人生の無駄

人生は短いと思う。
だから無駄な時間はすごくもったいないと思う。
人によって「無駄」の定義は違うけれど、せっかちなアタシの場合は、
物を探す時間と、迷う時間。

モノをなくして、「あれどこだっけ!」って時間は、すごく無駄だと思う。
そして、どっちにしようかと迷うことも。
迷う=どちらもそれなりにいい、ということは、
結局、どっちを選んでもそこそこ満足できる、というのがアタシの結論なのだ。

ちなみに、いままで渋滞は、無駄な時間には入れてこなかった。
渋滞をさけられる仕事じゃないから、有効活用すべく思考回路が動いていたのかも。

だけど。
東北自動車道の被災者無料化で、料金所の大渋滞って、なんだそれ?
ついでに、被災証明書をもらうにも長蛇の列って、そんなことやったら当然じゃん。
この大切な時期の大切な時間を、こんなに多くの人たちのそれを、
こんなに無駄にして、なにやっているんだか、国交省&東日本高速道路。
その人たちの待ち時間を活動時間にして換算したら、
ぜんぶ無料で通したほうが、経済的にいいんじゃなくて?
ついでに、料金所の人の人件費とか、被災証明書発行の書類や人件費や、
そういうのって考えているのかしらん。

少なくとも「観光地に来てくれるだけで、ありがたい支援です!」と言っている、
東北地方の観光地の人たちにしてみれば、
一般のクルマだって、がんがん通してくれたほうが、いいだろうに。

財源確保もわかるよ。
でも、それが、いま、この東北の被災地につながっているこの道で必要なのか?
せめて一ヶ月だけでも無料にして、人や物資をスムーズに移動させるほうが、
アタシはいいと思います。

本日は、ラジオの収録でインターFMのスタジオへ。
帰宅後、たまりにたまった原稿書き。

地震と航空救命活動

地震被害の、あまりのすさまじさに愕然とする。
テレビやネット画像に伝わってくる、こうした映像があるからこそ、
都内にいる我々にも、この地震の被害状況のひどさが、実感でき、
その後の対応につながるのだと思う。

けれど。
土曜日から救出活動が本格的になっている。
千葉県からも、北総ドクターヘリが、DMAT隊を組み、被災当日に現地に入っているし、
(救命センターのドクター&ナースは、DMATトレーニングも受けた、スペシャリストたちです!)
千葉市消防ヘリ「おおとり1号」も、隊員8名で、ホイスト救助活動のため、当日、現地入り。
(この間、千葉県の安全は、君津中央病院の君津ドクターヘリと、
千葉市消防ヘリ「おおとり2号」が、守ります!
おおとり2号は、市原市の石油コンビナート火災への対応のため、24時間体制でやっています!)

今回のように、津波で陸路がまったく使えない状況になると、ヘリの機動力が発揮される。
ただ、ヘリが飛び交うと、ヘリ同士の事故や、燃料調達などの問題も浮上。
以前、DMAT出動したドクターヘリのスタッフによると、
飛行中は常時、ドクターやナースも、360度、監視しながらの気を使う飛行になり、
また、燃料補給のため、報道ヘリといっしょに、順番待ちさせられることもあったとか。

事実を報道することの大切さは、わかる。
けれど、いまのこの段階で、最優先されるのは、人命のはずだ。
ヘリの爆音で、倒壊家屋から救助を求めるかすかな声が、かきけされたということは、
阪神大震災で、学んでいるはずだろう。

ドクターもナースも、夜間は病院内での活動をするし、
機長も整備士も、安全な飛行のために、飛行時間終了後は、夜を徹しての整備を行う。
体力と集中力の戦いの最前線にいる彼らが、十分に活動できるよう、
各報道機関には、配慮を求めたい。いや、
政府は「自粛を求める」なんて、生易しいことではなく、
ニュージーランドや、ドイツを見習い、飛行禁止区域を設定するべきだ。
高速道路をはじめとする道は、緊急車両のみの通行としているのに、なぜ、空はそれができない?
日本の、航空医療への認識の低さが垣間見えるとともに、いまこそ、学ぶべきだ。

国交省で読んでくれた方! 航空局に伝えてください! 異動したKさん! よろしくお願いします!

マイレージ・ポイント

今日は朝から原稿です。
息抜きに、精算をするべく、ETCマイレージサービスのサイトを開いたら。
なぬ!
4月1日から、一般有料道路のマイレージポイントが、半分になるとな?

高速道路は、いままでどおり、50円につき、1ポイント。
一般有料道路も、そうだったけれど、4月1日以降は、100円につき、1ポイントにー!
ちなみに、一般有料道路とは、
第三京浜、横浜新道、横浜横須賀道路、東富士五湖有料道路、小田原厚木道路、西湘南バイパス……って、
あの、私、ヘビーユーザーなんですけれど?

ハイカを終了したとき「ETCカードのマイレージも、同様の割引ですから」って、言わなかったっけ、国交省?
(だけどほんとは、ポイント有効期限があるから、人によってはぜんぜん、同様の割引じゃないんだけれど)

敢えて国交省、と書くのは、私が当時、暴れたときに、なだめてくれたのが国交省道路局の担当官だったからで。

まあね。
首都高だって「なんで、マイレージのポイントがつかないんですか?」とたずねたら、
「全員に割引恩恵があるように、割引しています」って、当時の役員が、面と向かって答えてくれたのに、
その後、「社会実験」とやらは終了して、いつの間にか、700円、とられているし。
ぜんぜん、全員に恩恵なんて、ないじゃん。うそつきー。

高速道路無料化は、どうしたんだ、民主党! これじゃ、実質、値上げじゃんかー。
続けろ、首都高速の社会実験!
もとにもどせ、マイレージ・ポイント!

私、基本的に、高速道路無料化は、無理だと思っていますし反対です。
でも、言うこととやることが違うってのは、やっぱりどうよ、と思うわけです。
そんなことを考えていたら、むかついて、原稿がはかどらない=自業自得。

サザエさん

朝から原稿書き。
夕方、今週の撮影車両をピックアップしに。
さあてと。高速道路に乗るから、ETCカードをセットして……と? あれ?
がーん! お財布、忘れたしーっ??? サザエさんか、私は?

こんなこともあろうかと、免許証ケースに1000円札を一枚、しのばせてあるので、
なんとか、高速には乗れましたが……しかし。
左ハンドルのMTなときに、ETCカード、忘れなくったって……ETCのありがたさを再認識。
でも、首都高速で窓をあけたら、料金所のお兄さんが、「安全運転でね」って、声をかけてくれました。
なつかしいこのやりとり。
不夜城な編集部、徹夜明けで早朝帰宅していた20代のころ、
おじさんが「早いね! 気をつけてね!」って、よく声をかけてくれましたっけ。
ほんとは、「遅いね」なんですけど、うれしかったもんです。
ETCになって、それがなくなったのが、さみしいと思っているのは、私だけではないでしょーに。

イタリアの友人から、またまた届いた、BAIOCCHI!
スーパー「PAM」のレジ袋が懐かしいですー。

聖なる夜に

キリスト教徒の数と、この日を祝う人の数が、こんなに比例しないのは、
おそらく世界で日本だけだと思います。
イタリアにいるとき、ミーナおばさんに「クリスマス・イブだよ!」とウキウキ顔で言ったら、
「なにはしゃいでんのよ。クリスマスは明日じゃないのよ」と、
ぴしゃっと、たしなめられたしー。
ですよねえ。誕生日の前日に、こんなにうかれぽんちなのは、日本人だけだと思います。

無宗教な私は、本日も淡々とおこもりなわけですが、
でも、うかれぽんちがキライじゃないので、仲良しHちゃんとこのキッズに、プレゼントを贈ってみたりして。
そしたら、Hちゃんからもプレゼントが届きました。それはなんと!

カナダのクリスマス風景を切り取った、写真集!

実はこの夏から、カナダに行きたくて行きたくて、しかたがなくて、
でもいまの仕事の状況から国外逃亡は無理だし、だれにも言わないままだったのに、
Hちゃん、私がカナダ・ラブなこと、なんでわかるの???
友達ってほんと、すごいです!

高速道路料金では、民主党が迷走中。
無料化って言っちゃったもんだから、なにがなんでも、なんとか自民党とは違うことをやるっていう、意地しか感じられないような。
これでまた、料金をもとにもどしますって言われても、
運送業者はいちど下げた料金を、もとにもどすことはできないんだけど、わかって2000円って決めてんのかな。
運送業者のためといいつつ、一貫性のない政策は、国民の首を絞めるだけなんだけど。

雨の高速道路

午前中にばたばたと仕事をして、午後は移動。高速道路を、西へ向かいました。
途中、とんでもない豪雨。もちろん速度規制。
夕方になりかけの空は、厚い雲に覆われて、あたりはうすぐらくなっています。

なのに!

おーい、ヘッドライトくらい、つけようよ~。

100709

テールランプなし。ボディカラーは黒。はっきり言って、見えないです。
強制停車させて、死にてーのか! (あら、お下品、おほほほ) と、言ってあげたいような。

欧州では、高速道路は常時、ライトオン。
これで事故率がどのくらいになったかは不明ながら、
日常的に高速を使っている経験からは、ライトオンが有効のような気がします。

それにしても、高機能舗装と、そうでない舗装の、水しぶきの上がり方&ハイドロの出方の、
なんと違うことか~。高機能じゃない舗装は、
時速80キロ+タイヤ新品+2トンを越えるジャガーXJでハイドロですもん、やばいでしょ。

救えると知りながら、救わないのは犯罪だ(でしたっけ? by「救命病棟24時、パート4」)。
なんか、それに近い感覚でした。
ご一考ください、高速道路会社のみなさん!