最新刊「世界でいちばん優しいロボット」

本日発売です。イラストは、片塩広子さん。

この夏のノンフィクション、本日発売です!
表題作は、もう何年も前から「いつか取材させていただきたい!」と
願っていた吉藤オリィさんこと、吉藤健太朗さん。
分身ロボットOriHime開発でお忙しいなか、
どうしても、どうしても、どうしても!とお願いして、
お時間をいただきました。
参考にさせていただいたのは、吉藤さん自身の著作、
「孤独は消せる。」(サンマーク出版)
吉藤さんは文章もすごくうまくて、読んだとたん、
これは困った!と、思いました=本音。
一昨日のポストにもあるように、
東京日本橋にOriHimeのカフェもオープンし、
OriHimeに会うことができます!

二つ目は、東京湾でアナゴ筒漁をする、齋田芳之さん、
水産技術センターの清水詢道さん、
東京海洋大学の東海正先生が行った、
アナゴ筒漁の水抜き穴に工夫をして、
アナゴを守るとりくみです。
「納得すれば、必ずみんな賛成してくれる」
漁師さんたちに納得してもらうために、
定性的&定量的にひとつずつ積み重ね、
いまは、神奈川、千葉、東京の東京湾で
漁をするときのルールになりました。
一人ひとりの知恵や技術も、みんなで力を合わせれば、
大きな動きが作れるお手本のような話。
この取り組みと考え方は、今、世界にも広がっています

そして、チョコレートブランドMaisonCacaoの石原紳伍さんは、
ラグビーでチームをまとめ、大学選手権9連覇の礎を築いた方。
好奇心で向かったコロンビアで、
すばらしい可能性を持ったカカオに出会い、
この魅力を多くの人に伝えたいと感じて即行動。
カカオ農家が安心してカカオを育てられること。
お客様がおいしいと、笑顔になれるチョコレートを作ること。
そして、自分たちも誇りをもって仕事できること。
みんなが、幸せになることを目指して、獅子奮迅の活躍です。

どのストーリーを表題にするかは、本当に悩み、
最後の最後まで、編集部と協議をしました。
3つのどの作品も、本当に自信を持ってお勧めします。
小学校~中学生のみなさん、
未来を広げるきっかけになると思います。
夏休みに、ぜひ!

分身ロボットOriHimeカフェ

吉藤オリィさんとOriHime-D(パイロットは”ふーちゃん”さん)
分身ロボットカフェDAWN ver.βにて

分身ロボットOriHimeと、大きなOriHime-Dを使った、
分身ロボットカフェの常設実験店、日本橋にオープンです。
本日は、その取材。
OriHimeの動きが本当にかわいくて、すっかりファンに。

詳しくは、6月24日公開の、
【レスポンス】の「岩貞るみこの人道車医」にて。
もっと詳しく知りたい方は、
私の最新刊「世界でいちばん優しいロボット」をぜひ。

本の取材をさせていただいたのは、昨年の秋。
コロナで大変な時期だったので、zoomインタビューでした。
なので、オリィさんにお会いするのも、
実際のOriHime-Dが動く姿を見るのも初めてです。
(手が翼のようなOriHimeは、
JR大崎駅そばのモスバーガさんで働いて(!)いて、
一度、会いに行きました!)

私の本は、最初の実験店で終わっていますが、
そのあともどんどん前に進むオリィさんとオリィ研究所の人たち。

技術は人の役に立つためにある。
OriHimeを見て、改めて実感です。

Air Cabin

みなとみらいの空中をいくエアキャビン!

さまざまな移動手段が検討されるなか、
みなとみらいに採用されたエアキャビン。
桜木町駅から、海に向かい、ワールドポーターズのそばまで、
一気に行けます!

歩いても12分くらいの距離(グーグル先生による)。
がつがつ歩く私なら、もう少し早い?
しかも、線路跡を使った木道の遊歩道なので、
歩いていても、十分に気持ちいいけれど、
空中をすっと動く楽しさはまた格別!

移動手段は、便利なだけでなく、
見た目や、楽しさも大切な要素。
乗りながら、いろいろ考えさせられました。

横浜は、桜木町駅から市役所まで、
歩道橋のようになった道でつながっていたり、
そういえば、新横浜の横浜アリーナまでの道も、
同じような構造になっていて、
交差点でクルマと動線が交わらなくていいので、
安全、かつ、大量に歩行者を歩かせることができたり。

クルマも面白いけれど、
散歩好きは、街も好奇心をそそられます。

内閣府SIP-adus市民ダイアログ

東京駅そばの会議室でweb開催。
もうシンポもセミナーも、webがスタンダードになりました。

本日は、内閣府SIP自動運転
「内閣府SIP自動運転・市民ダイアログ:
横浜での取組から考える都市郊外の移動~自動運転の社会実装に向けて」
司会を務めさせていただきました。

本当は、先月開催されていた、
みなとみらいのイベント会場で行う予定でしたが、
東京都の緊急事態宣言を受け、
web開催に切り替えです。

基調講演は、東京大学教授の中村文彦先生。

現場に出て、市民の声を聞き、進めていくやり方、
中村先生のお話は、何度、お聞きしてもうなずくことばかり。

横浜市の方々も、
市内を見て、歩いて、市民生活を自分事のようにとらえながら、
「あらゆる方法を可能性として考えながら」
市民生活向上を目指すというたのもしさ。

やはり、自治体が本気になり動かないと、
なにも進みません。
もちろん、市民も「自治体がなんとかしてくれる」と待っているだけではなく、
自分たちの町を、こう変えたい!
と、どんどん参加し、いっしょに作っていく姿勢が大切です。

そして、既存の公共交通機関も、
腹をくくって! 共存していくことがとても大切。
最終的には魅力ある街になり、人がいきいきと移動して生活できれば、
既存の公共交通機関にもいいはず。
京浜急行電鉄さんの姿勢も、すばらしい!

災害時によく言われる、
自助、共助、公助。
災害でなくても、大切な視点だと思います。

みなさん、ありがとうございました!