ちゃんとやる

友人たちが福井こどもの本大賞のお祝い会をしてくれました。
紅白のおめでたさをスタイリッシュな花束に! うれしい、ありがとう。

コロナに、ウクライナ情勢。
落ち着かない日々が続きます。
少しくらい雨に濡れても、少しくらい寒くても、
ウクライナの人たちの日々を思えば、だからなに?

毎日が、ふつうに過ごせることは、本当にしあわせなこと。
平和な世界は、努力しないと保てないということも、
とてもとても感じています。

寄付をするという方法もあるけれど、
私たちがやれることは、特別なアクションではなく、
毎日を、ちゃんと生きるだけでもいいんだと思います。
ちゃんと働く。ちゃんと勉強する。
感謝して、やさしい気持ちで、まず、自分のためにちゃんと生きる。
それがめぐりめぐって、だれかの役に立てるのだと信じています。

今夏、出版を予定している本が、
校正の段階になりました。
頭から煙を出しながら書いた原稿が、
本と同じデザインになって、手元にもどってくると、
なんだかちょっと気恥ずかしい感じ。
だけど、これも、いつかきっと誰かの人生に、
ほんの少しでも役に立てると信じて、がんばって校正します!

福井市こどもの本大賞

ノンフィクション大賞に選んでいただきました。

今夏出版を目指す本の原稿が終わったとたん、
それまで、脇に押しやっていた仕事の津波に飲み込まれ、
はっと気づけば3月も半ばです。
私がぼーっとしているあいだに、なんと!

福井市の市立図書館が選ぶ、
福井市こどもの本大賞で、ノンフィクション部門の大賞をいただきました!

審査員は、市内の小学4~6年生でつくる、
「こども司書くらぶ」のメンバー。
まさに、子ども視点で選んでいただきました。うれしい!

物語部門の大賞は、工藤純子先生の「サイコーの通知表」と、
小手鞠るい先生の「サステナブル・ビーチ」です。

読者にリアルに読んでもらっている幸せ。
これからも、かみしめながらがんばります!

脱稿しました

ご近所の素敵マダムにいただいた、センリョウ。
あたたかくうれしい気持ちになります。

今夏出来の本。
スタートが遅れて、11月後半以降から猛ダッシュ。
12月、そして1月は、深海にもぐるようにして書いていました。

ぜったい、子どもたちに読んで欲しいテーマ。
だけど、ものすごくむずかしくて、
草稿を出した時点で混乱しまくり、くじけそう。

ただ、今回はチーム戦。
監修にすばらしい方に加わっていただいたおかげで、
彼女からチェックが返ってくるたびに、息を吹き返し、
なんとか脱稿にこぎつけることができました。
ほんと、神! 後光がさしてみえました=感涙。

夏の出版を目指して脱稿までがんばったけれど、
いかんせんコロナで、デザイナーさんもイラストレータさんも、
機動力がフルパワーを出せず。
でも、きっときっと、いい本になるので、乞うご期待。

さて、ここからは、完全凍結していたほかの仕事にとりかかります!

SIP-adus視野障害ウェビナー

開始前のデスクの上はこんな感じ

内閣府SIP-adus主催、今年度三回目の、
視野障害ウェビナ―です。
今回は、技術はどう応えられるのか? がテーマ。
私は、総合司会を担当させていただきました。

大きめの会議室は、窓を開けっぱなし。
さらに、加湿器とオゾン発生器、
ついでに、ウイルスから目を守るために、
花粉症用メガネを着用です(もちろんマスクは常にオン)。

被害軽減ブレーキは、
視野に障害がある方にとっても、かなり有効。
でも、現時点での一番の対策は、
自分がどう見えているかを把握し、
補償行動(速度を落とす。夜は運転しないなど)を
きちんととって運転すること。

静かにじわじわと進行する視野障害の病気。
40歳をすぎたら、ぜひ一度、眼科で検査を。
眼科であれば、どこでも検査を受けられます!