うるう年に桜田門

うるう年の今年。この一日があって救われた! と、あちこちから声が聞こえるような。
私も原稿を書く時間を、一日分もうけた気分=でも終わらない。

そして今日は、テレビドラマなどでカットインされるこの風景、
このなかに潜入です!



警視庁。防犯対策課にて、自転車関係の会議です。

東日本大震災以降、自転車ユースが増えて、チャリ事故急増。
ルール知らない人、知っていても守らない人、多すぎだし。
とはいえ、いままで野放し状態でだれも注意しなかったゆえに、
そのことにも責任あり。
これからは、しっかり啓蒙活動して、安全を保つべし、ということで。

たしかにね。私とて、二十代のころは、
「ねえねえ。チャリも飲酒運転すると、バイクの免許から減点されるんだって」
「へー。でも免許持っていないっていえば、わかんないじゃーん」
「だよねー。それって、都市伝説なんじゃないの?」という始末。

だいたいアイポッドなんてない時代にクルマの免許とったから、
自転車しながら音楽を聞いてはいけません、なんて道交法、知らんかったし。

警察の方々が思う以上に、ルール知らない人は多いし、
知っているはずだ(つまりは伝えているはずだ)と、思うのは違うんじゃないのと思うし。
ただ、自転車は交通社会にデビューする第一歩と考える私は、
これを機に、自転車教育&自転車マナーがよくなるといいなと思うわけです。

次回会議は五月です。

春の足音

朝から原稿。
くるはずのレイアウトが遅れ、じゃ、いまのうちにと別の原稿。
書く前に、そのことばっかり考えていたので、頭の切り替えがうまくいかず、
いい加減、脳みそがウニになりそう。

そしてそんな状況だというのに、二日連続で国際交通安全学会の会議。
もう脳みその中になにもはいりません~。
会議二時間。往復の時間入れて四時間。このタイミングでこのロスは、あたたた。
でも、そういう前に、もっとツメられる時間はあったろうに、自分。
いつまでたっても反省が活かされない生活である=激しく反省&後悔。



家にたどりつくと、なぜか(なぜ?)家に草もちが!
サンタさん=いまさら? ありがとう!

ノンフィクション

朝から原稿。
夕方打ち合わせ。
夜は国際交通安全学会の会議。



東京駅周辺はモダーンな建物も多くてすてき。
ただ、館内禁煙なので、建物のまわりは吸える場所を求めている人ですごいことに……。

歩行者の受動喫煙が問題になりそうなレベル。

このところ、ノンフィクションの構成で四苦八苦。
事実を組み合わせてラストのつじつまを合わせていく行為は、
図形の「証明問題」に似ていると、よく思います。
推理小説もそうなんですが。
できた! と思ったら、ここに抜け道があったり、時間軸が逆になっていて理論が破綻したり。
文系アタマなので不得手ながら、キライじゃないので救われています。

東京マラソン

「また太陽を見ない生活じゃないんスか?
骨粗しょう症になったら、ぶつかったときにシートベルトで胸骨骨折して、
心臓破裂するかもしれないって言ったの、イワサダさんじゃないスか。」

そう若大将が言ったかどうかは不明ながら、
こもりつづけて、足が退化しそうになっているときに、
彼が連れ出してくれたのは、こちら。



東京ビッグサイト。東京マラソンのゴール地点です。

当然ですが、走るのではなく、インタビューです。
だれにインタビューしたかは、【Tarzan】にて!

ちなみに、編集部に向かう途中の地下鉄で、
カメラゼッケンと取材証をじゃらじゃらつけた外国人さんが乗車。
あわてて、メトロマップを出し、ここに行きたい。このラインでいいのか? と。
思うに、福岡や大阪に比べ、東京の街や駅って、英語対応がめっちゃ遅れている。
プレスも取材しにくかろうなー。

NZ地震

ニュージーランド地震から、今日で一年。
南半球に向かって、そっと手をあわせる朝。

そして思う。
どうして自分は生きているのか。
なぜ生かされているのか、その意味を考える。
病気らしい病気もせず、カラダも十分に動く。
まわらないのは首だけ……って、そりゃ別の問題だってば。

悩むより進め。
まずは「具体的な行動」ですね。
そうでした、そうでした。

しばらくこもります。
ciao tutti.

安全会議

エコが流行り、クルマも燃費で選ばれるような時代。
でも、安全なくして平和なし!
本日はゼロクラッシュ・ジャパンの打ち合わせ。

安全装置の開発&普及への提言と同時に、
いかにユーザーに、上手に使いこなしてもらうか。
いずれもジャーナリストとしての課題であり使命なんだけれど。

一日が72時間くらいあればいいのに。

握力

厚労省の研究班によると、握力の強い人は長生きだそうな。
やっぱり……。
私、握力が50kg近くあるんですけれど。
たいていの瓶が、開けられるんですけれど。

90歳まではバリバリに生きるだろうと漠然と思っていたけれど、
これでまた確信したような。

……退職金のない仕事だし、年金はアテにならないし、
ちょっとは貯金しとかないとマジやばいかも。

夢の印税生活を目指して今日もひとふんばり。