会のプロジェクトで社会実験中の、長野県飯田市のラウンドアバウトです。

ライブカメラって、なんつーんでしょうね。
他人の生活を覗き見しているみたいな、ドキドキした気分になるのは、私だけ?

本実験は、既存のロータリーに対して、道路構造や交通運用には手を加えぬまま、
マーキングやポストコーン等を用いて道路幅員の縮小や線形変更を行うことで、
走行速度抑制や走行軌跡の安定を促すことを意図したものです。
また、看板の設置等による優先・非優先の徹底もねらいのひとつです。


なのだそうです。
欧州のラウンドアバウトは、歩行者用の横断歩道はあまり見かけず、ゆえに、
*なんかヘンだと思って、グーグルアースでパリの凱旋門を見てみたら、横断歩道ありました!
でも、一時停止ラインはないので、横断歩道直前で停止し、ラウンド内のクルマの動きとを一度にチェックできます。
クルマの一時停止は、ラウンドに沿った形になりますが、
ここは横断歩道に対応するため、かなり手前に一時停止ラインがあります。
……というか、一時停止ライン、手前すぎじゃね?
通過するクルマの動きを見ていても、もう少しラウンドアバウトの近くにあったほうが、
ドライバー心理や、見通しのよさを含めて、いいような気がするんですけれど。
まあ、そんなあたりも、社会実験結果として意見が上がればいいなと、
ライブカメラ・ウォッチャーは、東京の片隅でこっそりつぶやいたりするわけです。

予定より遅れているものの、それなりに進行中の原稿。
達成感と焦燥感が半分ずつの夜。

IATSSシンポ

本日は国際交通安全学会のシンポジウム。
テーマは「これからの交通安全」。
私も、「医工連携」と「数より質。子どもの安全を考えるべき」という話題で、
話をさせていただいてきました!



今年から学会員として参加させていただいています。
発言の機会をいただけ、光栄です!


ドクターヘリの取材を通じて見えてきたことは、
事故を起こした場所、時間、救急隊の質、ドクターの初期治療開始までの時間、病院の実力,
さらには患者の年齢や体力、既往症などによって、
致死率は変わってしまうということ。
それらを無視して、なんでもかんでも「死亡者数」だけで考えるのは、無理があるということです。

1)安全技術を正しく評価するため
2)今後の安全技術開発のため
3)受傷者を助ける最後の切り札のため

医工連携は、これからの交通安全を考えるためには、欠かせない取り組みなのです。
会場からいただいた質問に答えられなかったので、
ここで私の考えを記しておきます。
質問は「上記三つをするための方法と、効果と、課題はなにか」というもの。

1)2)の方法は、救命救急センターとの連携しての研究が必須でしょう。
ただし、救命救急センターのドクターは、ぎりぎりの状態で患者に向かい合っているため、
研究協力は物理的にむずかしく、ゆえに、研究者の派遣と投資が必要と考えます。
どのくらいの効果が得られるかは、どれだけ真摯に取り組めるのか、
本気でやれるのかにかかっていると思います。
カタチだけやって、やりました、というやり方では、いつまでたっても効果は出ないでしょう。
課題は、個人情報。
だれだって事故や自分の傷害について、周囲に知られるのは抵抗があるわけで、
そのあたりをどう解決していくか。
ちなみにすでに医工連携を始めているドイツ・フォルクスワーゲンの取り組みでは、
患者さんへインタビューしたあとは、精神的なケアをするための精神科医もチームにいるそうです。

3)の解決策のひとつは、ACN。日本ではヘルプネットが有名です。
事故発生と同時に、車両から自動的に通報するシステムを普及させること。
カーラーの救命曲線では、心臓停止から3分、呼吸停止から10分、大量出血は30分以上で、
救命率は半分以下に下がります。
ならば、その時間をいかに短縮させるかが、キモとなってきます。
また、ドイツではすでに研究が進められていますが、
衝撃で、乗員のどこがどのくらい傷ついているのか、を予測して通報できるようになれば、
ドクターの初期治療準備にも役立つはずなのです。

この件に関しては、双方の専門家の方々と、徹底的に議論をしてみたいと思っています。
ご興味のあるメーカーや関連機関の方、ご連絡、お待ち申し上げます!

国際交通安全学会

朝から取材をひとつ。いちどもどって仕切りなおしをしたあとは、国際交通安全学会(IATSS)の勉強会へ。



忙しい面々が集結ということで、夕食のお弁当をいただきながら。
おおっ、これは、イ○ハンの、すき焼き弁当!(*弁当目当てで参加しているのではありません!)


スペシャリストが集まっての調査研究。
私は今年入ったばかりで、右も左もわからないため、聴講というカタチで勉強させていただいています。
おおー、こういう見方が……おおー、こういう切り口が……。

終了後の雑談では、都市計画の先生と、経済学の先生と、子どもの安全についての意見ががっちり合致!
先生っ、そのとおりです! もう、握手したいくらいでしたよ。
高齢化社会ゆえ、高齢者対策は必要。
それを認識している政府にしろ、クルマの安全にしろ、どうしても高齢者対策に行きがち。
でも、それって結局、高齢者は伝えられるから。
もっと言っちゃうと、高齢者は選挙権を持っているから。
じゃ、子どもはどうなるの?
選挙権はないから放ったらかし。子どもが意見を言えないことをいいことに、見ないふりしていません?

「GDPを考えるなら、子どもにケガをさせている場合ではない。」
私、経済学者ってどうも胡散臭くて、抵抗があるけれど、この意見には激しく納得。
子どもにケガをさせれば、本人の生産力はもちろん、親だってかかりきりになって生産性はにぶる。
今後の日本を考えるなら、子ども問題、マジメに取り組まないと、やばいと思います。