会議室と現場の温度差

国土交通省交通政策審議会陸上交通分科会自動車交通部会技術安全ワーキンググループの会議。
ふう、長い。

この部会が提出する、
「交通事故のない社会を目指した今後の車両安全対策のあり方について」(長い)の素案が配られ、
前回の「車内の子どもの安全」についての発言が、
ほんの一行も反映されていないことに、ぶっ飛んだ。

これが前回、3月のときの霞ヶ関。いまは新緑になっています。霞ヶ関のあたりを歩くのはかなり好き。

今日はおとなしくしていようと思ったのに、結局、ほぼ同じ内容を繰り返すことに。
なんで反映されないかなー。っつーか、なんでこの問題をスルーできるのかわからない。
K座長が「では、そのための案は?」って聞いてきたけれど、
それも前回、言いましたよね? 手元に議事録ありますけれど~。

子どもが怪我をする=チャイルドシートが正しく装着されていない=装着しやすいISO-FIXの普及を。

って、素案にあるけれど、そんなにうまくいかないから、今の現状があるんじゃなくって?
チャイルドシートが正しく使われないのは、使いにくいせいもあるけれど、それ以上に、
「なぜ装着しなければならないのか」が、正しくユーザーに伝わっていないから。
体の小さな6歳はしなくてよくて、大柄な5歳は義務あり、ってどういうこと? じゃ、なんのためにするの?
ユーザーには、まったくもって理解できない。
6歳の根拠を、バカな私にも理解できるように説明していただきたいものだ。

最初の10年は、チャイルドシートという装置を認知させ、普及させるのに費やしたとして、
これからの10年は、これを活かし、本当の交通安全への道具として使いこなしていく必要がある。
そのためには、
「6歳未満」となっている(ワケのわからない)ルールを、「身長140センチ以下」と変え、
現在、まったく安全性の確保できていない140センチ以下の乗員の安全を、
確保するための装置なのだと認識させ、
ジュニアシートも含めて、使っていかなければならないと思うんですけれど。

K座長は、「5年後の目標には、間に合わないことがいろいろある」と言っていたけれど、
べつに、技術的な何かを入れるわけじゃなし、
道交法や自工会の周知徹底活動なんて、その気になれば(←ここがポイント)、
すぐに、しかもユーザー負担金ゼロでできる、安全対策だと思います。

ついでに。高齢歩行者に対する、ヘッドライトの点灯って、どうなったんでしょう。
これも、技術的な変更も少なくて、ユーザー負担も超少ないし、すぐにできると思うのですが、
世界に先駆けて高齢化社会を突っ走る日本ならではの歩行者事故問題、
日本が研究しないで、どこがやるんでしょうね?

Tarzan presents!

被災地のみなさんのエコノミークラス症候群が、問題になってきている。
ならば!
それは【Tarzan】の出番でしょう! ということで、
若手編集者くんが発案して、狭いスペースでも簡単にできるエクササイズをつくりました!

ぜひ、こちらをチェックしてください!  →こちらをクリック!

監修は、私もお世話になったことのある、パーソナルトレーナーの斉藤邦秀さん。
沖縄美ら海水族館のトレーナーが、イルカの背に乗るためのトレーニング方法も、
個人的にご相談させていただいたことがありますー。

リンクフリー、ダウンロードフリーですので、ぜひ、ご活用ください!

本日は終日、原稿書き。

交通政策審議会

交通政策審議会で、霞ヶ関へ。

老朽化が進む国交省の建物とは違い、
数年前にできたばかりの合同庁舎7号館は、ぴかぴかです!

原稿終わらず、お昼を食べ損ねたので、序盤、空腹でおなかに力が入らず、倒れるかと……(←ばか)。
でも今日は、救命救急の第一人者であるM先生がいらしたので、
もし倒れても、大丈夫だったかも~(←M先生の貴重な時間を無駄にしようという、大ばかもの)。

おとといのシンポでも申し上げたんですが、
自工会で発表された、今&今後の安全技術の方向性と、
私が救命救急センターで目の当たりにした現実とのあいだに、ずれがあるというか、違和感があるというか。
今日の審議会では、そのずれを埋めるべく、どんな対策をとっていくべきかが、
議論されつつあるという、たしかな手ごたえありです。

死者数を2500人にする! という目標からいえば、
高齢者にスポットをあてた対策が有効なんでしょうけれど、
ぜったいに、忘れてならないのは、声を発することのできない「こどもたち」。
次回の会議では、各論に入るということですから、しっかり勉強して臨みたいと思います!

終了後は編集部へ直行。
空腹かかえて、よろめきながら帰宅、原稿のつづき。

向かい風前進中

朝、原稿。
昼はITSの勉強をさせていただきながらの、パワーランチ。
せっかくETCで交通流をコントロールでき、環境も安全にも寄与できるんだから、
高速道路の無料化はきちんと検討してから言っていただきたいような。
時は金なり。時間は貴重な財産なのだから、
「速く移動したい」という移動の権利は、守るべきだと思います。
それに、子どもたちは週末しか休みがないんだから、
その週末にいらん人まで参入して大渋滞を巻き起こす、
いまの1000円なんちゃらも、考え直していただきたい!
渋滞にはまり、クルマ嫌いになり、結局、これって将来のユーザー減らしているわけで。

午後は、都道府県知事連合の高齢者にやさしいクルマ会議。
大切なのは「会議としての成功」ではなく、「どういう交通社会が作れるか」だと思うんですけれど。
前者の方向に進んでいるような気がしてなりません。どうでしょう、事務局?

ダッシュで移動して、次の予定に。
今日も誠心誠意。やるべきことは、やった(はず!)。人事を尽くして天命を待つってことで。

睡眠時無呼吸症候群

金曜日、国際交通安全学会で、
愛媛大学大学院で、健康医学がご専門の、谷川武先生にお会いしました。
私が講演のなかで、
「高血圧などにより、意識障害が起きて事故を起こすケースが非常に多い(獨協医科大学の一杉先生のデータより)」と述べたところ、

「睡眠時無呼吸症候群も、切実な問題なんですよ」と、お声掛けいただいたのでした。

高血圧ならある程度、自分で知ることはできるけれど、
睡眠時無呼吸症候群は、なんたって眠っちゃっているんだから、知ることができない。
でも、睡眠不足で運転中に、ふっと眠りに落ちるわけで。

大型トラックのドライバーなど、衝突エネルギーの大きいものを動かしている場合、特に早急な対応が急がれる問題でしょう。
ところが、谷川先生によると、
厚生労働省に訴えると、「国交省だ」と言い、国交省に頼むと、「まず厚労省でしょう」とのこと。
えーっと、それぞれの省のみなさん、両方だと思うんですけれど。
タテ割らないで、いっしょにやってよー=ココロの声。

私、このところ「医工連携」を訴えていますが、
これって結局、厚労省+国交省が手を組まないと始まらない話。
国交省では最近、「手を組みたい!」という意欲的な動きが確認できていますが、
いかんせん、厚労省は私にとって近づくことさえできない「白い巨塔」なので、ようわかりません。
どうなんでしょう、厚労省。

というかですね。こういう身近な問題こそ、地方自治体単位で動いてみてはどうでしょう?
おっきな組織が動くの待っていても、事故は待ってくれませんもの。
小回りのきく地方自治体で、「交通事故をなくすために、健康管理を!」というキャンペーンをはり、
高血圧や、睡眠時無呼吸症候群のチェックをして、健康改善……なーんて、よさげじゃないですか=自己満足。
そもそも、50歳を越えると、ドライバーの事故件数も、事故による死亡率も、
ぱっかーん!と跳ね上がります(=外傷学会のデータより)。
50代以上の高齢者交通事故対策として、どうでしょう、知事連合の長のみなさま!

道具は使いこなしましょう

今月後半のおこもりの時間をつくるため、
取材系を前半に集めたら、なんだかスケジュールが、ワケわからなくなってしまいまして……。
今日もダブルです。午前は、箱根の霧のなか、マツダ・プレマシー。
インプレは『レスポンス』にアップします。

法規制が始まる前に、全席にヘッドレストと3点式シートベルト導入。えらい!
少しは見習ってほしいなあ、同時期に出した、某ミニバン担当者。

午後はスバルのアイサイト+オールラインナップ試乗会。
アイサイトは、自動ブレーキが注目されがちだけれど、AT誤発進防止装置の方が、すごいかも?

100715

この状態で、タイヤ止めがあれば、いくらアクセルを踏んでも、タイヤ止めを乗り越えません!
タイヤ止めがなくても、エンジン制御が入って、急加速なし。超優秀!

詳しくは、スバルのサイトをご覧いただくとして、→こちらをクリック!
いやー、駐車場から出るとき、アクセルとブレーキ踏み間違いで突っ込む事例は、これで回避可能です!
ただ、前進のみでしか機能しないので、バックでは突っ込むことはあるかも。
ゆえに、コンビニで駐車するときは、前向き駐車に、いたしましょう? アイサイト装着車のみなさん!

これ、激いいですよ、福岡県の某みなさん!

でも、自動系の装置は、過信は禁物。
クルマを操るのはあくまでも「人」。機械は補助装置でしかありません。
そこを履き違えると、止まらないだの、ぶつかっただの、責任はだれにあると、ワケわからないことに。
クルマもハサミもいっしょです。使いよう、使いよう。
使いこなしてこそ、いい道具は活きるのだと思います。

ペダル踏み間違い

子供の安全を考える立場にあるA氏から、
ペダルの踏み間違いによる事故は、どうにかならないものかと切実なメールをいただいた。
突っ込んだ先が、モノならまだ救われるが、
それが人で、しかも未来ある子供のケースもあとをたたない。私自身もやりきれない思いである。

スバルやボルボが実用化したオートブレーキなど、
技術的に止める技術は進んできている。
早い実践対応への技術進化と、実用価格までの落とし込みが待たれるところだ。

で。
私、思ったのですが←いつも思いつき発言。
たとえば高齢者用に、小型のコミュータを開発するとして、それは電気がいいんじゃないかという案もあるとして、
この際、アクセルは「手」にしたらどうなんでしょう。
アクセルペダルとブレーキペダルが横並びになっているところが、誤操作の原因のひとつならば、
操作系統を離してあげればと思うのです。
歩くのだってむずかしい高齢者。足先があがりにくくなるから、ペダル操作だって大変なわけで。
なのに、びみょーな二本のペダル操作を、一本の足で操作しろというほうが、むずかしいような。
(私は左足ブレーキ反対派です!)

もしくは、操作の仕方を変えるとか。
今の状態は、両方とも「踏む」という同じ動作。
でも、下肢障害者の方が使うクルマは、
左手でバイクのバーハンドルのようなものを操作して、ブレーキは押す。アクセルはひく。←だったっけ、Hくん???
押す⇔引く、というふうに、操作の仕方が違えば、間違いは起こしにくいはず。
本気で高齢者の移動の足を考えるなら、そのくらい徹底的に構造改革しないと、ダメだと思います。

なんてことを考えながら、終日、原稿書き。