明けたら緊急事態

今年最初の試乗は、日本カーオブザイヤーに輝いた、
スバル・レヴォーグです。

2021年が始まりました。
今年も前だけを向いて走り続けます。
思い出にひたっている余裕がないとも言いますが。

そして、緊急事態が宣言されました。
「もう少し早く出せばよかった」という声も聞こえますが、
できることなら出したくない緊急事態宣言。
感染者数が落ちてくることを期待して、ぎりぎりまで考えたのではないかと。

感染した方を責めるつもりはありません。
明日は我が身の毎日です。
どれだけ安全運転に努めていても、
ほんの少し、タイミングがずれていれば起きなかったのに、
というもらい事故があるように、
一瞬の隙をついて、感染は襲い掛かってくる。

交通事故とコロナは似ています。
決して、ゼロにはならない。
だから、毎日、基本をしっかりやっていくしかない。
うがい、手洗い、マスク、換気。
そして、よく寝てよく笑い免疫力を上げていく。

医療従事者や、彼らと共に闘っている友人たちに、
一日でも早く希望の光が見えることを願いながら、手洗いうがいの日々です。

2021年は、毎年恒例の実家に親族が集まる会も自粛しました。
なので、書初めもできなかったのですが、
私の今年の四字熟語は、

笑門来福

たくさん笑って、少しでも早く、当たり前の幸せが訪れますように。
今年もよろしくお願いいたします。

永平寺わきを流れる川。マイナスイオンだらけ。

どうやら世の中は、お盆だったようですが、
今年も、原稿書きの日々です。
というかですね、この暑さ。
外に出たら5分で熱中症になりそうです。

普段なら、午前中から夕方まで机に向かい続け、
夕方にジムに行く、という流れなのだけれど、
新型コロナ対策でジムを辞めたため、
外を歩くしかないわけで。

でも、歩けない!
21時過ぎても、暑すぎる!!
すっかり運動不足です。

少しでも涼しさを味わうために、
先月末、伺わせていただいた永平寺のわきを流れる川の写真など。
水の流れは、見ているだけで飽きないけれど、
こちらの川も、うっとりするほどの流れ。
こんな川のそばに住みたいものです。
いいなあ。原稿、進みそう。

お盆休み

沖縄のソウルブラザーから届いた、マンゴー! 
こちらは、仕事のパートナーさんからいただいた、紫爆弾!

世の中はお盆。
でも、毎年のように家にこもり、資料読みと原稿書きです。
変わらないなー(遠い目)。
編集部がお休みのこの時期は、メールも電話も少なくて、
まとまった仕事をするのにもってこいです。

そして、変わらないのは、
いつも、美味しい果物を届けてくれる友人たち。
子どものころから引っ越しばかりしていたので、
私には、幼馴染という存在がいません。
人とながーくお付き合いするために、
こまめに連絡をとる、というのも、苦手です。

だけど、大人になってからつながった友人たちは、
もう何年も会えなくても、
私がぽやーんとしていても、
こうして季節の便りとともに、ビタミン補給物資を送ってくれて、
とても嬉しくてありがたい。

お盆休みも、全開でがんばります。

サイト調節

サイトを作ってくださっているデザイナーさんに、
新しいデザインをトライしていただいています。
13年ほど使っているシステムは、古くなり、
新しいシステムを試してもらっています。

いま、新しいシステムでブログを書いているのですが、
下書きページも一新して、IT音痴は戸惑うばかり。

時代の流れについていけない……。

しばらく試行錯誤、いえ、個人的な右往左往が続きます。