シアワセのおすそわけ

原稿がいよいよな状況になり=これだけ家をあけていればあたりまえか……、
早朝起きにて原稿書き。のち、取材。
何度も通っている現場だけれど、変化著しく、
時代の流れに順応する体制のやわらかさに圧倒されるとともに、
ちゃんとアップデートしていかないと、取り残される危機感がひしひしと。

取材の楽しみは、ランチタイムのガールズトーク。
高校生はお箸がころがっても笑えるというけれど、
アラフィー世代はお箸がころがると、悩んだり怒ったり笑ったり泣いたり反省したり感服したりできるから、
ぜったい歳をとったほうが、人生、楽しいと思います(笑)。

そんなこんなしていると、沖縄のMくんから、ひっさしぶりに電話。
なんだ、イルカのフジになにかあったのか!?
と、思ったら、ぱんぱかぱーん!
結婚式が決まったとの連絡。おおおー、苦節何年?
ツール・ド・沖縄の表彰台にたったら……と言いつづけ、いつまでたっても立てないもんだから、
一生、結婚できないんじゃないかと、おねーさん、はらはらしていましたですよ。

おめでとう!

あ、でも、私が結婚式に参列した夫婦の半数近くが3年以内に離婚しているんだけど、大丈夫???

Short Trip

週末はこんな景色のなかで過ごしました。

h4
自然と人の絶妙なる調和。一枚の絵を見ているくらいきれいです。

h2
今回のベストショット! のはずなのに、ひえー。デジカメの内部レンズの汚れが~、ひゅるる~。
この山を見て、場所が特定できるアナタは、かなりの山好き。


h1
ランチはこんなところ。これでピンとくる方は、きっと……(笑)。

h3
クルマ好きの方、これならお分かりですか?
そうです。「ケンとメリーの木」です!


わずか一泊二日でしたが、大好きな美瑛のすばらしい景色に囲まれて、超シアワセな時間です。
こうなってくると、どこまでが仕事で、どっからが遊びかわかりません。みんな、乙!

Cara Mina

誕生日に、イタリアのミーナおばさんから毎年恒例のメール・メッセージ。
ありがとうの返事を書いたら、めずらしく、すぐにまたメールが。

なんだろう? と、読んでみたら……。

Rumiko ti devo fare dei complimenti,
E’ LA PRIMA VOLTA CHE SCRIVI IN UN BUONISSIMO ITALIANO!

(ルミコを褒めなくっちゃ。初めて、すごくきれいなイタリア語でメールしてきたわよ!)

イタリアを離れてから12年。
あのう……何度もメールのやりとりしているんですけれど……は、初めて???
たしかに、日本にいると話す機会がないので、どんどん忘れているんですけれどねー。
ま、いっか。褒めてもらえたし(笑)。

街を歩くと、ほのかに甘い香り。

091010
お庭のあるおうちの金木犀が、ふんわりと香って、こういうときだけ、
「お庭のある家っていいなあ」と、思います。


が、しかし。

私、緑の手ならぬ「黒い手」を持つ女。
ほとんどすべての草木を枯らすので、金木犀もダメかも……。
なんたって、プランターのローズマリーすら枯れたし(涙)。

食べたいものを、食べたいだけ……

週末の巡業中、慣れない「出先での原稿書き」などもあり、
帰宅したあとは、ほぼ気絶状態。
9時間、眠りこけて、復活した月曜日の朝です。

まあ、人間、食べるか眠るかしていれば、大丈夫でしょう。
というわけで、眠れるときは、眠れるだけ。
眠る時間がないときは、食べたいものを、食べたいだけ、というのが健康にいいと、
固く信じております、はい。

本日はラジオの収録です。
ああ、でも、打ち合わせトークの方が、だんぜん面白いんだけどな。
ちょっと残念に思いつつも、今日もカミカミでがんばりましたー=反省いっぱい。

そんな今日は、大好きなメンズの誕生日です。
私の大好きなふたりは、なぜか誕生日も同じなのであります。
ふたりとも異国の地(?)にいるので、こんなものをプレゼント代わりに。

091005
おぎのやの、釜飯です。おいしいです。大好きですー。

Tサマ&Kセンセ。お誕生日おめでとうです!
これからも男を磨いてくださいませー。

壮行会

午前中に、ラジオの仕事。
夏の疲れかカツゼツが悪く、終了後、猛省。
やはり、午前の収録は発声練習やってからスタジオ入りしようと、
固くココロに誓いました。
次の収録まで、この誓いを覚えていられるかどうかが、不安だけれど=情けない。

夜は、マガジンハウスでものすごくお世話になったN氏の壮行会。
ものすごい鋭利な切り口と、絶妙なリズム感の文章を書くN氏。
彼に原稿を出すときはいつも、どきどきでした。
1~4pという、短い世界ですべてを伝えなければいけない雑誌のなかで、
タイトル、写真、本文、キャプションが、どういう存在で、どういう関係であるべきか。
本文に必要なものはなにか。なにをどう伝えるべきなのか。
いっしょに組ませていただいた数年のあいだに、
たくさんのことを、教えていただき、本当に感謝&感謝です。

私のハードディスクの容量は少ないけれど、
こうして才能あふれる多くのセンパイ(たまには後輩)に刺激され鍛えられ、
良質の情報にアップデートする機会をいただけて、幸せです。

まだまだ努力の日々です。

バカまっしぐら

「青木拓磨」と書いて、ふり仮名は「バカまっしぐら」。
あんたねー。褥瘡わるくして、何ヶ月も入院していなかったっけ?
で、退院したと思ったら、

「タイラリーに出ます!」

って、どういうことよ?

すっかり専用サイトなんて作っちゃって、
タクマの「タイラリー参戦記」はこちらをクリック!

すっかりタイまでエントリーに行っちゃって、
詳しくは、タクマのブログでチェックしてください。こちらをクリック!

開いた口がふさがらない、とは、こういうときに使うものだと、実感しましたよ。
でもね、この人が動くと、まわりに風が吹くわけです。
きっと、まわりの誰もが、忘れていたなにかを思い出す。
いまの場所の、居心地のよさに、うずくまっている自分に気づかされるわけです。

駅の階段を二段飛ばしで駆け上がりつつ、走れる自分に感謝して、
まだまだ、ローリング・ストーンでありたいと思います。

なぜに水泳キャップ?

午前中に原稿を片付け、昼から取材、そして夜は、大納涼会へ!

0908041
プールサイドのバーベキューエリアで、焼かれる肉・肉・肉!

そして、必ず出る、プールに飛び込む若人。

0908042
しかし、なぜ、水泳キャップを「標準装備」? その用意周到さは??

いやー、はちゃめちゃって素敵。
ふだんはほとんどお酒を飲めない私も、このチームの宴会系にまぜていただくときは、
勢いに飲まれ、気がつくとお酒もいただいて、わやわやになっているという……。
申し訳ない、みなさん!=まとめて謝罪。
でも、人生、メリハリって大事よね=言い訳。

帰りの電車で余韻にひたりながら、シンデレラ帰宅。
みなさん、まぜていただいて、ありがとうですー。とってもうれしかったですー。