飛ぶようにすぎる週末、そして半年終了

おかしい。
まったくもって、浦島花子である。
私の週末は、どこへ行ったんだろう。

今年の一冊めを週末にリリースし、
二冊目も、原稿は手を離れ、
来年に向けて一冊目の取材と現段階のまとめと、
二冊目のプロット作りをしなければいけないというのに、
細かな家仕事と、雑務と、短いクルマの原稿を書いているうちに、
どんどん時間が過ぎていく。
やばい。

そして、今年も半分終了の本日は、某誌の座談会へ。
どこでどう突っ込んでいいのか、
タイミングがとれず、あわあわな状況に。
すいません~。
あとは、なんとかまとめてください!=やり逃げ。

AACN研究会

本日は、AACN研究会です。

日本では「ヘルプネット」が有名なACN(事故自動通報システム)。
欧州では2015年10月から法制化が決まり(ただし、諸事情で遅れそうとの情報も?)
日本の対応が問われ始めているところ。

AACN研究会は、ACNの前に、さらにアドバンスドのAが着く。
ACNをさらに進化させ、事故と同時に車内乗員の受傷度を知り、
同時に医師を現地に行かせることで、死者数削減できるシステムを構築中。

P1080634

チームJAPAN。ここでも、メーカーや各省庁、研究者、関係各社の枠を超えて、
死者削減へと取り組み中。

私のような文系児童脳は、数字の羅列に「?」が飛び交うばかりですが。
でも、死者数1000人減らすと言っても、
積み重なる数字のひとつひとつには、
名前があり、家族がいて、友人がいる。

大海の一滴、費用対効果の限界等々、いろいろ言われるけれど、
やってみなくちゃわからない。
そして正しい道を進んでいると信じているし。
荒野につくる獣道は、必ずや大動脈になると信じています。

新刊のお知らせ

本日26日、新刊が発売になりました。

講談社「世の中への扉」シリーズ
「わたしたちは、いのちの守人」

世の中への扉シリーズは、小中学生に、さまざまな職業や
世界で起きていることなどを紹介していくシリーズです。
ご購入はこちらから! →こちらをクリック!

P1080637

女の子のなりたい職業として人気の「看護師さん」を取材させていただきました。
表紙は、静岡こども病院のK看護師さんです!

日本医科大学千葉北総病院の、フライトナース、
静岡こども病院の、がん化学療法の認定看護師、
名古屋市立西部医療センターの、助産師(もちろん看護師でもあります)。

同じ看護師でも、仕事の内容はまったく異なり、
それぞれの世界で命と向き合う姿が素敵です。

今回はシリーズのなかの一冊ということで、
文体も、統一感を最優先に書かせていただいたので、
イワサダ節は封印です(そこはちょっと消化不良)。
でも、こどもたちにはきっと読みやすいはず!

障子を開けよ、外は広い

本日は、昨日のトラウマラリーのシナリオ解説を聞きに、
日本外傷学会の総会会場へ!

P1080631

以前、何度か交通外傷のヒントを探りに聞きにいったものの、
あまりにも専門用語が飛び交い、早々に離脱した外傷学会ですー。

昨日の5つのシナリオを、作ったベテランドクターたちが解説です。
これが、ものすごくわかりやすい!
ポイントがどこで、チームの多くがどういう動きをして間違えたか、
どうすればよかったのかを、理路整然と教えてくれます。
パワポは昨日の写真あり、動画あり。
ということは、ベテランドクターたちは、終了後~今朝早朝、これを作ったわけで。
すごい熱意が伝わります!

救命救急は、経験という引き出しをいくつもてるか。
メディカルラリーでは思いっきり間違えられる環境を、
こんなに多くの人たちが作ってくれる。
すごく幸せなことだと思います。
今回、成績がふるわなかったチームも、
たくさん間違え、自分たちがどのレベルなのかを知るだけでも
得るものは、すごくあったかと。

障子を開けよ、外は広い。

トヨタの創設者、豊田喜一郎さんがお父様から言われた台詞。
今回、参加した意志ある若きドクターたちに贈ります!

そして、あれ? 結果は?
優勝は……ないしょ!

外傷メディカルラリー

本日は、トラウマ(外傷)メディカルラリー@日本医科大学千葉北総病院へ!

メディカルラリーとは、医師、看護師、救急隊からなる医療チームが、
救急現場活動や、治療の技術を競い合う競技会のこと(メディカルラリーのサイトから抜粋)。
仮想状況で繰り返し訓練することで、技術もチームワークも磨けますが、
それに競技性をもたせることで、より楽しく、より能動的に学んでいこうというものです。

んで。
今回は、日本外傷学会のオプショナル企画ということで、
研修医+専修医一年目、つまり、医学部を卒業して国家資格をとってから、
三年目までのドクターだけが三人でチームを組むという、全国初の大会です!
ベテランのナースや、百戦錬磨の救急隊員がいないなか、
若手のドクターたちは、自分たちで考え行動しなくては!

さて、どうなる???

P1080608

北は青森から、南は熊本、全国の外傷にとりくむ若手医師が集合です。
三人一組、全16チーム。すでにやる気のオーラがめらめらと!

2

開会式が行われるなか、会場では予行演習が密かに進行中。ん? この方々は??

3

こちらでは、負傷者役を「作成中」。かなりリアルな役作り。
そうです。想定は「熊に襲われた!」です。

大会を支えるのは、千葉県の救命救急を支える救急隊や、医療関係の学生さんたち。
中心となっているのは、北総病院を中心に切磋琢磨する『北総救命会』の方々です。
シナリオを作ったドクターたちも、評価者(採点担当)として駆けつけています。
みなさん、当直明けや、休日を使っての参加。
救急医療の底上げをしたいという熱意が、ひしひしと伝わってきます。

今回のシナリオは5つ。ベテランのドクターたちが考え抜いて作ったもの。
1)災害の多数傷病者=すばやいトリアージ
2)救急車のなかでの活動=救急隊の立場になって行動し共通言語を知る
3)夜間、自分たちしかいない病院に重症患者が=的確な治療開始と上級医への正確な申し送り
4)山中でけが人発生。熊出没中で安全確保はどうする=増えるけが人に対応せよ
5)そうじ道具を持って移動中に、ひき逃げ事故を発見=人間性が問われます

いろんな要素や裏テーマが隠されています!
私は、4)と5)を中心にチェック!(すっかりスタッフ気取り……)
まずは、4)から。

4

血まみれの患者を見つけて、さっそく治療を開始する研修医!
救急隊員役の防護服は、「南会津消防本部」からお借りしたもの。
役作り、徹底しています。

会津では、熊による患者さんがとても多いので、リアル設定です!

5

一方、少し離れたところでは、幼稚園児が腕から血を流している!
そして、呼吸もヘンだ! どうする、研修医!

半狂乱なお母さんも登場します。研修医は「家族への説明」という要素も求められます。

さらに、治療中、熊が! 熊が襲い掛かってきた!
パン! パンパン!
逃げる研修医。響く銃声音。猟友会により熊、射殺(ごめんね、熊)。
研修医の安全は確保されました。治療、続行です。

6

シナリオが続くあいだ、ずっと倒れつづける、エセくまもんと、パチりらっくま。
みんな、本気だ! 本気すぎる! 笑ってはいけない。笑ってはいけない……ぷぷっ。

7

そうこうするうちに、安全確保にあたっていた警察官が、いきなり倒れている!
どうした、警察官! 研修医は、倒れた理由をつきとめ、対応しなければ!

そして、響く「終了ー!」の声。
タイムアップです。やりきった感のあるチーム、ただ、ぼーぜんとするチーム。
さまざまな表情です。

そして、後半は、5)のひき逃げシナリオを拝見しました。
通行人をクルマの下敷きにしたまま、運転手は逃走!
エンジンがかかったままのクルマ、まわりは交通流ががんがん。
研修医はこの状況に、ちゃんと対応できるのか?

8

さっそく掃除用の手袋をつけ、自己の安全を確保する研修医。さすがだ。
しかし……。

エンジンを切らないとか、三角表示板たてないとか、
下敷きの人を救出するためのジャッキアップが使えないとか(多数!)、
さらには、人が下敷きになってるっつーのに、クルマに乗り込む研修医。
おい!

私、モータージャーナリストとしての無力さを痛感しております。
もっと事故時の対応もなんとか伝えていかなければ……。

9

と、そうじゃなかった。メディカルラリーでありました。
ベテランドクターの、厳しいチェックの目が光ります。

治療道具がなにもないまま、研修医たちは自分たちの目と耳と、
身の回りにある掃除道具で、どこまでけが人に対応できるのか?
おおお、そうか、そこまでできるのか。
大変、勉強になりました!

そして思いました。
人は、本当に真剣になると、ものすごいパワーを発揮し、
そして、ものすごいことをするのだと(謎)。

すごく楽しかったです。
参加者のみなさん、スタッフのみなさん、お疲れさまでした!
ラリーのシナリオ解説と、結果発表&表彰は、明日の外傷学会にて!

日本交通科学学会

昨日は、思いのほか心昂ぶらせてしまったけれど、
本ちゃんはこちら。
日本交通科学学会です。
医学と工学が連携した学会はここだけ。
交通事故を減らし、被害を軽減するためのヒントがここに。

P1080584

日曜日だっていうのに朝8時30分から、夕方18時近くまで、
休憩なしのノンストップ!

当然、トイレタイムもありません。
勉強させていただきましたー。
今日、いちばんの驚きは、東京都市大学を中心とするメンバーが報告した、
「軽自動車における側面衝突事故再現解析」。

側面衝突の場合、ぶつかった側の乗員の被害が大きいものだけれど、
軽自動車の場合、遠い位置にいる人の被害が大きくなる。
それをCAE解析(コンピュータ上でアニメみたいに動くやつ=こんな説明ですみません・汗)し、
おおお、こういうことか! と納得させていただきました。

そしてわかったことは……。
スポーツカーってそうなんだ……。
この解説はまた後日!

ハイパーレスキュー

本日は、日本交通科学学会オプショナルツアーで、
ハイパーレスキューこと、消防救助機動部隊と、東京DMATの連携訓練見学です!
伺ったのは第二消防方面本部。
私が芝消防署の取材でお世話になった、U士長とO士長も現在こちらで活躍中です。

P1080435

おおおー。ついに足を踏み入れました。
消防ファン垂涎の、聖地ともいえるハイパーの敷地!
消防取材以降、自称応援団OGとしても心踊りまくりです!

想定訓練開始。
乗用車が交差点でハンドル操作を誤り、二人跳ね飛ばした上、
ひとりを巻き込んでマンションに突っ込んだというもの。
乗用車はマンションにめり込んで、車内から脱出不能!
「252が3!(要救助者が三名)」という設定です。

P1080437

指令、入電中。

P1080440

まずは救急隊が駆けつけます。ほんとは、ふつーの救急隊員が行きますが、
今回はハイパーレスキューとの訓練ゆえ、ハイパーの機動救急救援隊が救急隊員の役をしています(た、たぶん)。

さいしょに、倒れている二人に声かけ。複数傷病者ゆえ、まずはトリアージです。

P1080441

さらに、クルマの下敷きになった人のところへ! こ、これはー!
救助隊の要請を~!

P1080450

指揮隊車が到着! すぐに本部を設営!

東京消防庁では、管内の交通事故は指揮隊車が出ます。
現状を把握し、隊の増強が必要であればすかさず要請します。

P1080453

要請された救助隊、到着です!

P1080454

指揮隊は、作業が安全に行えるよう、規制線を張ります。
これも、とても大切な仕事。交通事故の場合は、警察が行うことも多いです。

P1080476

車両の下敷きになった人を救出すべく、エアークッションみたいなもので、隙間をつくる救助隊員。

P1080479

このときすでに、東京DMAT(ドクター)も、必要な処置をしていきます。

P1080489

下敷きになった人を救出したあとは、マンションにめりこんだ乗用車をひっぱりだします。

可搬式ウィンチ・チルホールしか見たことのない私。
救助車両での巻き上げ、初めて見ました~。感激~。

P1080515

さらに、ドアが開かないため、救助隊員がスプレッダーとカッターを使って、
ドア部分を切り開きます。

エアですごい力を出すため、救助隊員二人がかりでも、支えるのが大変……、って、
取材中には聞いていたけれど、目の前で見て納得!
このとき、要救助者の気道を確保すべく救急隊員が頭部を保持し、
さらにドクターにより点滴のラインが一本、とってあります。

P1080547

ドアを開放し救出された要救助者。意識喪失したため、すかさずドクターが気管挿管します。

交通事故をはじめ、現場への医療投入ってすごく大事。
でも、救助隊が上手にできても、ドクターの腕がよくても、
お互いの連携がうまくいかなくては、力を発揮できないのも事実。
こうした訓練を通じて、体で覚えていくのは必要なんだと改めて思います。

終了後は、機動特科隊が扱う車両の数々を見せていただきましたー。
クルマ好きには、たまりませんなー。
みなさん、ありがとうございました!