「極道めし」

ぎりぎりまでPCに向かい、のち、
「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」からのお付き合いである、
前田哲監督の最新作、9月23日(金)公開の「極道めし」の試写会へ!

試写会の案内に「涙用と、よだれ用の2枚のハンカチ持参」とあったけれど、
まさに! という感じでした。のっけからあやうく泣きそうでしたよ。

正直に言います。めっちゃ面白いです!
おいしいご飯と人情の組み合わせは、強力です!
私の大好きな、田中要次さんも出ていたしー。
(てっちゃん作品には、ほとんど出ているくせに、
私の原作モノだけは、なぜか登場せず……なんで? どうしてなのー??)
ヒロインの木村文乃ちゃん(docomoのCMで桑田さんと出ているコ)、
大ブレーク間違いなしかと。

なにより、勝村政信さん、やっぱりうまいです。

見終わったあと、
ご飯を作ってくれる人
食材を生産してくれる人、
いっしょに食べてくれる人、
そしてご飯そのものに、ものすごーく感謝したくなりました。
これからの一食、一食を大切にしたいと思います。

「極道めし」、ハンカチ2枚持って、ぜひ! 詳しくはこちらから。 →クリック!

脚本家の力量

やるべきこと、だけやっていると、脳は進化しないんだそうな。
やりたいこと、を、やってこその進化。ならば! いまこそ、いざ、「海猿」へ!

ええ、ええ。見ていますとも。全部。
今回は3Dですよ。しかも、ダイスケくんに「さよなら」なんて、つぶやかれちゃったら、
レスキューマニアなワタクシ、見届けなければでしょ!

シネコンの入り口にあった、キャンディーボックス!
おおっ!大好物のドライトマトが! もちろん、オトナの大量買いです!

主人公が殉職するのは有り得ないと思いつつ、
でも、海猿っていつも見るたびに、めっちゃ苦しい……自分は陸の上にいるのにねえ。
いやー、今回も「オトコの世界」、堪能させていただきました。
ダイスケくんを救出にいくときの、潜水士のみなさんの目力がすてき~。
ミシマくんを久しぶりに見て、おおーと感慨深かったのは、私だけではないはず!

いやー、堪能させていただきました。
福田靖さんの脚本って、やっぱりいいですなあ。
「救命病棟24時」も、全シリーズ見たけれど、福田作品がずば抜けてよかったですしー。

ああ、レスキューの取材、したい。
でも、惚れそうで怖い←バカ。

3D

いまや話題は3D。これは見ておかなくてはと、「ヒックとドラゴン」を見に、映画館へ、ゴー!

映画館の向かいにあった、これは……ウェディングスペース? 超きれいです。
アメリカ西海岸にでも、きたみたい。ああ、国外逃亡したいーっ!

ふだん、メガネをしないので、3Dを見るためのメガネガラスのひずみが気になってしまい、
最初は、うーむ……な感じでしたが、
ストーリーが動き出してしまったら、あら~、トゥースかわいいー!で、はまりました。
もう少し、トゥースがこっちに出てきてくれたら、3Dらしくていいのに。
=単に、トゥースが気に入って、物足りなかっただけ?

帰りしな、本屋さんに寄ったら、青い鳥文庫のフェア、真っ最中。
拙書も、すごくいい位置に並べていただいていて、嬉しいやら恥ずかしいやら~。
みなさん、ありがとうございます!

のだめちゃん

行動派の私。有言実行で向かった先は、映画館。
姪との約束を果たすべく、「のだめカンタービレ 最終章」です。

前編同様、うまいなーって思いました。
脚本も、演出も、カメラも、音楽も。
のだめちゃんの衣装も、カタチは全部おなじ(?)なのに、色がどんどん変っていって、
なーるほどねーな、感じ。映画って、そういう小技の組み合わせでどんどん深くなるんだなーと。

児童書を書いていると、よく、担当ももちゃんに
「ここで気持ちが切れるんです。この一行は、いりません」と言われます。
書かないとわからない。
でも、書きすぎてもまどろっこしい。
ものすごくびみょーなわけですが、でも、そのあたりがストーリーものの、面白いとこなんですねー。

日々、勉強でございます。

『いつかきっと』

いつかきっと。
そう願っていれば、きっと必ずかなうもの。
そんな思いをこめた、小栗旬さん初監督の映画 『Surely Someday(いつかきっと)』の試写へ。

100506

そうそうたるキャストで、ええっ? その役に、その人使っちゃうの? と、会場、驚きの渦。
さすが小栗監督。メディア試写は超満員で、入場制限がはいるほどでした。早めに行ってよかった……。

いつかきっと。
願い続けることは大切だけれど、
そう言っているだけでは、なにも変わらないんだよ。

そんなことも感じさせてくれます。
やはり、行動あるのみ。自分が動かないと、まわりはなにも変わらないわけで!

NASVAの衝突アセスメントのブログについて、
某メーカー技術者の方からご連絡をいただき、メールで意見交換させていただきました。
貴重な機会をいただき、ありがとうございます。
今後とも、よろしくお願いします!

猿ロック

昨日、二月の時間のなさを確認したというのに、月のまんなかにもいっていないのに、すでに危険水域。
遅れに遅れている原稿を、早起きして書いている状態。

ラジオの収録に行き=今週放送は、めちゃ面白いです! お聞きののがしなく! 
打ち合わせをひとつして、
TBSのイブニングニュースの電話取材にこたえ、
(どうも、リコール隠しの一件から、
リコール=悪=欠陥=ひとでなし、みたいな印象を、メディアも持って大騒ぎしているような感あり)

次に向かった先は、『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』を監督された前田哲さんに招待状をいただき、
前田監督の最新作『猿ロック』の試写会です。

100208

2月27日(土)から、全国一斉ロードショー。
人間関係に疲れちゃったな、という人に、ぜひ、見ていただきたいですー。

主人公のバカさ加減に、ものすごくほっとします。
いまの生活って、ちょっとしたことでも損とか得とかを考えるクセがついているけれど、
そんなことしている人生が、ちょっとなさけなく思えます。
人を信じきる強さとやさしさ。そして潔さ。
自分にないものがいっぱい出てきて、ココロ洗われる思い。

そして帰宅して現実を見つめて……原稿書き。