「青い鳥文庫ができるまで」(講談社)2012年7月



表紙イラスト 藤田香さん

いま、私たちはいろんな媒体を通じて、文章を読むことができます。
電子媒体であるブログやホームページは、文字を打ち込んだらすぐにアップできるし、
紙の新聞だって、翌日にはできあがっている。
月刊誌も、早ければ原稿を書いて一週間、遅くとも一ヶ月以内には、
完成した状態で書店に並びます。

ところが、「本」の締め切りは、出版予定日の4~5ヶ月前。
(出版社や本によって違いはありますが、青い鳥文庫はこのくらいなんです)。
4ヶ月? それってずいぶん早いと思いませんか?

でも、その4ヶ月間のあいだ、いい本にするために、
それはそれは多くの人たちの、プロフェッショナルな作業があるんです。
今回は、実際に出版される本の流れを4ヶ月かけて追いかけて、
そのすべてを(!)取材させてもらいました。
あまりに深い世界まで入り込んだので、講談社の企業秘密の雨嵐。
ただ、取材者には守秘義務(得た情報を目的以外に使用しない)があるので、
これはぜんぶ墓場まで、いえ、墓に入るつもりはないので、
天国まで(地獄ではなく、天国に行くつもりでいます)持って行きます!

ストーリー仕立てですが、ノンフィクションです。
書いたことは、99%が真実で、残りの1%、まるまる本当のことを書いてしまうと、
各方面にご迷惑がかかりそうな部分をフィクションにしました。
ゆえに、登場する人物名や、書籍名などは、実際にはない名前になっています。

この本を取材し、原稿を書き上げて思ったことは、
一冊の本には、なんてたくさんの人の、本に対する愛情が注がれているのかということ。
こんなに多くの人のプロの仕事と、真剣な思いがこめられているとなると、
身の引き締まる思いでいっぱいです。

そして、書店さんの取材をさせていただいて衝撃だったのは、
一日のうちに、なんてたくさんの、本当に次から次へと新刊が出されているのかということ。
うむむー。これは本当に、全力投球しないと、
(いままでしていなかったということでは、決してありません!)
勝ち抜けないと、心の底から思いました。

岩貞るみこ、新たなる決意とともに、「本」が大好きな人たちが、
「本」にそそぎつづける愛情ストーリーをお届けします!

デザインのちから

「救命救急フライトドクター」のデザインをしてくださった、
マルプ・デザインさんを表敬訪問!

マルプさんのオフィスの入り口。都会の一角に現れたオアシス。
デザインセンスのある人の生活って、別世界を生きているくらい素敵。

平面的に「字」がずらーっと並ぶだけの原稿を、
立体的、かつ、色鮮やかに「手に取れるもの」にするのは、
デザイナーさんの力によるもの。
こんなとこにも? えっ、そこも? ってなくらいに、
一冊の本のなかには、デザイン・パワーが炸裂しています!

本日も収穫多し。人生、まだまだ勉強です。

表紙デザイン!

人生、タイミングだと思う。
自分で運をひきよせることも大事だし、「ここぞ!」というときに、攻められる自分でいたいとも思う。
そんなことを考えながら、昨日の午前中、編集部に打ち合わせに行ったら、
担当ももちゃんが「なんてタイミングがいいんでしょう!」

その手には、おおーっ! 
到着したばかりだという、「救命救急フライトドクター」の表紙案が!

田丸瑞穂さんが撮影してくれた、超かっこいい写真を、
デザイナーの清水良洋さんが、これまたすばらしいデザインにしてくれました!

「どれがいいですか?」って聞かれても、いやー、ぜんぶいいです! 決められません~。
さて、7月7日の発売日には、どれが店頭に並ぶのでしょう? 見てのお楽しみです!
田丸さん、清水さん、そしてモデルをしてくださったT先生、ありがとうございます!

そして本日から、出張です。

サクラサク

ふと見上げたら、桜の花がほころびかけていました。
地震がきても、原発が危機的状況になっていても、おなじように春はくるのでした。

サクラサク。
別れの季節は、出会いの季節でもあるわけで。
今日は、打ち合わせ。新しい出会いがはじまります!

次の出会いのために、ノートを大量購入。お気に入りは無印良品のA5版サイズです。

イルカのフジの取材を、勢いで始めることになって、水族館のそばにあるファミマで入手して以来、使っています。
もしもファミマに別のノートが置かれていたら……別のノートシリーズを使っていたかも?

というか……次の取材を目指す前に、
フライトナースのハナちゃん3巻目を、そろそろ仕上げなくっちゃなのでは???

フライト2 出動!

さてさて、本ページの右側にも、アップさせていただきましたが、
『フライトナース ハナ フライト2 -わたしは空飛ぶ人魚姫?-』
無事に、上空へと舞い上がり、出動いたしました! わーい!

にしけいこ先生のハナちゃんは、ほんとにキュートです!  中の挿絵も見ごたえ十分!

青い鳥文庫の、今月の新刊にも、アップしていただきました!  →こちらをクリック!
青い鳥文庫の、フライトナース ハナのスペシャルページも更新しました!  →こちらをクリック!
そして、私のBOOKSのページにも、あとがきのあとがきを、書きましたので、
お読みいただければ嬉しいです!  →こちらをクリック!

そして本日は、原稿、書いています。
外は寒いらしい……そんなことも、わからんちんな状態。人間として、どうよ?

おこもり部屋の飴とムチ

土曜&日曜の二日間は、おこもり部屋にこもりました。
ほんとは、締め切りは年明けで十分なのだけれど、
どうしても、年末~春先までにやりたいことがあって、ゆえに、自分にプッシュかけています!

おこもり部屋です。ネット環境をふくめ、なんにもないので、PCという名のワープロに向かうしかありませんー。

でも、おこもり部屋には、お菓子がいっぱい。
こもるあいだは、飲み食い自由としているので、ふふふ~、好きなものに囲まれて、シアワセですー。
板チョコの箱買い……いやーん、オトナだわ~(←壊れかけ)。

今回は、取材がばっちりできたおかげで、筆の進みの速いことといったら。
予定より2日早く、スケッチを終え、自分のなかでの第一段階、終了です。ばんざーい!

そんななか、担当ももちゃんより、嬉しいニュースが!
「平成23年以降の光村図書の国語の教科書(4年上巻)の図書紹介に、
『しっぽをなくしたイルカ』がのるそうです!」

おおーっ!
いままで『もういちど宙(そら)へ』が図書館指定図書に選ばれたり、
なかの一文を、参考書や受験問題(!)に使っていただいたりはあったのですが、
国語の教科書に紹介って、紹介って……うるうるー。
「日本語で文章を書きたい」と思って帰国を決意し、イタリアから帰ってきて10年めに書きあげた本が、
次世代の日本語教育をになう教科書に紹介していただけるとは……感激です!

フライト2!

この二日間、隔離部屋にて、強制おこもり。
隔離部屋には、周囲に「ふとん」(ふとん?)くらいしかなくて、
集中せざるを得ない環境でありまして。
(在宅でもメールのチェックはもとより、電話も基本、出ません~あしからず!)

アタマがもよもよしてきたところに、新刊の見本誌、到着です!
『フライトナース ハナ フライト2 -わたしは空飛ぶ人魚姫?-』
12月11日ころ、書店さんに並ぶ予定です!

おおおー。 感慨深いですー。
表紙&挿絵を描いてくださるのは、マンガ大賞でも有名な、にしけいこ先生! ありがとうございます!

今回も、日本医科大学千葉北総病院、救命救急センターのドクター&ナース、
そして、ドクターヘリ運航クルーのみなみなさまに、お世話になり、無事に出版できました。
ありがとうございます!
編集、校正、プロモ……ほか、講談社青い鳥文庫の関係者のみなみなさまにも、大感謝ですー。

この感激を胸に、フライト3、執筆中。
だいぶスケッチができた……ように思うのは、気のせいか、脳のもよもよのためなのか?