ゲリラ豪雨

朝から原稿書き。
がんばっています、がんばっていますよー。

だれに言っているんだか?

ぶどう

そして、紫のつぶつぶが到着! Yさん、ありがとう!

このところ、異常気象でクルマが浸水するケースも多い。
浸水すると電気系統がヤラれて、パワーウィンドーは開きません。
水圧でドアも開かないとなると、躊躇するヒマはありません。
速攻、ウィンドーを割って脱出してください!

では、どうやって窓を割るか? もちろん手では割れません。
【方法1】
キーを抜いて、キーの先端をゲンコツの指のあいだから出して、
それで窓をなぐりましょう! とがったものの方が割れやすいのです。
窓の中央部分よりも、はじっこをなぐったほうが、割りやすいということですが、
実際、私、やったことがないので、どのくらいの破壊力があり、
どのくらいの力が必要なのか、わかりません。

【方法2】
とはいうものの、最近、キーレスエントリーとかなんとかと、
鍵の金属部分がない(?)キーもあり。
おうちの鍵で代用するか、もしくは、専用のとんかちみたいな道具を装備し
ておくか。
運河の国、オランダでは、専用とんかちの常備が義務付けられているようです。

ちなみに、並行輸入で日本に入れた高級車の一部には、
(正規輸入車はちがいます)
盗難防止のために、サイドウィンドーも合わせガラスになっていて、
いくらなぐっても穴があくほど窓が割れないことがあります。
でも、そういうクルマには、センサーがあって、
水につかると窓が自動的に開く安全装置がついているので、
あわてなくても、大丈夫かも。

みなさん、安全運転で。

クルマの音

昼間、ラジオの収録。
いちど帰宅して原稿を書き、仕切りなおして、夜は情報交換しに。

ハイブリッドカーや電気自動車が登場するようになると、
あまりに静かすぎて、問題になるのは音による認知づらさ。
とくに視覚障害者の方には、切実な問題です。

個人的にはソフトクラクション希望。
既存のクラクションでは、どけどけ、と言っているようでイヤだけれど、
やさしい音なら「ここにいるよ」と、わかってもらえると思うのです。
基本的にクルマは、歩行者最優先で走行するべき。でも、
「以前、渋谷のスクランブル交差点の先頭で信号待ちしていたら、
視覚障害者の方が、まっすぐ向かってきてぶつかった」
という話をきくと、なにかしらの音はやっぱり必要かと。

以前は「警告音ふたつはダメ」と、国交省がダメ出しをしていたけれど、
いまは「ふたつめのスイッチの場所がない」と、メーカーが尻込みしているとかいないとか?
どうなんでしょう、そのあたり。

少なくとも、常時音のように、
せっかく静粛性を追求してきた自動車メーカーのエンジニアが、
ひざからくずれるような決定はやめにしていただきたい。
そーっと夜、帰ってきたとき、ご近所の目が気になります~。
それに、寝ているときに、「きんこんかんこん……」と住宅街をクルマが走るのもイヤだし。

さて、着地点はどこに? 

おいしいコーヒー

取材に行き、部屋の片隅を使わせていただいて取材メモをとっていたら、
「コーヒー、いれましょうね」と、やさしい声が。
ふりむくと、そこには、ひええええええええええええええx100倍!
この世界の、カリスマがあああああああああああああああx100万倍!

090813

お……恐れ多くて飲めない~!=飲んだけど。

おいしゅうございました。感激でございます。ありがとうございます~。

なんだかばたばたな日々だけど、
ひとはかけっこをするとき、笑顔になるだけで速く走れるんだそうな。

「疲れた」じゃなく、「がんばった」。
「忙しい」じゃなく、「充実している」。

口から出る言葉を、ほんのちょっと変えるだけで、なんかほくほくと笑っている私です。
今日もがんばったぞー。

ビンゴ!

取材です。
前回、こちらに取材におじゃましたとき、遠方から差し入れの南国フルーツが届いていて、
おすそわけをいただいた私。
なんて、タイミングがいいんでしょと、自分自身にうっとりしたものでした。
で、そのときに「第二弾もある」という噂が。

いやあ、いくらなんでも、そこまでは無理でしょ。
ところが、今日、ふたたび取材先におじゃましたら、こんなものが!

090812

ブルーシール・アイスクリーム! 
ゴーヤ、パッションフルーツ、塩ちんすこう、べにいも、さとうきび黒糖、バニラという、すごいラインナップ。

まさにビンゴ!でありました~。
ごちそうさまです、Kさん(笑)。

この「塩ちんすこう」ってのがあなどれません。
クッキークリームのクッキーが塩ちんすこうになっているので、めっちゃおいしいのです。
はまりそうですー。

みなさんのおかげ

午前中に打ち合わせをひとつして、
午後は、「テイクオフ! ドクターヘリ物語2」の再校。

090811

最後のチェックです。どきどきです。

9月発売が決まり、青い鳥文庫のサイトにも表示されました~。こちらをクリック!

こうしてやっていると、本当に多くの方の手で、世の中に送り出していただいていると実感。
先日、児童書作家I先生のトークショーに行ったときも、I先生が、

「本は書き手とイラストレーターだけでつくっているわけではない。
編集担当がいて、デザインをする人がいて、校正、プロモーションをする人、
日々、書店をまわってくれる営業など、本当に多くの人がかかわって一冊を作っている」

と、おっしゃっていたけれど、本当にそのとおりだと思います。
むむむー。ラストスパート、がんばります~。

そしてラジオ

朝から原稿書き。かなり厳しい状況。
こんなはずでは……と思ったところで、後悔先に立たず。
でも、どこでまちがえたんだろう=っていうか、もともと計算した人生じゃないじゃん、自分。

今日もラジオです。
今日は、トークは勢いよくいったのに、ニュース原稿読みで、カミカミでした……。
なんであんなにカんだんだろう=っていうか、もともとカツゼツよくないじゃん、自分。

日々、自分を見つめ、新しい自分を発見しております。

バカまっしぐら

「青木拓磨」と書いて、ふり仮名は「バカまっしぐら」。
あんたねー。褥瘡わるくして、何ヶ月も入院していなかったっけ?
で、退院したと思ったら、

「タイラリーに出ます!」

って、どういうことよ?

すっかり専用サイトなんて作っちゃって、
タクマの「タイラリー参戦記」はこちらをクリック!

すっかりタイまでエントリーに行っちゃって、
詳しくは、タクマのブログでチェックしてください。こちらをクリック!

開いた口がふさがらない、とは、こういうときに使うものだと、実感しましたよ。
でもね、この人が動くと、まわりに風が吹くわけです。
きっと、まわりの誰もが、忘れていたなにかを思い出す。
いまの場所の、居心地のよさに、うずくまっている自分に気づかされるわけです。

駅の階段を二段飛ばしで駆け上がりつつ、走れる自分に感謝して、
まだまだ、ローリング・ストーンでありたいと思います。