休眠預金

政府が休眠預金を活用しようとする考えを出した。
いろいろな理由で、放っておかれている預金。
使わなくても生活できる、というか、どうでもいいお金?ならば、
よりよい活用をしてもらった方が、お金にとってもいいのではないかと思う。
まあ、どんなお金なのかは、人それぞれなので勝手な言い分なのだろうけれど。

しかし思うのは、銀行の解約規定の面倒くささだ。
以前、58円しか入っていない(千円以上はカードでおろした)家族名義の口座が、
10年以上、放ったらかしてあったので、
家族に代わって解約しにいったら、追い返された。
会社員ゆえ、今後も会社を休んでまで、58円のために解約はしにいかないことだろう。

一万円以下の預金で10年以上放ってあれば休眠預金というならば、
(一万円以上だと、持ち主に連絡し確認してくれるらしいが)
家族が行っても解約できるようにして欲しい。
本人のサインと、同意書と、判子と、代理人の身分証明書くらいつけるのになあ。
58円の残金で追い返されたときは、愕然としましたよ。
通帳、捨てて、こんなもの世の中から抹殺してやろうかとさえ思ったり。

過去20年分の通帳が捨てられない性格なので、ぜったい無理!

休眠預金をうんぬんする前に、もう少し休眠預金減らす努力をしてからだと思います。
……と、ここまで書いてはっと気づいた。
そうか、これはやたら管理費がかかってしょうがない休眠口座を減らすために、
銀行と政府が結託して行っているキャンペーンなのでは???

原稿書いて、夕方打ち合わせをして、夜はバリキャリ女子との集い。



梅花、五福を開く。

梅花は冬の厳しい寒さの中で芽を出し、
百花のさきがけとして美しい花を咲かせます。
そうありたいと、アラフィー女子は乾杯して盛り上がるのでありました~。