脱稿未満

脱稿したつもりが、やはりもうちょっといじれることになりましてー。
脱稿すると、ほっとする反面、
ああ、これでいろんなことが進んでいっちゃう……というあせりもあるため、
まだ文章をいじらせてもらえることに、ほっとしたりして。
もうしばらく、がんばります!
出口は見えてきたので、気持ちが楽になりました~。

よくがんばったからと、戦友がくれた「ブラックなんだー」。うまし!

実はこれ、「ブラックサンダー」黒い稲妻、というののぱくりです。
というか、同じ会社が作っているので、ぱくりなのか、双子なのか?
かなりジャンキーなチョコクッキー&チョココーティングなんですが、
めちゃおいしいです!

脱稿(たぶん)

ゆうべ、脱稿しました。たぶん。
まだ、コラムとかあとがきとか、イラストどうするかとか、いっぱいあるんですが。

悲しいできごとがあると、
すべてがネガティブに見えてしまって、
人にあたるわ、そんな自分が情けなくて、さらに落ち込むわ。
原稿を書いていても、ぜんぶがつまらなく見えて、
何度「もう、出版はやめましょう」と言いそうになったことか。

だけどそんななか、一所懸命、電話をくれたり、はげましてくれたり、
遊びにさそってくれたり、遠くから理由をつけて会いにきてくれたり……、
うれしかったです。みんな、ありがとう。

最後の数日は座りっぱなしで、足がぱんぱんにむくみ、
立ち上がるとしびれたのは初めてです。単に、年齢のせいか?

外部との連絡をほぼ遮断した状態だったので、
試乗会のスケジュール調整も、取材の段取りも放置されており、
でも、3月もあと3日しかないことに気づき、あわてています。がーん!
いまからやります。すみません、関係者のみなさん!

深海にもぐった状態でしたが、

高齢者のためのクルマ会議に出席したり、

HEM-Netの会議に出たり、

ハナミズキの街路樹のある街に住む、小学生姉妹に遊んでもらったりしていました。
お茶犬は、よくわからない……うーむ。

桜の花もひらきはじめました。
仲間と仕事と友人に恵まれていることに感謝しつつ。

突然

仕事仲間の突然の訃報。
昨夜のお通夜では、彼の仕事道具と、家族や仲間たちとの写真がいっぱいで、
どれだけ彼が、みんなに愛されていたかがわかります。
どうか、せめて、やすらかに。

花粉とぶなか撮影

花粉舞い散るなか、本日は撮影です。

巨匠と若大将、撮影中。真剣です。

このあと、箱根に移動してもう一台撮影。
箱根に近づくたびに、マスクを忘れた若大将がすごいことに?
花粉の季節は、クルマの撮影も大変なのでありました。

第三回国際自動車通信技術展

東京ビッグサイトで開催されている、国際自動車通信技術展。
いまやクルマは単体で行動しているのではなく、
安全装置にしても、快適装備にしても、通信技術が駆使されています。

そんななか、今年度の技術として優秀であるという技術への表彰に、
選考委員として参加させていただきました。

選考委員長は、慶應義塾大学の夏野剛さん。
というか、TVコメンテータとしても活躍しているドコモの……と言ったほうがわかる?

超超気さくな方です。お話もさすがにお上手です。

今年の最優秀賞は、トヨタのH2Vマネジャー。

ビジネスイノベーション部門は、ふたつ。
カーセブンディベロプメント「インスマートシステム」
パーク24「Times PLUS カーシェアリング用車載装置&取り付けシステム」

UIデザイン部門は、
パイオニア「ARナビゲーション サイバーナビ(AVIC-VH09CS/AVIC-ZH09CS)」

ナビゲーション&コンテンツ部門は、
キャンバスマップル「ことりっぷ」

東日本大震災復興支援特別賞
本田技研工業「東日本大震災での取り組み『通行実績情報マップ』」

くわしくは、レスポンスのサイトにて! →こちらをクリック!

理由

暑いとか、寒いとか、
眠いとか、おなかがすいたとか、
だるいとか、頭が痛いとか。

100%完璧に、仕事ができる状況なんてないのだから、
いちいち言い訳をしていたら仕事なんてできない。

私の亡くなった恩師は、
「親が死んでも締め切り守れ」が、口癖でしたっけ。

いえ、親はぴんぴんしているんですけれど。

空をあおぎ、流れる雲を見て、いろいろと考えた一週間。
それでも締め切りはやってくる。
それでも、それはそれ。これはこれ、と、自分に言い聞かせてみる。

ディーゼルの予感

昨日は原稿を書き、今日は試乗会。
本日はこちら。

BMW X5のディーゼル。むむむ、運転席はかなり静かです。

X5に関していえば、ドイツ~スペイン~イタリアなどでは、
すでに95%以上のディーゼル比率なんだとか。
さすが大型でトルクの欲しい車種になると、効果てきめん。
ワンタンクで走れる距離も違うし、ディーゼルの魅力大爆発のような。

日本でもそろそろ、ディーゼルが受け入れられつつあり、
エコカー減税も適用になるし、
これは、いくところまでいっちゃうかも?