銀座に沖縄の海

今月後半の、おこもり強化ウィークに突入しています。
取材に基づき、山のような資料と格闘し、
それでも「あったかくて、やさしくて、元気がもらえる本にしたいなあ」と、
モチベーションがものすごく高まっています。

そして、本日はいわゆる「外日」。
愛車を12ヶ月点検に出し(みなさん、さぼっちゃダメですよ!!)
その足で向かったのは、こちら。

130719

銀座のソニプラ。ここに毎年、沖縄美ら海水族館の協力のもと、海の生き物たちがやってきます。
そのオープニング式典ですー。

緑のかりゆしウェアが館長。その右どなりが、私が取材させていただいていたときの館長(いまは顧問)
そして、そのお隣にいらっしゃる黒いスーツ姿は、俳優の山﨑努さん。
映画「ドルフィンブルー」で館長役を演じられてから、名誉館長に就任されています。

久しぶりにソウルブラザーにも会えたし。
まだまだ、負けませんぜ=私信。

編集部に行って、さらに別場所で打ち合わせ。
週明けの撮影車両をピックアップして帰宅~原稿書き。

いろんなストーリーは、突然に

中学生のころから、小田和正さんが大好き。
特に、かれの「う」の発音が好きです=こればかりはヲタと呼んでいただいて結構です!

まあ、彼の楽曲のタイトルではないんですが、今週は、
「はあ?」とか「えっ!」とか「わーい!」なメールやらモノやらが、
びしばしと届きまして。

原稿書いているときは、なるべく雑音にふれず、
修行僧のように、気持ち穏やかに集中すべきところなんですがー。
(ひとつは、あまりに「わーい!」だったので、
思わず、電車を乗り継いで会いにいってしまいました。
楽しかったです、ありがとう!)

そして、最後はこちら。

130712

物々交換です。でも、わらしべ長者のような気がしないでもない。
ありがとう、Kちゃん!

同い年会、ふたたび

朝からこもったのち、脱走ぐせがついて、本日も夜、逃亡しました。
初老 妙齢なもんで、
なにかと考える時期なのですよ、我々の世代ってば。

でも、最初は、現状とか定年後とか、あれこれ語り合うものの、
最後はやっぱり、池面は逆三に限るとか、
焼き物はタイとマグロのどっちにするか悩んでラビオリになりそうになったり、
デザートが煮物みたいだとか、オレのアイスだけ小さかったら怒るとか、
ワケわからない話になっておひらき。

そうやってまた、年齢を重ねていくわけで=やばい。

次回は、都内、焼き鳥です。
みなさん、ご参集ください!=私信。

脱走

朝から原稿。
夜は、たまらなくなって脱走。

脱走先は、ナイショ。
でも、あったかい「同胞」の方々に迎えていただき、
「ケーキあるんですよ! 食べていきませんか?」って、
ありがたすぎますー。
元気注入、これで今月は乗り切れるかな。