カラダのケア

朝からクルマを飛ばして、西へ東へとあわただしく過ごしたのち、
家にもどって原稿書き。
次にくる大波に備えて、細かいものを今のうちに、今のうちに……。

そんななか、モンブラン登頂後、すっかり遠ざかっていた「山遊び」に、
ちょこっと気持ちが動く今日この頃。
となれば、弱点である膝を本格的に治さねばなるまい?
主治医のI先生には「膝にきくストレッチを真面目にやんなさい」と、
再三、言われているんだけれど、
どうも原因と対応策がわかってしまうと治った気になっちゃって。
(どこかの省庁の、会議後の行動のようだ……って、どこ?)

そんななか、自分でなにもしなくても、勝手に治してくれるインソールを発見!

シダス社のコンフォマーブル。靴のなかに入れておくだけで、
あーしてこーしてこーなって……という理論でもって、膝の痛みが出にくくなります!

紹介してくれたのは、私の山の師匠であるTカメラマンと、そのアウトドア仲間でもあるT氏。
プロのアスリートも、使用しているんだそうな。えっ、あの人も?
むむっ、これはぜひともトライせねば!

実際に手にしてみると、ごついものではなく、予想外のライト感覚。
これを靴にしのばせるだけで、疲労軽減、痛み出にくく、
ついでに、外反母趾が治った人もいるらしい(=あくまでも、ご本人の感想です、
と、書いておかないと宣伝基準にひっかかるらしい。私のブログは広告じゃないけどさ)。
なにがいいって、日々のストレッチ、とか、毎日のトレーニングとか、
私の一番苦手な「日々精進」を必要としないこと。
「ながら治療」って、最高じゃありません~?

シダス社のサイトはこちらから。 →こちらをクリック!
次回の登山で、効果のほどを確認してきたいと思います!

サマータイムよりシエスタを。

日本全国、節電&節電。
でも、街灯まで消すのってどうよ?
そもそも夏の電力不足が深刻なのは昼間。
たしかに、電力不足が言われ始めた春先のピークは18時以降だから、
街灯を消そうってのも、わからんでもないけれど(でも、安全無視だから反対だけどね)、
季節は移っていまは初夏。
ピーク対応は午後~夕方の時間帯に移り変わったはずなのに、
なんも考えずに、そのまま放置して街灯消し続けているわけじゃないでしょうね、国交省道路局?

節電はわかるけれど、いま、求められるのは、全体的な節電よりも、ピークタイムをどうするか。
ピークタイムに需要が供給を上回ると、大規模停電になるから、それを避けなきゃなんだけど。
その観点でいくと、サマータイム導入は意味がないと思います。
だってみんな、「一時~四時~♪(でんこちゃんの歌でどうぞ)」は、働くわけで。
ピークタイム節電に貢献していないんだもの。

やるなら「シエスタ」でしょうね。
イタリアは午後の「一時~四時(五時)」は、店を閉めます。
オフィスもオフにするところが多いです。
理由は「暑いから」。暑くて、買い物どころじゃないしー。
イタリアはエアコン導入率が低いので、みんな倒れそうになるわけで。

ゆえに、イタリアの人は、ペルジアーナ(→これ)や、スクーロ(→これ)を閉めて、
直射日光をさえぎり(空気が乾燥しているので、日陰にするだけで違う)
じーっとしています(別にみんながみんな寝ているわけではなく、
本を読んだり、おしゃべりしたりしています)。
で、涼しくなった17時くらいから再始動。夜は20時くらいまで働く、というわけ。
こっちのほうが、だんぜん、電力不足対策に効果的じゃありません?
(まあ、冬もこの時間帯で稼動するイタリアの真意は不明ですが)。

ちなみに、自動車工業会が、「木金休み、土日出勤」を打ち出して、
自動車メーカーは、土日が稼働日に。
子どものいる家庭は大変だなー、とか、関係会社は大変だなー、とか、傍観していたら、
あれ? 編集部は木金稼働日だから、われわれフリーの休みは???
でもね。もともと土日をまともに休んだことないし。
逆に「土日もクルマの返却ができる!」と思えば、便利になったわけだし。
そもそも被災地の方々のことを思えば、
今年一年くらい多少の不便(私には便利にみえるけど)くらい、どってことないわけで。

本日は終日、原稿書き。

女子会+1

なにが好きって、粉物が大好き。
「たこ焼きするけど?」という、魅惑的な誘いにのっかり、出かけた先で女子会な週末。
と、思ったら、Mくん乱入。もちろん担当は、「焼き係り」です。

いまや大阪人でなくても、一家に一台、たこ焼き器? ふわふわ&とろとろで、いっくらでも食べられます!

私の知らない世界感にどっぷりはまり、会話のひとつひとつに、へー&ほーの連続。
そうか、いまの流行は、フリーマーケットと、シールノートなのか(謎)。
これは、いつか使えるかも(謎・謎)。

タイガーマスク

全国でタイガーマスクが出没中。
世の中、まだまだ捨てたもんじゃない。
どうかこれが一過性のものじゃなく、長くいろんなカタチで続くといいのにと思う。
だれかを思いやれるって、すごく素敵なことだし。

そんな私は、おこもり中。
ずっと買い物にも行けなくて、家での食事がだんだん、長期航海中みたいになってきた。
大丈夫か、私?

きらきらウェディング

仕事で某ホテルに行ったら、ロビーわきのウェディングスペースで、結婚式の真っ最中。
おおおー、すてきー。

100807

新婦はバージンロードをお父さまと歩き、新郎の待つ階段の上へ。待つあいだの新郎の表情が、なんともいえず、すてきでした。

このところ、おこもり状態だったり、気分転換が少なかったのだけれど、
久しぶりのハッピーオーラのマイナスイオンがうずまく状況。
こちらまで、シアワセな気分にさせていただきまして~。どこのどなたかは存じませんが、どうぞおしあわせに!

思わず見入ってしまい、集合時間にぎりぎりになったという……。
すいません、みなさん。
しかも、めずらしくカカトのある靴をはいたら、痛くて歩みが遅いという……なさけない。

夜は明日の仕事に備えて、北上です。

サラダうどん

朝から長期取材。
帰宅後、ばたばたとメールチェックやらなにやらをして、
夕方からふたたび、打ち合わせへ。

夜は友人M嬢と「さくめしいく?」=サクっと、ご飯食べていかない?
お酒が苦手な人種としては、「一杯いく?」の一杯は、ビールではなく、うどんだったりして。

100803

一見、サラダですが、下にうどんが埋まっています。これが、超おいしい!

ばたばたと帰宅。渋滞のない東京は、ものすごーく狭く感じます。

意気投合

原稿、原稿、ジム、原稿な週末。
来るべき7月の大波にそなえて、いまのうちにルーティンな仕事を終わらせようという魂胆でして。

脚本家の内館牧子さんは、NHKの朝の連続小説「ひらり」をお書きのとき、
どうしても食事を作る時間がとれなくて、「全部、炒めた」んだそうな。
わかる~!
やっぱり自分で作ったもののほうが、しょっぱさとか好きにできるし、
でも、ゆっくり作る時間はとれないし~。

100626

そんなときに、ロス帰りの編集Mくんが、シーズニング・スパイスをくれました(一番手前!)
こういうのが、一番、うれしかったりして~。

先日も、「おいしいよ~」と、ポン酢をいただいたり(これもすんごく美味しかったです!)、
少し前には、お塩をいただいたり。
凝った料理は作らないけれど、おいしいものを食べたい私には、身にしみて嬉しいです!

ぼよぼよデスクに向かいながら、なぜか某センセイとチェーンメール。
先週といい、今週といい、ひとり、またひとりと、同士を見つけちゃった気がして(勝手にすいません)、
私も、やる気まんまんです。