愛しのスージー

なぜ2月は28日までしかないのか。
毎年、この日を迎えると、うひーと倒れそうになる私です。でも、
「今月中」と、担当ももちゃんに約束したからは、守ります!
こもりにこもって、なんとか書いた250枚。今朝、朝いちで、送信! やったー。
ここからまだ道のりは長いけれど、このヤマを越えると、ほっとします。

そんなこんなで、放ったらかしていたクルマの原稿に、ようやく着手!
午前中にとりあえず、打ち返せるものだけ打ち返し、
午後はラジオの収録へ!

今週はSPLコメンテータとして、昨年、男の子を出産した、カーサン史子こと、スーザン史子さんご登場です!

スージーの爆笑(爆乳?=ええっ、なにが?)トーク、
女子の本音がいっぱいです。【ザ・モーターウィークリー】、どうぞ、お聞きのがしなく!

終了後は、時間調整をしていたら、調整しすぎて、
次の打ち合わせ場所まで雨のなか、傘をふりかざしながら大爆走したという。
この年齢で……この体力のないときに……大丈夫か、私。

おこもり、ふたたび!

息継ぎをするように、一昨日、太陽の光をあびたけれど、
ふたたび、深海にもぐっております。

一昨日、シャバに出たとき、明治屋さんを通過。つい買ってしまったキャラメル味ドーナツと、芋ケンピ! 
そして、卵ロールは、私の大好物です。あるとつい、買っちゃう。

あと何日か、このままこもります。
だって、どうしても6月に本を出したいんだもん! がんばるぜいっ!
でも、5時起きで、20時まで座り続け、夜な夜なこっそり、コンビニに行くって……危ない人みたい。
メロンパンも、卵ロールも、セブレブが一番、美味しいと思います! ←48歳、そんなものが詳しくなってどうする!

おこもり部屋は、あまりに娯楽がないので(なくていいんだってば)、
壁紙を、私の街、『ボローニャ』に変えてみました。なつかしいいいい~。

それではみなさん、ごきげんよう。
Right be back!

息抜きラジオ

四日間、こもりました。
最初の二日は、構成を練るのに使ってしまい、書けたのは、後半二日。
主人公たちを、こんなに勝手にいじくってしまっていいんだろうかと、かなり不安になりつつも、
ま、いっかー。 ←結局、気にしていない。

こもる=会話なし。
いわゆる、ひっきーです。
よって、おこもり一時中断で向かったラジオ収録は、その反動が出まして、はじけましたー。
今週は、プレゼントもありますので、【ザ・モーターウィークリー】を、お聞きのがしなく! → こちらをクリック!

終了後は、東京駅そばにある、国際交通安全学会の研究会を聴講させていただきに。
超アタマのいい方の集団ゆえに、会話が見えなくなりつつも、なんとかひきずられてゴールにたどりついたような。
脳みその崩壊を、食い止めていただき、感謝しております、事務局長どの!
恩をアダで返して申し訳ない!=私信。

夜の東京駅周辺。夜の人混みはキライだけど、光り輝く静かな景色はかなり好き。

ところで、私が深海にもぐっているあいだ、4月からの高速道路料金が発表になり、
なぬ~? エコカーに割引? しかも、エコカー=ハイブリッド&電気自動車&ディーゼルというウワサ???
だから!
でかいハイブリッドカーと、コンパクトカー、どっちが燃費がいいと思っているのよ、国交省!
そういう、おばかちんな考え方、やめようって言ったじゃん!
環境にやさしいクルマの購買促進なら、材料にしろ、道路損壊率にしろ、
大きいクルマから小さいクルマにさせていった方が、いいんじゃなくって?
そうか。そう伝えたのは自動車交通局だった。道路局には言っていなかったか~。
っていうかさ、道路局。どういう「おとりまき」が、助言したのか知らないけれど、
こういう場合のエコカーの定義、間違っていると思いますよ、私。 ←こもっていたので、言いたい放題。

こもります!

2月も後半に突入し、おこもり強化週間にはいります!

今回のおこもりの友はこちら!
昨日のインタビューのときにいただいた、和菓子もラインナップに加わっています! わーい!

しばらく更新が途絶えると思います。
が。
I’ll be back! 

明日も更新していたら、集中力のないヤツだと笑ってくださいませ~。

日本自動車会議所

午前中に、インタビューをひとつ受け、
そのあと、バリキャリな友人Y嬢とランチへ行き、近況報告&情報交換。
こういう時代だからこそ、女子の柔軟性が発揮できるとき。
しっかし私のまわりの女子軍団は、信じられないくらいパワフル。
これでみんな「母」っていうんだから、本当にすごいです!

午後は、場所を移し、こちらにお邪魔しました。

自工会、自販連、自動車連盟……などなどが入っているビルです。

日本自動車会議所さんにお招きいただき、
「小児救急と交通事故」をテーマに、講演をさせていただきました。
(鼻水はおかげさまで、止まりました。ご心配いただき、ありがとうございます、Fさん!)

日本医科大学千葉北総病院でドクターヘリの取材をはじめたころ、
「ドクターヘリと小児救急」というテーマで、救急医であり小児科医でもあるT先生のご講演を聞きに行き、
小児=内因性、救命救急=大人向け。
つまり、子どもの外傷に対応できる救命救急体制は、日本ではほとんどない。

という趣旨の話を伺って、ぶっ飛んだ記憶があります。
その後、調べれば調べるほど、子どもたちの救急医療体制の不完全さが目に付き、
ゆえに、子どもは絶対に、ケガさせちゃいけない! と、強く感じるようになりました。

医療ジャーナリストではないので、今日の講演で述べたことは、
あくまでも、私の取材の範囲での意見です。
ゆえに、最終的にお伝えしたいことは、小児救急病院を作れ!ではないので、お間違えなく!

年間、4000人以上がまだ亡くなっているいまの日本で、
その一人ひとりには、人生があり、家族があり、友人がいるわけです。
交通事故死は、そのすべてを一瞬のうちに奪い去ることを、もう一度、かみ締めて、
クルマ社会における、子どもたちの安全対策を、しっかりと考えていきたいと思います。

お集まりいただいたみなさん、ありがとうございます。
そして今回、こういう機会をくださった、日本自動車会議所のみなさん、ありがとうございました!

風邪薬は体に合わないことが判明

鼻水が止まらない。
昨日のラジオ収録は、途中で音楽を流すあいだに、鼻をかめたけれど、
明日は、80本一本勝負のお仕事があり、
これは、のんきに「食と気合で治す!」とは言っていられないような雰囲気に。

よって、風邪薬。
ところが。
眠い。

カッコ○トウは、胸焼けがするし、
科学的な風邪薬は眠くなって使い物にならないし、
風邪薬って、どうも私の体質と性格と生活パターンには合わないことが判明。
そうだった。
だからここ10年くらい、飲んでいないんだった……。覚えていようよ、自分!

睡魔と闘いながら、原稿書き。