取材順調

国会議事堂@夕景。
イチョウがきれい。もうすぐ銀杏が落ちる季節……!

来夏出来を目指すノンフィクション。
取材もラストスパート中。
コロナの感染者数が大変だけれど、zoomのおかげで
問題なく取材ができています。
技術って、ありがたい。

取材するたびに、みなさんからすごいエネルギーをいただき、
めらめらと燃えたぎる状況。
水曜日に(画面ごしに)お会いしたおふたりも、
すごくすてきでうっとり。
彼らのパートの草稿を書いたら、予定枚数よりだんぜん多くて、
しまった……どこをどう削ろう……。

来月は、おこもり強化月間に入ります。
すでに今月から、新型車の試乗~取材はできない状況、だけど、
それは年明けに挽回するとして。

がんばろっと!



Webとリアル

新橋駅前のSLも、クリスマス仕様。
欲しいものは、コロナのない毎日。コンサートに行きたい!!!

今年度の前半は、緊急事態宣言で各省庁の会議もストップ。
そのぶん、いま、
内閣府、国交省、警察庁、経産省、東京消防庁……ラッシュです。
日程調整で右往左往の日々。
そして、基本的にはwebで参加なのだけれど、
webを導入できない会議や、
せめて初回は、名刺交換もあるのでリアル会議に参加、など、
webとリアルのミックスです。

これで困るのは、会議室の移動。
web(自宅)ということをうっかり忘れて組んでしまうと、
会議と会議のあいだ時間が足りません。
いま、スケジュール帳は、webとリアルを色分けです。
久しぶりに、色鉛筆使っています。

師走。
来夏出来の本の取材も、追い込み状況。
コロナやインフルはもちろん、風邪をひいている場合ではありません!
うがい、手洗い、換気、そして、愛用しているオゾン発生器。
逃げ切りたいです!

ゴールはどこか

いつもスペアを持っているマスク。
新しいマスクケースです。萌える!

結婚式に参列すると、
「ゴールイン!」という言葉を聞くけれど、
本当は、ここからが始まり。
同じように、学校を卒業すると勉強はゴールと思いがちだけれど、
ここからが本当に学びたいことの始まりなんだと思います。

研修医になりたての医師たちからは、
「小中高と、勉強しまくって常にトップで神童みたいに言われて、
医大で仲間と切磋琢磨しながら6年間勉強して、
すごくがんばって国家試験に合格して、
さあ、俺の実力を見せてやる! と研修医になったら、
自分の知識と実力では使い物にならなくて愕然とした」
という話をよく聞きます。

つまり、学校で学ぶことは基礎の基礎。
社会人になって初めて現場で、使える知識と技術を学んでいく。

医師に限らず、消防学校や警察学校も同じ。
そして、一般社会でも同じことなんだと思います。

だけど、いまその会社でやっていることは、
仕事をしながら経験がつめるけれど、
新しいことへの知識は、自分でがんばるしかないわけで。
新しいことをやりたかったら、独学でも学ぶしかない。

高校時代、物理や化学なんて、
大人になったら使わないんだしさーと思っていたのに、
クルマ業界、
環境問題は、科学。
安全問題は、物理。
さらに、自動運転になったら、電波だの法律だのHMIだの。
新しいことが次々と出てきて、
ただでさえ少ない脳みそに、入りきらないけれど、詰め込むしかない。

勉強に終わりなし。
世の中の動きの速さに取り残されたくなければ、学ぶしかない。
私の場合、超一流の専門の方々に恵まれるという幸せ。
じゃなきゃ、とっくのとうに行き倒れていると思われ。

ゴールはどこか。
筆を置く瞬間までは、走るしかないんだと思います。
=ガス欠気味だけど。とほほ。

おしゃべりはブレスト

セールでゲットしたヴァンプローファー。
ソールは縫い合わせ。防水するかラバーソールを貼るか悩み中。

会議の多くがリモートになり、
終了後のおしゃべりもできず。
ちょっとした会話には、情報がいっぱいなのに。

そんななか、私の楽しみは、
ネクセリア東日本に行ったときのランチタイム。
女性社員のみなさんと、ランチ囲んで
(しっかり透明な板で区切り、換気しつつ、大声禁止です!)
おしゃべり&おしゃべり。

おしゃべりは、ブレイン・ストーミングのひとつ。
何気ない会話のなかにも、ヒントやアイディアがいっぱい。
先日も、リモートライブの活用方法や、
サイクリングの醍醐味、Gotoイートの狙いどころなど、
へー&ほーな情報だらけ!
刺激的!

ひとりで生活していると、体験できることは限られているけれど、
仲間のみなさんの経験を重ねることで、
生活が豊かに! 情報は生活を便利に豊かにする!!!

それに、ランチしながら笑うこと、笑うこと。
声をたてて笑うって、一人で生活していたら絶対にないので、
笑う瞬間、手やマスクで口元を覆いながら、
まるで、反射神経が試されている感はあるけれど、
でも、とっても楽しい!

リモートワークは、時間的には便利だけれど、
顔を合わせての雑談やおしゃべりができないのは、
いろんな意味で大きな損失。
これをどう埋めていくのかが、課題だと思います。