来夏本スタート

おかめさんの、おはぎ。できたてでほかほかです。

わちゃわちゃとやっているうちに、
いつのまにか8月! しかもお盆突入。
こういう「なにしたかわからないうちに時が過ぎる」が、
いちばん、もったいない。

なので、なにをしていたか思い出してみると、
「法律がわかる! 桃太郎こども裁判」の監修をしてくださった、
弁護士の中川先生に会いに名古屋に行ったり(こどもちゃんがかわいい!)
講演会をいくつかやり、試乗をいくつかし、会議に参加し、
自分事として、映画を見に行き(見ましたよ、T支店長、Iちゃん!)、

そして、大切な来夏の本、テーマが決まりました!
密かにずっと温めていた企画。
編集部に、ねばってねばって、OKが出ました。
ぜったいにいい本になると、今から確信。
取材開始が楽しみです。

出版と、次の本のテーマが決まったお祝いを、
ひとりで、大好きな「おかめ」さんでやりました。
バケツで食べたいくらい美味しい豆かんと、
作りたてで出してくれるおはぎ。最高!

今年のお盆休みも、仕事します!

新刊発売

7月6日発売です!

今夏の本は、ノンフィクションではなく、
法律の本です。
交通事故、性犯罪、いじめ。
子どもたちの間にも、さまざまな犯罪があり、
法律を知ることで、自分たちを守れるようになるんじゃないか。
そんなふうに思ったからです。

もう何年も前から、企画はあったのですが、
どなたに監修をお願いするかで迷い、
そんなときに出会ったのが、
自動運転の法律を研究している、弁護士の中川由賀先生。

美人で! 優しくて! そして聡明。
本を書いているあいだも、難解な法律に苦しむ私を、
根気よく導いてくれました。
本当に感謝です!

文字を少なく、面白く。
読み物としても、一気に読めます。
大人の方もぜひ!

新潟

ふたりでハートを作ったつもりなのに、
ふたりともハートの下側が作れていないというw。

ネクセリア東日本の社外取締役をさせていただいて5年。
後半は、コロナで視察が行けなかったけれど、
任期が終わる前に、最後の視察に行かせていただきました。

行先は新潟!
とってもお世話になった方が、現在、新潟支店にいらして、
最後にどうしても、御礼をお伝えしたかったのです。

「新潟って素敵なところでしょう?」をコンセプトに、
新潟支店が組んでくれたスケジュールを支店の方々とめぐり、
クルマの中も、食事中も、弥彦山に登っているときも(!)
ずーっとしゃべって、笑いっぱなし。

新潟、素敵です! 楽しいです!
そして、美味しいです! 特にだんご!!
みなさん、クルマでまわって、ぜひ、SAPAにお立ちよりください!

同行してくれた本社総務の方といっしょに、
(娘のようにかわいくて大好き)
清津峡でハートを作ったつもりなのに……あらあ?(写真参照)
そんなことも、素敵な思い出になりました。
ありがとうございました!

気もちを伝える

玉川酒造さんからのメッセージ。
読んでほっこりします。

うおぬまにある小岩農園さんでの取材をきっかけに、
毎年、私の米を作っています(播種だけとはいえこう呼ぶことは社長の許諾済み!)
そして、山田錦を栽培し、雪の下で眠らせてお酒を造るという、
私の 社長の夢が実現し、
社長のご友人である玉川酒造の若き二代目が鋭意生産中。

先日、一本、社長にいただいたのですが、通販でも入手してみました。
そうしたら、写真の素敵な手紙が!

社員一同、心を込めて。
笑顔あふれるひとときがお過ごし頂けますことを。

納品書に書かれたほんの一言。
でも、どれだけ大切に、丁寧に、飲む人の笑顔を願って作られたか、
思いがひしひしと伝わってきます。

昨年、コロナが流行り始め、飲食店が通販をはじめたころ、
有名な和食店のお肉をオーダーしたら、
お肉は桐の箱に入れられていて、たしかにとってもおいしかったけれど、
挨拶状はおろか、納品書すら入っておらず、
せめて、こうやって焼くとお店の味に近くなる、くらい、
メモを入れてくれてもいいのになとさびしく感じたものです。

私の米から作った、私の酒。
玉川酒造さんという素敵な方々にお酒にしてもらい、さらに飲む方の元に届けられ、
飲んだ方が、おいしいと笑顔になってくれると思うと、
すごくうれしい。

働くことは当然、収入を得る目的もあるけれど、
ただ単にお金を稼ぐためではなく、
だれかの幸せを思って動くと、それがお金という結果になる。

私もそんな気持ちで、本を書きたいと改めて思います。