みんな、ありがとう!

来たぜ、神戸!
第44回全国消防救助技術大会です!
s-P1110188
前日入りしました。
神戸学院大のキャンパスにつくられた訓練塔です。

s-P1110189
ここが2コースのスタート位置。
どきどきしますー。

s-P1110203
開催地である神戸消防の方々が、最終確認をしています。
本当に、多くの人が大会を支えています。

神戸学院大、めっちゃきれいなキャンパスです。
取材者としては、事前チェックで会場をくまなく確認です。
むう、ここが本部席。ここが待機場所、ここがウォームアップ場所。
こっちを通ったほうが行きやすくて……もちろん、トイレの場所もチェック!

s-P1110227
各ブロックを勝ち抜いた救助隊員たち。
会場の下見です。訓練塔の上には上がれません。なんと、一発勝負!

たしかに、要救助者を助けにいく場所は、毎回ちがうもの。
予行練習なんてできるはずもなく。
ついでに、減点も致命的なほど厳しくとられます。
減点=命にかかわる救出の現場ならではのルール。

s-P1110250
当日の開会式です。
我が、芝二部特別救助隊もここにいます。感動ですー。

2012年、7ヶ月にわたり取材させていただいた、
東京消防庁芝消防署二部大隊。
初めてロープをわたったころから応援している隊員たちが、
隊員の異動や、訓練塔のハンディを乗り越えて、
関東を勝ち抜いて全国に出るなんて、取材者冥利につきます!

s-P1110275
こちらは、水中の部の会場。
芝二部の隊員が、出場します。がんばれー!

s-P1110289
会場では、消防イベントも盛りだくさん。
こちらは、パペットで防災を伝えています。

パペットの声が、めっちゃ枯れていて大ウケ!
きっと消防学校の生徒さんなのかな。
訓練しすぎでハスキーすぎる。

そして、競技開始。
応援しすぎて、競技の写真はありません。
撮っている場合じゃないでしょ!
精一杯の声援をおくります!=単にうるさいだけ。
そして結果は……!

陸上の部、水中の部、ともに、
ミスがあり入賞を逃しました。
たしかに結果は大事。
でもね。

いろんなことがあって、いろんな思いを乗り越えて、
本当に本当に、人生かけて一所懸命がんばって。
私は途中、無理かもって思ったときもあったけれど、
彼らはずっと、自分と仲間を信じ続けて全国まできたこと。
信じること、信じ続けられること、一所懸命やれること。
それって、すごいなって思いました。

目標には届かなかったけれど、
一所懸命がむしゃらにやることって、悪くないなって、
本当に本当に思いました。
損か得かじゃなく、だれかが見ているからじゃなく、
ただ、自分と仲間のために、ひたすらがんばるってすごい。
そんな生き方を、人生のうちのほんの短い期間でいいから、
私はやってきたのかなって、ふりかえりました。
そして、まだあきらめたくない、いまからでも彼らのように生きたいと、
本当に本当に思いました。

s-P1110283
闘い終えた芝二部特別救助隊の隊員たち。
顔と名前は、消しておきます。一応ね。

みんな、本当にありがとう。
魂のレースを、ありがとう。
神戸につれてきてくれて、全国の景色を見せてくれてありがとう。

そして私は燃え尽き症候群。
がんばるって、どの口が言ったんだか……。

ちゃくちゃくと

昨日は、この界隈を。

s-P1110187
だいぶ迷わずにいけるようになりました。
近そうで近くない霞ヶ関のビル群。とくに雨の日・涙。

そして、本日は講談社。
今冬、出来予定の原稿が、校閲さんからもどってきましたー!
ぎゃー!
いつも厳しい校閲さん。勉強になります!
そして、担当さんから、編成表も見せていただきました。
どのページに章の扉を入れて、イラストを入れて……という、
書籍も雑誌も必ずつくるもの。雑誌では「台割(だいわり)」って呼んだ記憶が……。
今回は、カラーページをはさみこむため、編成表は必須。
文章の長さも、ちょこっとだけ調整します。

編成表ってどんなもの?
興味のある人は、青い鳥文庫版「青い鳥文庫ができるまで」の、
144ページを見てね!

表紙

今冬出来の本の、プロローグとあとがき。
あとがきは、著者の「言いわけ」として唯一、自由に使えるページなので、
言いわけの多い私としては、気合の入るところです!(違)

そんなことをしていると、編集さんからメールが!
「表紙のイラストのラフが出ました!」

おお、これは……!!

編集さんの狙いどおりの、めっちゃ……な(ここ、秘密)イラストが!!

表紙ができてくると、わくわくしますー。
校正もしっかりやらねば。
しかし、あんなに完成校のときにしっかり見直したのに、
なんで校正段階で、こんなにわけわからない文章であることに気付くんだろう……。
世界の七不思議。

歴史が苦手

歴史が苦手です。
過去には興味がないといった方が正しいかも。
だから成長しないし、同じ失敗をするともいいますが(汗)。

同じ理由で、自分の写った写真が苦手です。
見て楽しむ、という行為が苦手なのです。
「あそこ、行ったよね」「あのとき、楽しかったよね」
過去の楽しかったことを思い出している時間が、
どうにも居心地が悪くて。

過去より未来。昨日より今日。そして、明日。
昨日より、もっと楽しい今日にすれば、写真でしみじみすることもない。
明日はもっと面白い日にするぞと、そんなふうに過ごしたいわけです。

でも、たまに、ふいに見た景色に過去にひきもどされて、
しんみりすることだってあります。
たとえば、ここ。
s-P1110152
田町です。JR田町駅からの風景。
愛車の12ヶ月点検で、久しぶりに通りました。

もう、思い出の場所はなくなってしまったけれど、
ここからの景色を見ると、簡単にあのころにタイムスリップします。
あのころって? 答えは今週末に!

パワー充電

雑誌の仕事は、翌月には結果が出るけれど、
書籍の仕事は、来夏出来の取材をいまやって、原稿は半年前に締め切り。
10年やっていても、その時間の流れに慣れない。

本日は煮詰まって、友人たちに会いに。
まあ、これで元気出してよと、ミルクティーもらいました。

s-P1110151
あふれるほどの元気印な友人たち。
いつも、パワーをくれてありがとう。みんなとつながっていられて、本当に幸せです。

危険なのんびりモード

先週、ゆったりとした時間のなかで過ごしていたら、
月曜日になって、いっせいにメールがどかどかと!
自分で意識していたわけじゃないのに、
カラダはすっかりのんびりモードに順応しきっていて、
あわあわな状態。

s-P1110150
現在、校正まっただなか。
今冬に出す予定で進行中の次回作です。

自分が書きたい本と、まわりがのぞんでいる本は、
同じというわけじゃない。
文体を変えろと言われるのは、不本意だけど、
「イワサダさんの文体で、こんな感じで!」というリクエストは、
自分への挑戦であり、それで読者が喜んでくれるのなら、何度でも。

しかし、この本、校正しながらなんども泣いちゃって、
そんなときに宅配便がきたりするもんだから、大変なことに!

お盆

フリーランスに夏休みもお盆もないけれど、
仕事相手の企業が休暇になると、電話もメールもなく静かな日々。
ゆえに毎年、この時期には原稿と資料読み込みの日々。

趣味、仕事。
なんかほかになにもできなくて、
恥ずかしいなあと思ったころもあるけれど、
最近は、堂々と言えちゃったりして。
取材でお会いした人がどんどん増えていくことが、
この上ない幸せだったりして。

そんな夏のおこもり10日間。
支えてくれたのは、まずこちら。
s-P1110134
ぶどうです。大きいです、甘いです!
Kさん、ありがとうございます!

s-P1110136
そして、こちら。生チョコなんだけど、新潟は胎内の銘菓ゆえに米粉入り!
もっちりぷるぷるな食感がたまりません! Iさん、ありがとうございます!

s-P1110146
そして、こちら! 実家にもどったら、姉の家のぽん太が遊びにきていました。
かっわいいー! すでにいい年齢なのに、美魔女ならぬ美オヤジです

たくさんの友人の差し入れや、激励に支えてもらって、今年も後半、がんばります。