自転車チャイルドシートのリコール

金曜から、二泊三日で某所に潜伏。
Yちゃん、Bくん、お世話になりましたー。ありがとう&また、よろしくですー。
潜伏先は、自転車天国。
こういう生活圏を見ていると、「母親+子どもx2の、三人乗りは危ないから禁止!」という人たちに、
ここで、そういう生活をしてから意見を言ってみろ! と、言いたくなりますなー。

交通事故の死亡者は、頭部外傷が一番多い。
ならば、歩行者も、乗員も、ヘルメット着用にするべし!
と、言っているのと、同じに聞こえるんですけれど。

禁止禁止と言う前に、やるべきことはあると思うんですが、どうでしょう。

そして、やっていただきたいことといえば、これ!
自転車用のチャイルドシートのリコールです。
子どもの足を巻き込んで、怪我をするケースが続発。
正しく使わないと、逆に怪我をするのは、クルマのチャイルドシートも同じです。
とはいえ、ミスユースを誘発するのも、問題ありってことで、ブリヂストンサイクルが、リコールやっています。

リコール案内はこちら。 →こちらをクリック!

こういう情報って、なかなか当事者に伝わりにくいもの。
ぜひ、まわりの方に伝えるのと同時に、ブログやツイッターで広めてください。同志のみなさん!
よろしくお願いします!

ISO-FIXチャイルドシートの可能性

午前中に所用をすませ、一度もどって原稿書き。
仕切りなおして出かけた先は、ブリヂストンの今年の体制発表と、
ゼロクラッシュ・ジャパンのシンポジウムです。



ゼロクラ・ジャパンは、ジャーナリストの面々が立ち上げたチーム。
交通事故ゼロを目指しての活動です。


トークセッションでは、発起人のひとり、清水和夫さんが、面白い発言を。
「ISO-FIXは、ユーザーに受け入れられていない」
そうです。そうなんです。
先日、見た審議会の資料に、なんか違和感があって、どうしたものかと思っていたけれど、
つまりは、そういうことなんですよ。 ←審議会メンバーのくせに、早く気づけ、自分!

ISO-FIXタイプのチャイルドシートは、ひとつの車種の専用になっているわけで。
それにより、いろんな弊害が起きて、まったくユーザー・フレンドリーじゃないのです。

1)ディーラーでしか買えない
クルマとのマッチングがあるので、赤○ゃん本舗や、オート○ックスなどでは売っていません。

2)そのディーラーが理解していない
以前、刺客を使って(Yさん、ありがとうございます!)調査したところ、
ISO-FIXの存在すら知らないわ、用意したと思ったら、使い方を理解せずに売ろうとするわで、
とんでもない状況が判明。
国産メーカーのかなり立派な都内ディーラーでしたが。むむむ……。

3)クルマ買い換えで使えなくなったり、ほかのクルマに載せかえたりができない
クルマ変えたら、CRSも買いなおしって、有り得なくないっすか?
でもって、地方都市にいけば、一家に2台以上は当たり前。
平日、ママのクルマに載せていたCRSを、週末はパパの大きなクルマに載せかえて外出、ってのは、
地方都市のノーマルな姿だと思うんですが、ISO-FIXだと、それができないんですね。
そりゃ、普及もしないでしょうよ。

以上の理由で、車内の子どもの安全対策の核に、
ISO-FIXをすえるのは、反対です! っていうか、それってまさに絵に描いた餅状態。
ご一考ください。委員長&事務局のみなさん!

そんなこんなを思いつつ、でも、今日の私は気もそぞろ。
なんたって今日は、愛しの姪の大学受験合格発表日。
携帯電話にぎりしめ、連絡を待ちつづけたわけでして。ああ、自分のときより心臓に悪い。
そして! 見事、合格ですー! 
目標を見つけて努力し、結果を出したわが姪を、まずは褒めてあげたいですー。おめでとう!
Kちゃん、あのときのちびっこが、春からは大学生だよ。早いね~=私信。

無料化実験

高速道路での、大型車の夜間無料化実験が始まるようである。
夜中、一般道をぶっとばす大型車を、高速道路にひきこめるのであれば、
いろんな意味で、有効な実験だと思う。
ETCを使って、もっとどんどん、やればいいのに。

ただ、むずかしいのは、社会実験が終わったとき。
「無料なんでしょ。安くしてよ」とクライアントに言われて引き下げた運賃を、
社会実験が終わりましたから、と、再度、もどせるものなんだろーか。
運送会社の経営が、逼迫することのないよう、祈るのみである。
だって、経営が逼迫したら、真っ先に削られそうなのは、安全への取り組みなんだもん。

そんな今日は、原稿書き。
吐きそうなくらい書いています。なぜ、書いても書いても終わらない……。

幼児パワーウィンドー事故

せっせ&せっせと原稿書き。
午後はラジオの収録です。
今日はコメンテータのI氏が福岡出張に行った際に、
じゃがりこの「地域限定! めんたいこ味」を差し入れてくれました。ぱちぱちぱち!



じゃがりこ、超好きですー。ポテチより、じゃがポックルや、じゃがびーなど、スティック状のタイプが好き~。
それはつまり……原稿書きながら食べられるから???


PCのとなりに、おしぼり常備(おてふき)ってのも、めずらしいのか……。
いや、PCヲ○クな方々は、お菓子を箸で(はし?)でつまみながら、作業するというウワサも……。

さて、帰宅してPCを開くと、
後部座席にいた一歳児が、パワーウィンドーに首をはさまれて、重態になるという事故が。
痛ましくてやりきれません。
なぜ、子どもだけが車内に取り残されていたのか。
なぜ、チャイルドシートに座らされていなかったのか。
なぜ、パワーウィンドーを触ってしまったのか。

少なくとも、パワーウィンドーのチャイルドロックをかけておけば、防げた事故。
もちろん、クルマにパワーウィンドーの挟み込み防止装置があれば、よかったのだろうけれど、
使う側も、防げるポイントはいくつもあったはず。
子どもといっしょにクルマで移動するときの危険性と、その対策をもっと告知していかないと、
保護者は気づかない。
この事故が単に「挟み込み防止装置」だけの問題にならないようにしないと、いけないと思います。

ラウンドアバウト@飯田市

今年も残すところ、あと一ヶ月。
12月は原稿強化月間です!
にもかかわらず、スケジュール帳は取材がわらわらと書き込まれていて、
これで書けるんだろーか……ま、土日があるから、なんとかなるか=お気楽。

おこもりの本日。
ときおり見たのは、こちらのライブカメラの映像!こちらをクリック!
国際交通安全学会のプロジェクトで社会実験中の、長野県飯田市のラウンドアバウトです。

ライブカメラって、なんつーんでしょうね。
他人の生活を覗き見しているみたいな、ドキドキした気分になるのは、私だけ?

本実験は、既存のロータリーに対して、道路構造や交通運用には手を加えぬまま、
マーキングやポストコーン等を用いて道路幅員の縮小や線形変更を行うことで、
走行速度抑制や走行軌跡の安定を促すことを意図したものです。
また、看板の設置等による優先・非優先の徹底もねらいのひとつです。


なのだそうです。
欧州のラウンドアバウトは、歩行者用の横断歩道はあまり見かけず、ゆえに、
*なんかヘンだと思って、グーグルアースでパリの凱旋門を見てみたら、横断歩道ありました!
でも、一時停止ラインはないので、横断歩道直前で停止し、ラウンド内のクルマの動きとを一度にチェックできます。
クルマの一時停止は、ラウンドに沿った形になりますが、
ここは横断歩道に対応するため、かなり手前に一時停止ラインがあります。
……というか、一時停止ライン、手前すぎじゃね?
通過するクルマの動きを見ていても、もう少しラウンドアバウトの近くにあったほうが、
ドライバー心理や、見通しのよさを含めて、いいような気がするんですけれど。
まあ、そんなあたりも、社会実験結果として意見が上がればいいなと、
ライブカメラ・ウォッチャーは、東京の片隅でこっそりつぶやいたりするわけです。

予定より遅れているものの、それなりに進行中の原稿。
達成感と焦燥感が半分ずつの夜。

向かい風前進中

朝、原稿。
昼はITSの勉強をさせていただきながらの、パワーランチ。
せっかくETCで交通流をコントロールでき、環境も安全にも寄与できるんだから、
高速道路の無料化はきちんと検討してから言っていただきたいような。
時は金なり。時間は貴重な財産なのだから、
「速く移動したい」という移動の権利は、守るべきだと思います。
それに、子どもたちは週末しか休みがないんだから、
その週末にいらん人まで参入して大渋滞を巻き起こす、
いまの1000円なんちゃらも、考え直していただきたい!
渋滞にはまり、クルマ嫌いになり、結局、これって将来のユーザー減らしているわけで。

午後は、都道府県知事連合の高齢者にやさしいクルマ会議。
大切なのは「会議としての成功」ではなく、「どういう交通社会が作れるか」だと思うんですけれど。
前者の方向に進んでいるような気がしてなりません。どうでしょう、事務局?

ダッシュで移動して、次の予定に。
今日も誠心誠意。やるべきことは、やった(はず!)。人事を尽くして天命を待つってことで。

期限

前の日にあけたペットボトルを翌日も飲んでいたら、
同業某氏に「そんなもん、飲んでるなよー」と、たしなめられたことがある。
いや、だって、飲めるし。そんなこと言っていたら、山なんか入れませんよー。

私はたぶん、消費期限について、かなりアバウトなのかも。
パンとか、ミルクとか、缶詰とか、ちょっとくらい切れていても、気にしないもん。
だって、某高級レストランの通販用真空パックを作っている人に聞いたら、
「消費期限の半分以下に設定しています」って言っていたもん。
そりゃそうだ。消費期限が切れたと同時に、時限爆弾のように、急にいたむわけじゃあるまいし。

今日、ネギを切っていて、負傷した。
バンドエ○ドを取り出したら、なんか粘着力が異常に強くて、貼るのに難儀した。
よくよく、見ると……。



8年以上前に切れている……。ま、いっか~。死ぬわけじゃなし。
多少の期限切れなど気にしていたらやっていけないのだ。


多少じゃないし(汗)。

ちなみに、チャイルドシートは6歳未満が義務付けられていますが、
6歳の誕生日になったと同時に、
子どもの骨とか筋肉とかが、もりもり育って、丈夫になるわけじゃありませんから。
身長135センチ以下なら、ジュニアシート使わないと、安全なんてありませんからー。