HEM-Net

日本初! ドクターヘリとセットで活動する、ドクターカー登場!
日本医科大学千葉北総病院に、本日、納車されました!

doctorcar

ヘリと並ぶ姿。超かっこいい~!
車種選び、デザイン、法律関係などなど製作工程を、ずーっとそばで見てきた身としては、感激ひとしおですー。

関係者のみなさん、お疲れさまでした!
今後は、ドクヘリの飛べないとき(夜とか、濃霧とか)に出動予定です。
ドクヘリを補完する形でドクターカーを導入するドクターヘリ事業は、ロンドンで行われていますが、
日本では初めて。
活躍、期待しています!

そして私、本日は、全国展開に加速がついてきたドクターヘリの、
フライトドクター&フライトナースを養成するための、
(救命救急のドクター&ナースが、ほいっと乗れるような簡単なものじゃないんです)、
支援事業の審議会発足会合に、行かせていただきました。

たしかに国や県からの助成金はありますが、
それはあくまでも、ヘリ運航費用と、活動するときの人件費等々。
新しい県にヘリが配属されたとき、すぐに活用するためには、
あらかじめ、その基地病院となる救命救急センターのドクター&ナースが研修する必要があるのですが、
その旅費や滞在費はもちろん、教える側も教わる側も完全なボランティア状態。
貴重な人材が救命救急の現場からはずれることは、ひじょーに痛手なのです。

強烈な負担を強いながら、双方長続きするわけもなく、そして質の低下も懸念されるわけで、
せめて活動費(保険料なども含めて)の基盤をつくり、
ドクター&ナースが安心してトレーニングできる環境を整えようというものです。

資金源となるのは、民間からの寄付。法人、個人から受け付けることになりました。
民に加わってもらうことで身近に感じ、積極的に意識をもってもらい、よりよい事業にしていく狙いもあります。
私、ドクターヘリ応援団として、審議委員をさせていただくことになりました。

支援基金については、通常のヘムネットへの寄付金とは別に、特別会計で処理します。
興味のある方は、ぜひ、こちらのヘムネットのサイトでご確認ください! →こちらをクリック!

ダブルパンチ

100330

試乗させていただいたのは、スズキの受注生産車、キザシ。
このサイズのCVTに違和感あるけれど、けっこういけてるかも?な、乗り心地。

忘れていました。
いまが花見の季節だってことを。
そして、いまが春休みだってことを。
なかに入れば(どこの?)大丈夫だろうと思っていた私があまかったです。

なんでこんな時期に……と、着てみて気づく段取りの悪さ。
うわーん、私、人混み、きらいなんですってばー。

謎だらけの取材。

フライトナースのハナちゃん

児童書でドクターヘリ関連の小説を書くにあたり、
どうしても、と、思っているのが名前のつけかた。
小中学生対象の本だというのに、出てくる人が、お父さんお母さんと同じ年代ばかりという、
児童書とは思えない設定ゆえ、
どーっしても、主人公を名字ではなく、名前で呼ばせたかったのです。
ゆえに、主人公の名字を「むずかしく」してみました。

ドクターヘリ物語は、「村主陸」。すぐり・りくクンですが、すぐ・りりく先生とも呼ばせています。
5月に出る予定のフライトナース物語は、「日月ハナ」。これで、タチモリって読みます。
実は、レガシィのプロジェクトリーダーの名前です。すんません、タチモリさん~。

原稿書いて、ラジオの収録にいき、試乗車をお借りしたあとは、
いざ、講談社へ!
フライトナース物語(仮題)の、いよいよ煮詰め段階です!
風邪で倒れていた担当ももちゃんも復活し、
ももちゃんの笑顔を見て、また私、俄然、やる気を出し(担当がひるむと、すぐにゆるむワタクシ)、

タイトル、迷っております。もうひとつ案があり、私としては、そっちのほうがいいかもと思っておりますー。
おそらく。
間違いなく。
4月1日には、青い鳥文庫のサイトにアップされるので、それまでには決まることでしょう!

原稿書いて……

原稿書いて、お墓参りに行き、
原稿書いて、ジムに行き、
原稿書いて、トイレットペーパーを買いに行き、
原稿書いて、秋田犬の疾風に会いに行き、
原稿書いて、テキサスバーガーにポテトをプラスして、
原稿書いて、真央ちゃんを見て、
原稿書いて、原稿書いて、過ごした週末。

あ、さくら餅を買いわすれた!

新しい出会いを求めて

去りゆく人の後姿を見つめて、よろめいている場合ではありません。
次に会ったときに、お互いの成長を祝福しあえるよう、
私もしっかり前に進まねば。

思い起こせば、私、恋愛もいつもふられてばっかりで、
そのたびに、きーっ、今度会ったとき、後悔させてやるーっ!と、がんばったものでした。
成長の原動力が失恋ってのも、情けない気がしないでもないけれど(意気消沈)。

というわけで、次なる出会いを求めて行動を起こしました。
今日はその取材です。
どれもこれも食い散らかしている状態なので、いい加減にしろと怒られそうですが。
でも、このまま立ち止まっていても進歩しないもんで、
歩きはじめないと、落ち着かないのです。

私と遊びにいく約束をしているみなさん。どうぞ長生きしてくださいー!

冷たい雨

原稿真っ只中です。
夕方からは、お通夜に行きました。

私が目標としてきた女性の、ご主人が海外赴任中に亡くなりました。
どんなにすごい逆風でも、持ち前の才覚でさらりと笑って過ごす彼女が、
目を真っ赤にしている姿に、言葉がありません。

ご冥福をお祈りします。

Ciao, bella!

クルマ業界で一番愛されていた広報マン、
クルマ業界で一番有名なイタリア人であるS嬢が、
F社を卒業するにあたり「ありがとう」と言いたい人が集まっての、謝恩パーティ!

100324

寄せ書きもつくりました。イラスト、超似ています。

最初は、みんなで軽く集まって……と思っていたのに、
どんどん規模が大きくなって、勢いで発起人になったメンバー(含む、私)は大慌てですー。
ざるのような運営になりましたが、そこはそれ、La festa Italiana(イタリア式パーティ)ということで~。

「こんな会場で大丈夫なの? 赤字はだれがかぶるの?」と、
多くの方に心配していただきましたが、
ホテル側の超ご協力と、多くのみなさんにお集まりいただいたことで、黒になりました。
黒の分はS嬢へ、改めて記念品をお送りしたいと思います。
贈呈をもって発表に変えさせていただきますので、ご了承くださいませー。

Sarah, ti vogliamo tanto tanto bene. Siamo sempre con te.
Speriamo che tutto vada benissimo! Un abbraccio e un bacione!