東京オリンピック開幕

実家で花を咲かせたニオイバンマツリ。

本が発売になったら、肩の荷が下りた感じ。
呆けているうちに、一か月がたっているという。

その間、内閣府のイベントに出たり、
原稿を書いたり、新型車に試乗させていただいたり。
いつもは6月~7月は、落ち着いた日々が過ごせるはずなのに、
今年はなにがどうしたのか、あわただしい毎日です。

そんななか、東京オリンピック開幕です。
ワクチンがまだ一回も打てていない、
重症化率が高いとされている50代で、
しかも、クルマ移動する都民としては、思うところはあるけれど、
一所懸命な選手と、彼らを支えてきた周囲の人や家族を思うと、
やはり「がんばれ!」と祈るように思ってしまいます。

人生は一度きり。
人によって、なににその時間をかけるか、選択は違うけれど、
まっすぐに信じた道を進める人は、素敵だと思います。

暑い夏。台風も接近中。
みなさん、ご自愛くださいね。

ワクチン接種

会場で受け取った「注意点」の説明書。
手書きで様子見終了時刻も書いてくれています。

6月に出版予定の書籍の最後の追い込みを終え、
ダムに溜まりにたまった水を放水するかのように、
通常運行にもどすべく、せっせと仕事しています。

そんななか、両親のワクチン接種。
インターネットで予約しようかと申し出るも、
なんたって高齢者、ヒマですから、
電話をずーっとかけ続けたらしく、
しっかり予約をとっていました。

東京の大規模接種会場では、
建物の外で高齢者が長蛇の列の光景が報道されるなど、
いったい、両親の住む自治体では、どんな苦行が?
と、思ったものの、
すばらしいオペレーションでした。
換気の行き届いた建物内で、
ほとんど座って過ごせ、
声かけも万全。

自治体のみなさんの準備のたまもの。
感謝感謝です。

おかげさまで高齢者らしく副反応も出ず、
一回目の接種後は、ふだんどおり生活しています。
早く私も打てるといいなー。

ふたたびの

警視庁のマスクケース。
使いやすいです。

年末は、書籍の執筆で机に向かうため、
我が家の大掃除は黄金週間です。
今年も、数値目標を100と決めて、
とにかく百個捨てる! と。

この数値目標のやり方は、
須藤元気さんに教えていただいたもの。
以前、取材させてもらったときに、
「毎週、10個捨てます」という須藤さんの
心の整理術をお聞きして、
(部屋を片付けることは、気持ちを整えることと、
私は思っています)
毎週は無理だけど、ひと月に20個ならできるかも?
と、思い、でも、それもできなかったので、
半年で100個、という感じです。
(数値目標がどんどん、ゆるい方向に……)

ふたたびの緊急事態宣言。
イベント系の仕事が、どんんどん延期になり、
そのぶん、時間ができて家のなかもきれいに!
写真は、緊急事態宣言前に行われた、
警視庁のイベントでいただいたもの。
マスク会食だけでなく、マスクお茶飲みにも使えます。

初夏

ローズマリー。
イタリア語では、ローズマリーノと呼びます。

ステイホームしているあいだに、どんどん季節が移っていき、
なにを着ていったらいいのか、戸惑うばかり。
今週は、三日連続で外に出る仕事があり、
すっかり初夏の日差しに、あわてて日焼け止めを塗っています。

写真は、ローズマリー。
ポテトやチキンにあわせると、すごくおいしくなるので、
20年前に、鉢植えを育てたことがあります。

……。
あります、という過去の表現になるのは、枯らしたから。
なんで枯れるかな。
お花屋さんで「強いですよ」と言われたのに。
イタリアでは、雑草で、こんなところに? というほどの
過酷な環境で、わさわさ生えているのに!

写真は、某マンションの植え込みになっていたローズマリー。
ほんのりいい香りがします。
もう少しすると、薄紫のきれいな花をつけます。

もういちど、鉢植えにトライしたい。
でも、また枯らしそうで申し訳ない……。
緑の手を持っている人が、うらやましい。