安全を考える

安全技術は、いくら作っても、ユーザーがちゃんと使わないと宝の持ち腐れ。
じゃ、その情報は、だれがどうやって伝える?
いつもながら、ぐるぐる巡ってドツボにはまる状況です。

ブリヂストンのセーフティ・トレーニングをやっていたときも、
これで何人、救えたのかな。
来年も、ちゃんとおなじように注意してもらえるのかなと考えると、
自分の活動が空回りしているようで、落ち込んだものでした。

自分の身を守れるのは、自分だけ。
自然災害も、交通事故も。

s-DSCN0593
東京駅で見つけた、大泉洋さんのポスター。
遅れてきた「どうでしょうファン」のワタクシ、このポーズを見るだけで勇気付けられます!

PHEV一気乗り

本日は、【レスポンス】主催、
プラグイン・ハイブリッド一気乗り試乗会。
こんな機会は、めったにないので、嬉々として参加させていただきました。

s-DSCN0589
台風予報だったけれど、見事に晴れました。
編集長Mさん、さすがです!

乗ってみると、同じPHEVでも、機能はさまざま。
そして、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)も、さまざま。
いや、むしろ、こっちのほうが、PHEV系~自動運転のキモになるような?

インプレ&座談会は、【レスポンス】にて!

社会受容性

自動運転を考えるにあたり、社会受容性という言葉を改めてかみ締める日々。
自動車メーカーが考える社会受容性は、いかにクルマを売るかという視点ははずせない。
でも、ほんとにそうなのかと思ったり。
自動運転なんて、公共交通機関に限りなく近いから、
クルマは「保有」しなくなるんじゃないの?
カーシェア、ライドシェアへと方向を変えていくんじゃないの?

いずれにしても、社会受容性というからには、
社会を考える必要あり。
会社としかつながっていない技術者男性より、
社会とばっちりつながっている女性陣に考えてもらうほうがいい気がするのは私だけ?

s-DSCN0587
そんな会議のあとは、糖分補給。
歯列矯正をはじめてからずっと、おやつ禁止だったけれど、今日はいっか!

雑念だらけ

こもりにこもって原稿書き。
年齢とともに集中力が落ちているっていうのに、
私のアタマを揺り動かすいろんなものが発動されているらしく、
脳みそシェイクされて、進まないこといったら・涙。

DSCN0580
銀座の街に繰り出したわけではありません。
世界を股にかけて飛び回っている方々と懇親させていただいた帰り道。
世界は広いなー。

DSCN0583
内閣府会議もあいかわらず、行っております。
途中、見かけた白バイ警官に萌えー。

自動運転になったら、白バイもいなくなるんでしょうか。
それはちょっとつまらないなあ。

イタリア中部で起きた地震。
亡くなった方のご冥福を祈るばかりです。
Pray for Italy.
Preghiamo a Italia.

ドクターヘリ事故

今月8日、神奈川県のドクターヘリが着陸時に態勢をくずして損傷した件。
現在、事故調査委員会がはいって、原因を究明中です。

上空5mは、すでに着陸態勢に入った状況。
以前、機長さんに取材させていただいたところによると、
着陸態勢に入ったときがいちばん緊張するときで、
いろいろな状況変化に対応できるよう、細心の注意をMAXにするのだとか。
とくに厳しいのは、後ろからの風。
そのため、着陸する前には、機長と隣に座る整備士とで、
上空から周囲を確認し、風向きや強さを把握してから着陸態勢に入ります。
もちろん、フライトドクターや、フライトナースも、クルーとして、
後方確認などを行い、障害物がないかなど、きちんと確認します。
でも、雷にあたるくらいの確率で起きる予測不能の突然の突風だけは、どうにもなりません。

原因が明らかになり、事故の再発防止が急がれるところです。

そして、ここでお伝えしたいのは、
フライトドクターとフライトナースに怪我はなく、
地面に着陸したあとは、すみやかに救急車に移り、
治療を開始できているということです。

病院到着まで、ドクターヘリなら7分半のところ、救急車で20分かかり、
最終的に患者さんが亡くなられたことはつらい事実ですが、
患者さんの救命に一番大切な「初期治療開始」は、すみやかに行われていました。
輸液の投与や、昇圧剤、そのほか、医師でなければできない医療行為は、
そのまま救急車で病院に搬送するよりも、ずっと早く開始できています。

亡くなられた患者さんのご冥福をお祈りします。
そして、空の安全を、心から願い、
交通事故を減らす努力を続けたいと思います。

s-IMG_4919
*写真は、取材中に撮影させていただいた千葉県の北総ドクターヘリのもの。
事故とは一切、関係ありません。また、事故機とは別の種類の機体です。

Gベクタリング

本日は、大幅改良したアクセラ。
Gベクタリングが投入されました。
アクセル操作に応じて、クルマの動きを予測して、クルマの動きを最適化して……って、
日常生活においてぜったいに使わない脳の部分で理解しなければならない機能です。
ただ、その効果たるや、すごい。
とくに、運転が苦手で、長距離や、コーナリングや、雪道がいやって人には、
頼もしい味方になってくれます!

s-DSCN0573
アクセラのセダン、スポーツ、ガソリン、ディーゼル、HV、すべて投入。
マツダ、勢いあるなあ。

午後は綱渡りで打ち合わせ~会議~所用。
本日も、ジグソーパズルがぴたっとはまったようなスケジュール。