リーフくん

本日は、電気自動車リーフくんの試乗会です。
なぜに、リーフ「くん」?
なんか、そう呼びたくなっちゃうんですよね、「がんばれ、リーフくん!」 みたいな~。

みなとみらいの、日産本社を出発して、3時間の試乗タイム。
充電スポットが記載されている地図を手渡されたのですがー。
勝手知ったる横浜。3時間もあるんだしと、卒業した高校のそばを走っていたところ……。



偶然、コンビニに充電器を発見! リーフくん、充電中。



ICカードが必要なんですが、お店の人に聞いたら、すぐに貸してくれました。

お姉さんの説明によると、このコンビニでは、一年ほど前に充電器を設置だそうな。
「企業の方が、ときどき、充電にみえます」とのこと。むむ、日産? 三菱? それとも、東京電力とか??
しかし、コンビニでの時間つぶしって、ちょっとしにくい。
でも、駐車場に停めたクルマの中で、本が読める? 
寒くてもエアコン、かけていられるってのも、電気自動車のいいところ。
だって、排ガスもエンジン音もしないから、ご近所迷惑にならないんだもん。
そのぶん、充電しているはずなのに、あまり走行距離アップにつながらなかったような気がしないでもない……。

こうやって充電すると、ガソリンスタンドに行かなくなる。
ということは、みんなどこで、タイヤの空気を入れるの???
空気を入れるためだけに、ガソリンスタンドやディーラーに行くとは、思えない。
タイヤの空気圧警告装置って、電気自動車にはマストではないでしょーか。
リーフくんだって、アメリカ仕様はついているんだし、つけようよ、日本仕様も!
ESCが義務化されたって、タイヤがダメじゃ、効果も半減。
ESCの義務化なら、ぜひ、セットで空気圧警告装置も!

それにしても、飛行機が離陸するときみたいな加速は、とっても素敵。
これで300km、走れるようになってくれたらなあ。がんばれ、バッテリー、がんばれ、リーフくん!

知恵と工夫

本日は、クルマ取材。
ボルボのS60試乗会です。



S60。最近のボルボは顔立ちに色気が出てきて、すごくいい感じ。

ボルボは、衝突軽減のシティ・セーフティに加え、
今回、カメラなどを使って人を検知する、ヒューマン・セーフティを追加。
人と判断したら、ぎゅぎゅっとブレーキがかかります。
ブレーキの前に、思いっきり赤色ランプと音で警報が出るので、
それだけで、どきどきしちゃう感じ。ものすごく有効なシステム!

ついでに、シートベルトがやけに、装着しやすいなーと思ったら……。



バックルが、このように、角度を持った厚みがつけられていました。
これのおかげで、凹側にかけやすいのです。


一時期、声のでかいデブおやじに負けたニッ○ンが、やたら凹側のステイ部分をのばし、
痩せ型女性が危機的状況になるのでは? というシートベルトを量産していたけれど、
(その後、改善され、凹側ステイが縮んでいきました。現行モデルは、そんなことはありません)
そんな、短絡的なデブ対策ではなく、
こうしたボルボの、だれにでもやさしいバリアフリー設計こそ、技術者の腕の見せ所では?
がんばれ、日本の技術者!
ちなみに輸入車は、後席ヘッドレストも「使わないと座っていられない」設計が増えてきて、
これだよなあ、と思っています。

終了後は、別件取材へ。
途中、オアシスちゃんと、スイーツタイムがあるという、恵まれた取材環境……ありがたや~。
Sさん、ごちそうさまでした!

試乗会ラッシュ!

まだまだ続く、新車ラッシュ。
基本的にワタシ、コンパクトカーを仕事の軸足にしているので、
大きなクルマやSUVは、試乗会はパスして、時間に余裕のあるときに個別にお借りしているのですが~。
しかし。
ラジオのメンバーに新しく鬼プロデューサが加わり、
この怒涛の新車ラッシュに対応するプログラムを組んだため、
試乗会のタイミングでなんとか乗らないと、間に合わないというか。

こんな状態で、次の本の取材は大丈夫なのか?
というか、本は書けるのか???  まあ、なんとかなるか。 ←結局、危機感なし。



そんな今日は、こちらのクルマ。VWトゥアレグのハイブリッド!
課題だった燃費も、大幅に改善されました!


V6のハンドリングが、超快適。運転うまくない私でも、ソーイングなしでコーナーをクリアできます!

帰宅後、原稿書いています。

スズキの逆襲

朝、取材。その足で浦安へ行き、スズキ・ソリオとMRワゴンの試乗会へ。



ワゴンR、ぐぐっとデザインが若返りました。後部座席も、超広いです!

それにしても、ソリオの乗り心地のよさってば、どうしましょう? な、状態。
超ださださ(失礼!)の、おにーちゃんが、いきなり、カメ○シ君になって登場しちゃったような感じ?
この進化、安く安く作ろうとする、トヨタ&日産の真逆です。
ユーザー的には、スズキを応援したくなりますなー。
詳しくは、レスポンスにて!

終了後は、さらに東にクルマを走らせ、取材。
話だけ伺うつもりが、光栄なことに、おうちに呼んでいただき、
いっしょに夕食を囲ませていただきました~。取材者冥利につきます!
体育館コンセプトのおうち……かっくいー! うらやましー!
キッズがそろって見せてくれた、「どどすこすこすこ……」、かわいいです。
すっかり、ラブ注入されています! T先生、ありがとうございました!!

セレブはクルマ好き?

一年で一番寒いこの時期だというのに、外ロケ。
まあ、クルマの取材なので、あったりまえなんですが。
でも、今日は風もなく、おだやかな日で、ラッキー。
たぶんゲストさまの強運ぶりが、この天候を招いたかと思われ。



ゲストさま、写真、チェック中。ただでさえ、ポージングはばっちりなのに、
どう動けばいい写真になるのか、絵作りも、とても積極的に参加!


本日のゲストは、ひいおじいさま~おじいさま~おとうさま、と、超セレブ。
バラエティ番組~モード誌までご活躍、超イケメンの、あの方!
しかも、クルマが大好きで、クルマで行きたいところが……ええっ! そこなの!?
詳しくは、【Tarzan】にて!

クルマが大好きな男のコって、実はいっぱいいるような。
みんな、わざと隠している?
乗りたい気持ちと、乗れる環境を、うまく整えていければいいのに。

終了後は、やっとサロンへ!

甘口辛口

午前中に打ち合わせをひとつ。
午後は都内で行われているヴィッツの試乗会です。
配車担当K嬢のカンが当り、ものすごく効率よく試乗ができました。ありがとう、K嬢!



オトコ前になったヴィッツ。1L~1.3L~1.5LのRS。それぞれ、そうとうキャラが違います!

お勧めは1.3L。もちろんアイドリングストップつき。
このアイドリングストップって……詳しくは、レスポンスに書きます~。



ちなみに、後部座席にはこんなものが。
ヘッドレストをきちんとつかいましょう、という、啓蒙ぴらぴらです。


甘口に言えば、
よくやった、トヨタ! これでムチ打ちの患者さんが減るぞ!
辛口に言えば、
これ、間違い探しじゃあるまいし、なんのこっちゃ、わかりにくくね? っつーか、まず運転席でしょ。

終了後、トゥアレグの発表会。のち、懇親会。
今日はみっちり。へろっていたら、日本自動車ジャーナリスト協会の会長サマに送っていただきました!
ありがとうございます、K会長!

冬の撮影

つらい季節の到来です。
冬の撮影と、締め切り。どっちがいいといわれれば、迷わず「締め切り!」と答えるくらい、
寒い日+強風の撮影は苦手ですー。
ああ、耳がちぎれそう……。



唯一の癒しは、撮影対象車がイケてることと、そしてやっぱり、池面が被写体ってこと?
デジタルカメラなので、その場でチェック中です。


本日のゲストは、抜群のリズム感と声で、舞台の主役を務めるあの方!
静かなる闘志を内に秘め、世界にはばたいちゃってくださいー。
詳しくは、【Tarzan】にて!

車両返却のついでに、行きそびれていたセレナを、ひとり試乗会。
のち、日産の新春パーティへ。今年のクルマ業界は、いかに? 
私が深海でもごもごやっているうちに、海原の嵐は去っている……のか???