7月17日(火)~20日(金)

14日(土)~16日(月)は、カレンダー的には三連休。
そしてなぜか、掃除して原稿を書いていたら、例によって終わる三連休でありました。
週にいちどのキッチン&トイレをびかびかに磨くルーティンワーク、
なぜかこのところ、ものすごく早くまわってくるような気がして仕方ありません~。

【17日(火)】
うなされるように原稿書いたり、資料を読んだり。
資料を読んでも読んでも、頭のなかに入らない……。
青魚をもっと食べるべき?

【18日(水)】
原稿書いて、打ち合わせ。
とてもありがたいことに、私のまわりには、バカな私に知恵をくださる方が大勢いて、
本当に、みなみなさまのおかげでなんとかやっていることを痛感しておりますー。

【19日(木)】
朝からあせりながら、午後の会議の資料読み。
そして向かった先は、桜田門。



警視庁の会議です。警視庁、本気です。ここでがんばれば、10年先はちがう未来が必ず待っている!

【20日(金)】
私のなかで、夜と昼の境界線は、4時。4時になれば朝。3時59分は、前日の夜。
そして目覚まし時計は3時50分に鳴ったのでした。早い。早すぎる。でも、あせるのいやなんで~。
すっかり登っていないけれど、気分は相変わらず山屋ですし、夜中起きは苦にならず。
(夜更かしは超「苦」なんですけれど)。
向かった先は、某研修施設。
スペシャリストを養成する、特別な場所に潜入させていただきました。
これで、カンカン照りなら、絶対倒れるとびびっていたものの、
神は私を見捨てず! ひんやりクールな気候で、生き延びましたー!

昼で仕切りなおしをして、午後は、
これまた、そんじょそこらでは、絶対に! 入れない某事務所へ。
背中に天使の羽が生えているんじゃないかってくらい、
ものすごくおだやかな担当者さまにお会いして、
このところ、なりふりかまわずガツガツ働いている自分を猛省するばかり。
そして最後はなぜか、ヘリコプターの話で盛り上がり、こんなものが登場!



ドラえもんのタケコプター! めっちゃかわいい! しかも、手回し発電で飛びます。エコです!

小学館から出されています。1500円! 安い!
「欲しい!」 と言ったらすでにもう、完売だそうです。がーん。
追加オーダーされているようですが、タケコプターの製造が遅れているらしく、手に入るかどうか……むむむー。

いじめ問題。こどもたちへ。

連日、報道されている「いじめ問題」。
ネットニュースを見るたびに、むかついたり、せつなくなったり。
ただ、報道は二次情報で、報道している人の視点で編集されているため、
報道されている件に関するコメントは、控えたいと思います。

小中学生時代、私も軽い「いじめもどき」にあったことがあります。
きっかけは、本当に些細なことで、
でも、こどもにとっては、そういうきっかけって、とても大きな「理由」になるんだと思います。
数日間、クラスの女子に口をきいてもらえなかったけれど、
それが「解けた」のは、ひとりの女の子の、たぶん「勇気」と「やさしさ」だったかと。
そんなに仲のいい子じゃなかったけれど、
彼女が私に話しかけて、いっしょに折り紙を折ってくれたことで、
周囲の態度が、一瞬で変わったのを今でも覚えています。
うれしかったなあ。

あれが、そのまま続いたら、どうなっていたのかな。
どんどん、エスカレートしちゃうのかな。
いじめはやめたいと思って、行動に出てくれる子の「勇気」も、たくさん必要になるんだろうな。

こんな大人になっても、まだきちんとできていないけれど、
ひとつ、心がけていることは、
「自分がやられて、イヤだと思うことはしない」
虫を食べろといわれたり、自殺の練習をさせられたり、
私がやれと言われたら、絶対、いや。
だから、そういうことは、たとえ遊び半分でも、絶対にしちゃダメなんだと思います。
ほんとに思うよ。絶対、いやだもん。

以前、ある友人が言っていた言葉を、もういちど。
小中学校や高校って、いろんな人が同じクラスに集められているけれど、
大学や就職先になると、それが好きな人が集まっているから、趣味も話しもすごく合う。
もっと大人になったら、もっと楽に生きていけるようになるよ。

トークセッションのお知らせ

いよいよ、今月末に発売される新刊、
「青い鳥文庫ができるまで」。
講談社、青い鳥文庫のサイトに掲載していただいています。
おとなりは巨匠、石崎洋司先生……恐縮です! →こちらをクリック!

そして、なんと!
丸善&ジュンク堂書店さんで、
トークセッションをさせていただくことになりました!



青い鳥文庫のサイトで、紹介していただいています。 →こちらをクリック!

こどもたちの、夏休み宿題応援プロジェクトの一環です。題して、
「本屋さんで夏休みの自由研究をやろう!」

8月11日(土)13時~ @丸善&ジュンク堂書店 渋谷店
8月18日(土)13時~ @丸善&ジュンク堂書店 梅田店(大阪)

定員は40名。えーっと、対象年齢は、夏休みの宿題がある「こどもたち」です!
大人の方のお申し込みはできません、すみませんー。

お申し込みはこちらから。→クリック!

私が話をする、「作家さんに、どうやって本を書くのかを聞いてみよう!」コースのほか、
編集部見学ができる「編集者さんに、本をどうやって作っているのかを聞いてみよう!」、
書店員さんの仕事が体験できる「本屋さんを体験しよう!」の、
3つのコースからお選びくださいませー。

青い鳥っ子のみんなに会えるのを、楽しみにしています!

7月9日(月)~13日(金)

【9日(月)】
某巨大プロジェクトの地下組織に潜入。
エリア的に、某自動車メーカーのそばだったので、
この極秘取材中に、だれに見つかるかとひやひやしながら、
帽子を目深にかぶってみたり=自意識過剰。
プロフェッショナル軍団の予想以上の動きに右往左往しながら、
ついていくのが、いっぱいいっぱい。



オフィス出発前に、お菓子いただきました。ほんのり梅風味。
ありがとうございますー!

【10日(火)】
朝、所用を済ませ、午後は試乗会に行きそびれていた、
レガシィ+BRZの、一人試乗会。
返却するとき、ガソリンが数リットルしか入らないので、
スタンドのお兄さんに不振がられまして……。
仕事です! 私、これも仕事ですから!

【11日(水)】
取材。
来夏に向けて、スタートしています。
次のターゲットは……まだナイショ!
まだ始まったばかりですが、予想通り、いえ、予想以上のすばらしき世界です。
なんたって、私、精神年齢15歳。
私が「ぎょえー、これ、めっちゃ面白い!」と感じるものは、
絶対にこどもたちにも「すごい!」と思ってもらえると信じて。



どうも、周囲にじろじろ見られると思ったら、
取材終了後も、腕章はずしそこねて、うろついておりました。とほほー。

【12日(木)】
取材です。外にいる時間が長いので、暑さで倒れそうです。
精神年齢は若いんですが、体力年齢は〇X△ですからー。
ただ、倒れている場合じゃないので、熱中症防止用の飴、買いました。
こっそりなめているんですが、口のなかに放り込んだとたん、
取材対象者サマがその手を止めて、「質問ありませんかー」と聞いてくださる……。
不謹慎ですみません、すみません! 
でも、これがないと私、倒れます。マジ、倒れますからー!



一応、二種類、買ってみました。次回はアクエリアス水も大量に用意しようと思います。

【13日(金)】
ユ〇クロづくしの取材着から一転、ちょっとばかし洒落込んで、
港区の高層ビルのてっぺんにある、リストランテSへ。
バリキャリな女子友とパワーランチ。
私の世代になると「もう」と「まだまだ」の感情が激しく交錯。
私の「もう」は、彼女の「まだまだ!」で、彼女の「もう」は私の「まだいける!」。
そしてランチ終了するときは、お互い「倒れるまで全開バリバリよね!」と、
ワケのわからないアドレナリンに包まれているという。
これがいいのか、悪いのか。周囲には大迷惑のような気がしないでもない。

終了後は、発売から5年もたつのに、
相変わらず「しっぽをなくしたイルカ」を平積みにしてくださっている、
ニコタマの紀伊国屋書店さんへ、表敬訪問。
なんと、夏のフェアを開催中で、レジ脇に「ハチ公物語」ともども、
平積みで置いてくださっていました。ありがとうございますー!

多くの方のご協力で、取材~執筆したものが読者の元へ届けられていきます。
ありがとうございます!

首都高湾岸線事故

11日(水)に起きた、湾岸線の多重衝突事故。
ワンボックス乗車中の6人が死傷している。
大型トレーラーには、乗用車のもぐりこみ防止装置が着けられていたし、
ワンボックスは乗用ミニバンで、国交省の衝突安全基準をクリアしている。
しかし、現実の世界では安全装置など無意味な事故が多発する。

【警視庁担当各位】
今回の加害車両ドライバーは、70代の男性で、
「前方の状況に気づかなかった」という趣旨の話をしているという。

「高齢者ドライバーの前方不注意」

そんな簡単な結論で終わらせないでもらいたい。
警視庁は、ドライバーの会社に勤務実態を捜査しているというが、
あわせて、ドライバーの既往歴も徹底的に調べていただきたい。
「てんかん」ほど、厳しい運転制限はなくとも、
「睡眠時無呼吸症候群」や「糖尿病」による意識低下は、
医療関係者のなかで問題視されている。
クルマの運転だけでなく、重機や危険を伴う作業現場での事故が絶えないからだ。
こうした既往を持つ人の、運転制限をしろとは言わない。
しかし、既往を自覚させ、改善し、対応することはできる。
原因を正しく解明しなければ、
「前方不注意」「速度超過」で、事故原因を終わらせてしまったら、
いつまでたっても、事故はなくならない。

【乗用車ドライバーのみなさんへ】
追突されるのは避けられない? そんなことはありません!
私たちにも、ある程度の自己防衛はできます。

高速道路で渋滞の末尾につくときは、そのまま止まってしまう前に、
必ず、ルームミラーで後ろのクルマが減速しているかどうか、確認してください!
特に大型車両なら、なおさら。
うしろが乗用車で、二台うしろが大型トレーラーなら、そのトレーラーの動きもぜひ!
(トレーラーは、乗用車2~3台は、軽くつぶしてきます)
前方の渋滞に気づいたら、前方に十分すぎるほどの間隔を保ちながら、
後方車両の動きを確認するだけで、自分を守る余裕が生まれます。

衝突時被害軽減ブレーキが大型トラックに標準装備されるべく、
動きは加速しているものの、道を走るすべてのクルマに搭載されるのはまだ先の話。
自分自身で、タダでできる安全確保を、ぜひぜひ!

新刊案内!

このところ、平日にばたばたと動き回ったり、資料を読んだりして、
週末にたおれこむように原稿書きに突入するというパターン。
「フライトナース ハナ」ちゃんの、第三巻も書きたいんだけどな。
自分で時間を作らないとダメとは思いつつ、
目の前の細かい原稿にアップアップ。

そんな私のところに、担当ももちゃんから一枚の紙が!



講談社の7月発売の児童書にはさみこむ、「新刊案内」です。
なんと「青い鳥文庫ができるまで」が、扉にどかーんと! ありがとうございます!

表紙イラストは、天才、藤田香画伯です。
ノンフィクションなんですが、
どたばたな内容&描写もかなりギャグっぽい文章にしたので、
表紙もイラストにしていただきました。
画伯の絵、超かわいいです~!

7月2日(月)~6日(金)

一週間の時間の流れが、ヤバイくらい速い。
これは忙しくて「イイコト」なのか、加齢による「ワルイコト」なのか……。
プレイバック一週間。

2日(火)
5月末から、こそこそ動いていた企画がやっと前進。
ターゲットはクリアに見えているのに、なかなか届かず、
なんだか夢の中で全力疾走しているような気分だったけれど、
やっと夢から覚めて現実の世界へ突入。
気を引き締めて、始めの一歩。



そしてまるでお祝いのように届いた、赤い宝石!
Yさん、ありがとうございます!

3日(火)
愛機を車検へ。
今回は、goodさんにびっかびかに磨いてもらったので、
自信をもって、出しました!
だっていままで、12ヶ月点検など、どろんどろんの状態で出していて、
メカさんに「乗ってます?」って悲しそうに聞かれていたんです……。
goodさん、ありがとう! メカさん、よろしくです!

午後は、HEM-Netの理事会。
デザイン提案が上司に却下される、
カーデザイナーの気分がちょっとわかる気がする(謎)。

4日(水)
午前中に講談社におじゃま。
な、なんと!
「ハチ公物語」、台湾での出版が決定です!



「ベイリー、大好き」も、台湾で出版されます。嬉しいです!

午後は、打ち合わせをもうひとつ。こちらの企画も楽しみです!

5日(木)
久々の4時30分起き。夏はこの時間でも明るいし、寒くないし、ノープロ。
向かった先は箱根。シトロエンDS5の試乗会です。



巨匠と若大将、仕事中。アングルにこだわりが、びしばしです。

詳しくは、【Tarzan】にて!
試乗レポートは、【レスポンス】にて!

6日(金)
取材の一環で、某イベント会場へ。
うーん。リュックを背負ったオバ一名、デジカメ片手にうろうろしていると、
だれがどう見ても浮いている。絶対、浮いている。
いえ、みなさん、私、仕事です。仕事ですから~。

夜は、ジャーナリスト活動を始めたときから、本当にお世話になった、
某広報マン、ついに異動で、壮行会。
Nさん、本当にありがとうございました!