ともだち

働くようになったら「本当の友達」はできないから、
学生のうちに、友達をつくりましょう。
そんな風に言うけれど、じゃ、学生のころに友達ができなかった人は、
一生、友達はできないってこと?

人づきあいがプチ苦手な友人によると、
「学校は住んでいる場所で区切られるため、いろんな人が集まっているけれど、
会社に入ったら、同じ志の人ばかりなので居心地がいい。
学校で友達づきあいに悩む子がいたら、大人になったら楽になるよと伝えたい」
と、言っていましたっけ。

私も同感。
まあ、百歩ゆずって「友達」かどうかはわからないけれど、
働くようになると「同志」や「仲間」という人にめぐり合う。
いっしょにトイレに行ったり、買い物に行ったりはしなくても、
自分が、泣いたり笑ったり怒ったりしたときに、
いっしょに感情を共有して、泣いたり笑ったり怒ったりしてくれる人がいることは、
すごく素敵なことだと思う(このあいだはありがとう~、H嬢=別件)。

今日は出会ってまだ一年もたっていないし、
がさつな私に対し、可憐な彼女との共通点はすごく少ないと思われるのに、
ものすごく深いテーマで語り合ってきたので、あれ、まだ一年だっけ?というK嬢とランチ。



K嬢おすすめのオーガニック・カフェ「F」。
さすがだ~、選ぶ基準が違う!


ずーっと会いたかった彼女の自慢の息子さんにも会えて、
子どもの無限のパワーを実感。