自分の信じることを

やさしい仕事仲間から、連絡をもらう。
バリキャリな彼女たちは、現地に直接、出向いたり支援したりする同僚を間近にして、
なにもできない自分に心を痛めている。

だけど私は思う。
そういう気持ちがあれば十分だと。
そして自分の信じていること、自分にしかできない今の仕事をがんばればいいのだと。

今月3回の潜伏。
私が東北に支援に行っていると思われているかもしれませんが、行っていません。
ネットの映像を見ただけで、ストレスでお腹こわしちゃうような、アラフィーの体力なし女子が、
しかも、ひと一倍、水分補給+トイレを必要とする私が、
現場に行ったところで、足手まとい以外の何者でもなく。

地震と津波で、突然、日常生活を奪われた多くの人がつらい気持ちでいるのと同様に、
病気や怪我で、突然、日常生活を奪われ、日々を懸命に過ごしている人も、全国にたくさんいるわけで。
私はそちらの気持ちに寄り添うべく、動きます。
それが、私にしかできない支援だと信じているから。

週末は潜伏期間中にわやわやになった、原稿やら事務仕事やら。

再度・潜伏

日程を一日ずらし、水曜日~金曜日のあいだ再度、潜伏です。
潜伏している割には、歩いている時間がハンパじゃないような?
なぜ、私はそんなに歩き回っているのでしょう???



新緑になりかけです。いまが一番、いい季節かも。

潜伏中ゆえに、ネット環境も乏しく、
メールをいただいていたみなさん、音信不通ですみませんー。

カテゴリー:

ノンフィクション

ゆうべ、もろもろの連絡が入り、
本日の予定を、急遽、一日ずらすことに。
Y嬢、ご協力、感謝ですー! おみやげのP、期待していてね=私信。

その、「もろもろ」とは、6月に出版予定のノンフィクションの原稿チェック。
ノンフィクションの楽しさは、それが事実であること。
取材の楽しさったら、たまりません。
でも、本として残すからには、登場人物のみなさんに、
しっかりチェックしていただき、納得いただけるようしなくちゃならないわけで。
これからもその場で、生きていかなくちゃならない登場人物に敬意を払い、
納得のいく形で仕上げたいと思います=だよね。Kちゃん!

というわけで、予想外に早くもどってきた原稿チェックを反映すべく、朝からおこもり。
でも、実は、もどってきた原稿は、ものすごーく筆者の心臓に悪く、
なかなかファイルが開けられないんですなー。
「なんだこれは!?」と、ずばーっと真っ赤になっているのが、怖くて怖くて……。

それでも、勇気ふりしぼって、恐る恐る目を通すと……ああ、みなさま。
暖かいメッセージとともに、丁寧なチェック、本当にありがとうございます。
校了まで、まだ道のりは長いんですが、がんばります!

ライバルは自分?

朝から撮影。
今日は、日産本社ビルをお借りしました。
だって急速充電器があるんだもん。



春の風にスカートがひらひらと。道ゆく人が思わず、注目しちゃいます。
って、クルマに? スレンダーな美脚に?


今日のゲストは、長身に長い手足、笑顔がとってもキュートな、あの方!
おっきな瞳が印象的。だけどだけど、えっ、オンナのコ? オ……!
自分をしっかりもった強さが、かわいさに磨きをかけているような。
詳しくは、【Tarzan】にて!

終了後は、場所を移動して、ラジオの収録へ。
今日のゲストは、「お浄土までぶっ飛ばせ!」がキャッチの、
レーシングドライバーであり、僧侶(!)の、あの方! 
詳しくは、日曜夜7時半、インターfmの【ザ・モーターウィークリー】にて!

そしてダッシュでもどって原稿書き。

日本小児科学会

土曜日はアタマからちょっとだけケムリを出して原稿を書き、
本日は、こちらに伺いました!



東京大学の赤門をくぐったところです。新緑になりかけていて、きれいですー!

日本小児科学会の緊急フォーラム
「この大災害に小児科医はどう立ち向かうか」

こころのケアから放射線被爆まで、みっちりお話を伺ってきました。
あるご発表のラストに「受動喫煙を防止せよ」というメッセージがあり、とっても同感。
癌リスクは放射線だけでなく、身近にあるタバコの方が心配だと思うのは、私だけではないような。

今回の被災地は、高齢化の進むエリアなだけに、子どもの怪我などが見えてこないけれど、
でもそれは「子どもの声を聞ける人が、聞いていないから」という意見も。
こちらも激しく同感。
マイノリティは、マジョリティに吸収されてしまう、というのは、クルマの世界でも同じこと。
声なき声に耳を傾け、顕在化させるのは誰の役目なのか?
しっかり考えたいと思います。

安全運転講習会

本日は、東京安全協会主催の、講習会講師。
90分、安全運転についての話をさせていただきました。
私のワクは、昼休み直後だったので、眠くならないよう(?) 
ちょっと写真多め、ドクターヘリの紹介みっちりという部分から入らせていただきまして。
このところ、環境意識の高まりに、安全運転が忘れられている感じがするけれど、
こうして直接、安全運転を伝えられる機会をいただけ、光栄ですー。
ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!
ぜひ、正しいドラポジで、タダでできる事故対策を!

終了後は、ダッシュで移動して、国際交通安全学会の調査研究報告会と学会賞贈呈式。


潜伏

ふたたび、火曜~木曜と、潜伏です。
潜伏場所は、ないしょですー。
今日は、Yくんの笑顔に癒されました。
T夫妻におかれましては、失礼の数々、本当に申し訳なく。改めてお詫びに伺います!=私信。



今回、乗ったタクシーに、こんなマークが! おおー、なんてわかりやすい発想! 
そうです。まさに衝突時の後部座席は、こんな感じです。みなさん、シートベルトを!


みなさん、今回も、お世話になりました! ありがとうございます!