日本自動車研究所シンポジウム

本日は、JARI主催シンポ。
テーマはやはり! 自動運転。
今年は、どちらも自動運転一色という感じです。

s-dscn0709
このビルのなかは、自動車関連の会社、団体がたくさん。
そして、私が取材させていただいた、芝消防署のすぐそばです=いつも思い出しちゃう。

ラストのパネルディスカッションは、社会受容性をテーマに、
激論60分。
みなさん、本音トーク炸裂で、ものすごく面白かった!
特に「いや、全体でよければ」のひと言が! グッジョブ、Tさん!(謎)

自動運転シンポ

原稿で疲弊中に脱走した先は、
BMWの自動運転シンポジウム。

s-dscn0694
会場は、お台場にある BMW Group Tokyo Bay。
気軽にBMWの車両の試乗ができます!

人が寝ていても走れるような、完全自動運転は、
法律上、まだ市販はできません。
日本だけでなく、これ、ジュネーブ条約で決まっているので、
世界的にNG。
でも、本を読んだり、メールをチェックしたりのセカンドタスクはしたいもの。
どの自動車メーカーも、技術を磨くと同時に、
法律を変えようという動きも。

一年前までは、「三ヶ月たった情報は古くて使えない」といわれていたけれど、
ここへきて、一ヶ月たったらもう古くなるような。
あまりの早い動きへのキャッチアップで、けつまずいて転びそう。

ヘア・ドネーション

白血病の患者さんを取材させていただいたり、
報道で、がん治療をされている方の気持ちを知ると、
治療の副作用で髪がなくなるのがつらいとのこと。

18歳以下のこどものがん患者のために、
無償でかつらをつくるヘア・ドネーションという活動があります。
ショートヘアの私にはできないけれど、
私の最年少友人、15歳のY嬢が、手をあげてくれました!

s-dscn0689
二ヶ所、しばっているけれど、送るときは、一ヶ所のみ。
受け取る側の「はずす手間」をへらすためです。

Y嬢の髪は、さらさら&つやつやの超きれいなストレート。
腰まで伸ばした髪を、ばっさりとプレゼントです。
ありがとう、Yちゃん!

ヘア・ドネーションの活動については、こちらから。 →クリック!

おこもり

来春出来書籍のラストスパート中。
かたちができてきて、ここからの作業がいちばん好き。

s-dscn0693
先日、通りかかったホンダのショールームで。
モトGPって、いま、こんなにバンクさせるの! 私がこもっているうちに、時代は変わっている……。

脱走

煮詰まりすぎたので、脱走しました。
ワンストップめは、いつもの上里SAです!

s-dscn0677
どうしても、ここが入りやすい。
でも、今回はスタバには寄らず!

森の小道を歩き、ソフトクリームを食べ、
クレープを食べ、ドーナツを食べ、堪能しました~。
月末の締め切りに向けて、パワーチャージ完了です。

カテゴリー:

カフェにて

来春出来の書籍で、煮詰まりはじめたところ、
担当さんが、「お茶でも~」とうれしい連絡。
ずーっと気になっていて、でも、ひとりでカフェに入れない体質ゆえ、
うずうずしていた場所に、ついに入れましたー。

期待以上にすてきなカフェで、
しかもいっしょに来てくれた新人編集者さんがすかさず、コンセントも見つけてくれ、
むむ、ここは仕事がはかどりそうだ!

なので、写真は見せません!
こっそりここで、ふふふ……。

夜は国際交通安全学会の研究会へ。
人のことを指摘するなら、まず自分だろうなーと思ってしまう内容で、
やぶへびにならないことを祈る=祈ってどうするという話も……。

日本自動車会議所

今日はこちらで、話をさせていただきました。
私がモットーにしている、現場・現実・現物。
ありがたいことに、ノンフィクションの取材を通じて、
「東京在住の物書き」の生活では有り得ないほどの体験をさせていただいており、
そんな視点から、もにょもにょと。

s-dscn0674
開始前に、交通安全ポスターコンクールの授賞式が。
どれも秀作です!

自動運転がさかんに話題になるけれど、
いまのクルマの、アナログの部分だってまだまだ改良点あり。
いちばん、改善してほしいのはこどもをはじめとする、
175センチ+78キロのダミー人形とかけ離れた体型の人の、
車内での座らせ方。
これ、マジでやばいと思います。自工会の見解を聞きたいなあ。