施設内誘導

先日、某病院に行ったら、
駐車場から目的の病棟まで、施設内案内がつながっておらず、
右往左往したっけなー。

そして本日@上野駅。
永遠に出られないかと思いました……。
目的の出口に向かって歩き、おかしいなーと振り返ると、
いつの間にか、目的の出口が後ろ方向に誘導されている……。

迷路ゲームか。

s-DSCN0288
日本人でも迷うのに、これで海外の観光客って、大丈夫なのか。

施設内を熟知しすぎている人が、アリバイ的に作ろうとするからこういうことになる。
相手の立場にたって。この言葉を、担当者はちゃんと考えるべき。

本日は、某プロフェッショナル様に取材。
話、おもしろくて時間足りないし!

本日発売!

「未来のクルマができるまで ー世界初、水素で走る燃料電池自動車 MIRAIー」

本日、発売になりました!

s-DSCN0287
表表紙と裏表紙。
登場してくれた方々を、青山浩行先生がイラストにしてくださいました!

MIRAIがどうやってできたかが、正確にわかる本ではありません!
=期待して買っちゃうといけないので、先に言っておきます。

大人でも、トヨタの人でも、迷ったり、失敗したり、落ち込んだり、
それでも仲間を信じて、最後まで諦めずにがんばったんだよ、
だから、世界初のクルマができたんだよってことを、
こどもたちに、楽しく、わかりやすく、伝えたくて書かせていただきましたー。
完全独自企画、自費取材。もちろんタイアップなしの、買取約束もなしです!
なので、それはもう自由に書かせていただきまして。
=自由すぎて、事実誤認もそのまま原稿にしてしまい、
校正段階で、指摘修正していただきました……。

取材にご協力くださったみなさん、ありがとうございました!

クルマ好きの人には、ぜったい面白いと思います。
そしてこどもたちが、クルマ作りやモノづくりに興味もってくれるといいなー。

ぜひ、読んでください!  あとがきのあとがきは、こちらから →クリック!

「われわれ保護者」

交通事故関連の会議に出ると、
こどもをどうやって守るかしか、考えていない。
いえね、高齢者とか、大人は、ほかに考えてくれる人がいるので、私じゃなくてもいいんです。

だけど、こどもって人数少ないし、となると事故も少ないし、
「数を減らす」を目標にかかげている日本の交通事故対策だと、ないがしろにされてしまう。

「われわれ保護者」

私が、会議で口にするセリフです。
われわれ、って?
私、こども産んだことないです。母になったことないですよ。
だけど、こどもに責任をもち、
社会で守るという信念からいえば、
こどものそばにいる大人は、保護者だと思っています。

他人の子であろうと、会ったことのない子であろうと、
交通事故に遭わすわけにはいきません。
朝から会議づけで、こどものことを一所懸命考えた水曜日。

車両安全技術

本日は国交省。
車両の安全技術をみてて、いつも思うことは、
使いこなさないと意味がないということ。

クルマにばかり期待していたら、
いろんな技術がついて、どんどん価格が上がってしまう。
それって、本当に望んでいる方向なのかな。

特にいまの日本は、技術に頼りすぎてバランスがひどく偏っている。
交通社会の一員である、ドライバーもいっしょに乗っている人も、
歩行者も自転車も、二輪車も、
もっとちゃんと行動しないとダメだと思う。

シートベルトをちゃんとする。
一時停止は止まる。
右左折のとき、横断歩道は「歩道」であることを認識する。

ひとつひとつ、できることから。

日産はバイオエタノール

午前中に打ち合わせをひとつして、午後は日産の発表会。
日産自動車、バイオエタノール燃料電池電気自動車を目指します。

s-DSCN0278
発表会場。開始時間ぎりぎりに駆け込んだら、写真もぶれぶれ=言い訳。

目指す、というのは、まだブレークスルーしなければいけない技術段階だから。
発表することによって、多くの人に知ってもらい、
可能性のある技術を集めたいらしい。

だけど、個人的には、食料を燃料にするのは抵抗があるなあ。
以前もトウモロコシの価格が高騰して、大変だったし。
サトウキビを燃料にしたら、お砂糖の価格、上がっちゃうじゃん!
それは、ぜったいいや!
実用化する前に、サトウキビの増産体制か、
酵母技術を確立してからにしてほしい!
ケーキやパンやチョコレートの価格が上がったら、うらんでやる!=かなり本気・汗。

発売日決定!

今夏出来のノンフィクション、
発売日が決まりました!
6月23日です!
(amazonさんには、24日になっていますが、講談社的には23日だそうで)。

タイトルは、
「未来のクルマができるまで 世界初、水素で走る燃料電池自動車MIRAI」

s-mirai_cover-obi
表紙のイラストは、青山浩行先生。
いつもいつも、すごい方々に描いていただいて、感激ですー。

完全自費取材。
タイアップ等々ではありません!
なので、自由に?書かせていただきました。
パートによっては、赤入れゼロというすばらしい対応(覚悟?)をしてくださった方もいて、
こどもたちに読みやすく、楽しめる本になりました=自信満々。
取材でお世話になったみなさん、ありがとうございます!

ディーゼル旋風

日本のディーゼルを推進しているのは、
間違いなくマツダと、このBMW。
このたび、MINIのラインナップにも、ディーゼルが加わることに。

s-DSCN0202
華やかな色合いが似合うMINI。
でも、乗り心地は甘すぎないところがいい。

そして、もうひとつの目玉は、
7シリーズにオプションで採用される、
「車外からリモートコントロールで、駐車できる」システム。
自動パーキングは、すでに実用化されているけれど、
今回はそれを車外から行うわけ。
「いいんですか!」と、突っ込みたくなるけれど、
世界基準の条約には、運転者が車内か車外かを問う文言はないそうな。
というか、制定したときにそんな発想、なかったわけで?

かなり便利です。
しかも、歩行者が通ったら、しっかり停止。
ためしに、小走りに駆け込んでみましたが、大丈夫でした! すごい!
ただ、これは自動運転というよりは、
BMWとしては「ユニバーサル・デザイン」なんだとか。
たしかにね。
ドアをフルオープンして乗り降りしたい高齢者やクルマ椅子ユーザーは多い。
降りたあと、クルマを動かすことが出来れば、かなり便利だと思います!