いとしのポインコ

本日も内閣府。
そろそろ、専用の身分証明書つくってほしいかも。

そして……。
私が愛してやまない、docomoさんのポインコ兄弟。
好き好き好き好き! と、さわいでいたら、
神のような方経由で、今年の卓上カレンダーをいただきました!
これが、もう、かわいいというか、萌えるというか……!!

s-DSCN0949
毎月のポインコ兄弟のコスプレとポーズがめっちゃいい!
これ作った人、わかってるなー!

しばらくはこれで乗り切れそうです。

内閣府SIP-adus市民ダイアログ

本日は、内閣府SIP-adus(自動走行システム)の市民ダイアログ。
モデレータを務められた、清水和夫さんのアシスタントとして、参加してきました。

s-DSCN0948
会場は、市民対話がしやすいようにと、カフェっぽいスペース。
ウォームアップ担当の若手くんたちが、参加前の緊張を上手にほぐしてくれます。

第二回の市民ダイアログは、職業としてクルマを扱う方々を中心に、
お集まりいただきました。
いろんな意見をいただき、おお! という発見も。
そうね、大学で単位にしてあげれば、免許とってくれるかも!

みなさん、ありがとうございました!

モーターのトルク感

秋はイベントだらけのクルマ業界。
冬のこの時期は農閑期……のはずだったのに、
ここ数年、年明け早々、全力で走っているような。

試乗会に行きそびれた日産ノートのe-powerに試乗。
ガソリンで発電して電気をつくる電気自動車は燃費がよく、
アクセルペダルをオフにすると、ぐぐっとエンジンブレーキならぬ、モーターブレーキ(回生ブレーキ)がかかる。
下り坂で、ほどよく速度をコントロールできて、超便利。

そして、向かった試乗会はこちら。

s-DSCN0947
トヨタのCH-R。攻めのデザインのコンパクトSUVです。

デザインと使い勝手の両立ってむずかしいなとしみじみ。
詳しくは、【レスポンス】に書いておきます!

ご褒美

連休が明けると、一気にいろんなところが動き出して、
会議の連続、取材続き、そして、再校も届いてフル回転です。

本日は、インタビュー取材のあと、
若き企業家さまにランチをごちそうになりました。

s-DSCN0943
こんなすてきな場所で、めっちゃめちゃおいしい中華など!
ありがたき幸せ。

ごはんもデザートも、すっごくおいしかったんですが、
起業家さまの超イケイケな話が、ものすごく楽しかったです。
石橋をたたいて、たたいて、壊すまでたたいて「わたらなくてよかった」という慎重派が増えるなか、
石橋たたいて、壊れそうになったら壊れる前にわたりきれ! 的な生き方で意気投合。
そろそろ、足がもつれる年齢の私としては、
足腰鍛えておかないと、こういう人といっしょに仕事し続けられないので、
ジムに行かねばと、決意新たに。

ドクターヘリの会議ののち、夜は、さらに若手の面々主催の未来を語る会におじゃましました。
足、もつれている場合じゃないぞと、さらに自覚。

やばい。

中高生時代は、ロックにはまっていました。
まだ、横浜アリーナも、東京ドームもない時代。
聖地といえば武道館、そして横浜出身者としては、神奈川県民ホールです。
なんど通ったことか。
私に「叫び癖」があるのは、きっとこのせいかと。

そして、いま大好きなのは、こちら。
ONE OK ROCK。
彼らの最新アルバムが、発売前日だというのに届いて、
物流関係の皆様方に、ただただ感謝です。
たいへんな業務。自動運転技術で安心して配送できるようになるといいなー。

s-DSCN0939
めちゃめちゃいい。涙出そう。
日本のコンサートチケットがとれないので、昨年はドイツまで行く妄想をしました=ばか。

新ジャンル

お正月休みは、自動車メーカーも編集部も静かゆえ、
いまのうちに次の本の資料読み。
もうすぐすると、いよいよ3月に出来になる新刊の再校もきちゃうから、
いまのうち、いまのうち。

この夏の出来を目指している次の本は、
私にとって新しい挑戦をさせていただきます。
新兵器も投入し(謎)、資料と格闘中。
だけど、資料を読んでいると、こどもたちに伝えたいことがたくさん見えてきて、
わくわくしています。

謹賀新年

旧年中は、大変お世話になりました
いつもながら、お世話になった方たち、
昨年、新たにお会いした方たち、
そして、しばらく会えていないけれど、心のなかでつながっている方たち、
FaceBookでお友達になって応援してくださる方々に、
感謝、感謝です。

s-dscn0936
新年の青空。晴れ晴れとした空です。

毎年、恒例の岩貞家の書初め。
今年の四文字熟語は、「一意通天」です。
ちまたにころがっているたくさんの言い訳で、
つい、楽なほうに逃げがちですが、
健康で、自分の時間を自由に使えることに感謝しつつ、
次の世代のために、自分にできることをしっかりと見据えて、
進んでいきたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします!