ライバル出現

児童書を書く上で、大切なのはリーダーをしっかり把握すること。
超ヒット作品をばんばん出されている先輩作家サマは、子供が集まる某所(企業秘密!)に行かれるそうな。
なるほどー。

人混みが苦手な私は、なかなかそういった場所に行けずにいるのだけれど、
今日はちびちびキッズとふれあう、とある機会をいただきました。

そこでプレゼントされたのがこれ。

100205

小学二年生作の、絵本。ストーリーそのものも、そうだけれど、ものすごいアイディア凝縮。
子供の柔軟性と発想力ってすごい! 負けそう。いや、負けている=落ち込み。

泣いたり笑ったりすねたり怒ったり、子供の表情はめまぐるしく変る。
でも、一番すごいと思ったのは、ありとあらゆる可能性を秘めているということ。
こういうキッズに向けて書く本は、負けないくらいの発想力で勝負しなくちゃと、改めて思うのでした。

みんな、またねー。また遊んでね!

外気温警告

午前中に原稿を書いて、また昼ご飯を食べそこねたまま家を出るという要領の悪さ。
あと30分早く原稿を書き終われば、ご飯くらい食べられただろう、私!

かばんの中にお菓子をしのばせ、打ち合わせのはしご。
「30分くらい」と言われたので、そのつもりで予定を組んだら、
ああ、やっぱり30分じゃ終わらないですよねー。
地下鉄に飛び乗り、電車のなかで資料に目を通し、
結局、最後の20時終了の座談会まで、かばんの中にKIHACHIのチョコバウムがはいっていて、
よれよれになっていたのでありました。なーむー。

ところで、昨日試乗したゴルフRには、外気温警告がついています。
外気温が4度になると、ポーン、という音とともに「路面凍結しているかも」を知らせてくれる装置。
車種によっては、3度だったり、外気温計の数字がちかちかしたりするのもあるけれど。
これ、欧州車にはありがちですが、日本車ってないような。
どうして? なんで? 日本の道は凍らないの?>そんなわけ、なかろう。
日本人は、路面凍結を気にしないの?>それは、やばかろう。

でも、タイヤの空気圧センサーですら「車両価格が高くなって売れにくいから」といやがるメーカーゆえに、
きっと外気温警告なんて、ぜったい猛反対なんだろうなあ。

100204

「命をつなげ! ドクターヘリ ~日本医科大学千葉北総病院より~」に、
新しい帯をつくってもらいましたー。

NHK「プロフェッショナル」にもご登場され、「コードブルー」の監修もしていらっしゃる、
日本医科大学千葉北総病院救命救急センターの、松本尚先生のお名前を使わせていただきました!
松本先生、ありがとうございます!

そして、今回、お名前こそ出せませんでしたが、いつもいっしょに医療チェックをしてくださっている、
救命救急センター部長の益子先生&医局長の原先生にも、あらためて感謝&感謝ですー。

ゴルフR、シロッコR

5時に起きたら、真っ暗でしびれました。しかも寒い。
道は大丈夫かと不安になりつつも、「雪なし」連絡をいただき(Mさん、ありがとうございます)、
今日は小田原方面へ、試乗会のはしごです。

ひとつはエンバーゴの関係で、まだヒミツ。
もうひとつはこちら。

100203

ゴルフRです。スピードメータには「300km」という数字が刻んであります。ひー。
さらにシロッコRにも、試乗させていただきました。

路肩は雪だらけだわ、外気温計はみるみる零下に下がるわで、ひやひやでしたが、
料金所のおじさんが「気をつけてねー」と笑顔で見送ってくれて、ちょっとハッピー。
ETC、悪くないけれど、こういうおじさんコミュニケが懐かしいです。

試乗インプレは、レスポンスに書きますので、そちらでご確認くださいませー。

夜は豆まき。
昨年は、なんやかんやありましたから、今年は気合を入れてやりました。はははー。

メールインタビュー

青い鳥文庫の、メールインタビューを受けました。
短い文字制限の場合、使う言葉を選りすぐらなければいけないので気を使うのですが、
さらに児童書関連って、正しい日本語を使わないといけないので、
いつもいい加減な話し言葉を、文字にしている私にとっては超大変です。

打ち合わせやら、なにやらで、ばたばたし、
夜は来客もあり、ワケわからないうちに本日も終了。

雪!

原稿書き~ラジオの収録~打ち合わせ~広報車両ピックアップ~試乗会~新年パーティと、
ちょっと綱渡り的な一日。

こういう日は、ゆっくりトイレに行く時間もなく、
したがって、「化粧直し」という、私くらいの年齢女子には不可欠な基本行動すらできず、
(でも、眉毛を描いただけで、うろうろしている取材もあるけれど=特に沖縄&千葉方面)
つまり、業界新年パーティにたどりついたときは、とんでもない状態でして。
お見苦しくてすみません、みなさん。

100201

みなとみらいで行われたBMW5シリーズ・グランツーリスモの試乗会。
走り出してすぐに、みぞれ状態。ひえー。

だけど相変わらず、高速道路の電光掲示板には「チェーン規制」の文字。
スタッドレス・タイヤだっていいんだから、いい加減、表示、変えたらいいのに。

青い鳥文庫のサイト、更新されました。こちらをクリック!

12分の1終了

気がつけば1月も最終日。
あっという間な気がする一方、元日がはるか遠い昔のような……。

そして2月のスケジュール表をひらいて、愕然とするのでした。
あらら? あいている日が……!?
ここからは、テトリス状態。いかに組み合わせて、寄せて、時間をつくるか。

私はいつ、ポタジエに行けるんだろう。オーブンミトンとエシレも気になっているんですけれど、Yさん&Hさん。
埼玉某所は、春でしょーか、Uさん。
ご飯いきたいですねえ……Oさん。
そっちまで飲みに行くって約束は、遠い昔のような……Kさん。
ああ、思い出しはじめたらキリがない。自己嫌悪で悪い夢を見そうだから、考えるのをやめよう。

とりあえずKちゃん、予定決まったら早めに一報、たのみます=私信。

ハイブリッド車の音

国交省からの発表で、ハイブリッド車に音をつけることになりました。
詳しくは、国交省のサイトにアップされていますので、ぜひどうぞ。こちらをクリック!

ぜひ、賢明なジャーナリストの諸先輩方におかれましては、
新聞報道などの二次情報をちょろっと読んで、なぬおーっ! と、お怒りにならないでいただきたいです。
国交省発表を読んでいただくと、そこには「ガイドライン」とあり「適宜改正」とあります。
つまり、

ゆるめのルールだけ作っておくから、自由にやってみてよ。
こっちが決めるより、メーカーのみなさんのほうがクルマのプロだし、アイディアも豊富でしょうし。
んで、実際に走ってもらって、いろんな状況でいろいろ使ってみて、
あれがいいとか、これはダメだとか、情報が集まったところで、もいっかい、知恵出し合いましょうよ。

ってことです。
で、いいんですよね?室長?

なので賢明なジャーナリストの諸先輩方におかれましては、
実際に、装着車両等々に乗っていただき、評価を賜れればと思っています。
こればっかりは、いくら実走豊富なドライバーでも、やってみないとわからんでしょうし。

なんてことを考えながら、難産の原稿書き。
エコ関連の原稿ってキライ。だってみんな……以下自粛。

かりん

年末、いただいた花梨で、つくったはちみつシロップ。
でも、あと一ヶ月くらいこのままらしい……長期戦だ。