ラウンドアバウト@飯田市

今年も残すところ、あと一ヶ月。
12月は原稿強化月間です!
にもかかわらず、スケジュール帳は取材がわらわらと書き込まれていて、
これで書けるんだろーか……ま、土日があるから、なんとかなるか=お気楽。

おこもりの本日。
ときおり見たのは、こちらのライブカメラの映像!こちらをクリック!
国際交通安全学会のプロジェクトで社会実験中の、長野県飯田市のラウンドアバウトです。

ライブカメラって、なんつーんでしょうね。
他人の生活を覗き見しているみたいな、ドキドキした気分になるのは、私だけ?

本実験は、既存のロータリーに対して、道路構造や交通運用には手を加えぬまま、
マーキングやポストコーン等を用いて道路幅員の縮小や線形変更を行うことで、
走行速度抑制や走行軌跡の安定を促すことを意図したものです。
また、看板の設置等による優先・非優先の徹底もねらいのひとつです。


なのだそうです。
欧州のラウンドアバウトは、歩行者用の横断歩道はあまり見かけず、ゆえに、
*なんかヘンだと思って、グーグルアースでパリの凱旋門を見てみたら、横断歩道ありました!
でも、一時停止ラインはないので、横断歩道直前で停止し、ラウンド内のクルマの動きとを一度にチェックできます。
クルマの一時停止は、ラウンドに沿った形になりますが、
ここは横断歩道に対応するため、かなり手前に一時停止ラインがあります。
……というか、一時停止ライン、手前すぎじゃね?
通過するクルマの動きを見ていても、もう少しラウンドアバウトの近くにあったほうが、
ドライバー心理や、見通しのよさを含めて、いいような気がするんですけれど。
まあ、そんなあたりも、社会実験結果として意見が上がればいいなと、
ライブカメラ・ウォッチャーは、東京の片隅でこっそりつぶやいたりするわけです。

予定より遅れているものの、それなりに進行中の原稿。
達成感と焦燥感が半分ずつの夜。