通学路の安全

国際交通安全学会の研究会。
いつものお弁当に加え、本日は、沖縄お土産のちんすこうつき!

s-DSCN1562
ちんすこうにフォーカスしたつもりが、ピンボケで残念。
説明を聞きながら写真を撮る私に、座長のするどい視線が~(白枠で消しました!)

学校に通うあいだのこどもたちをいかに守るか。
クルマの動きを変えるため、さまざまな施策。
でも、ドライバーに安全をうながす表示って、日本語だけでいいの?
警察庁の道路標示は、「止まれ」に「stop」と加えられ始めたけれど、
路面上にあるのは、「スクールゾーン」「止まれ」と日本語だらけ。

クルマの安全基準は国連で決められていくけれど、
道の世界標準化はない。
これから、自動運転で「道」とセットで考える時代になると、
道の世界共通化も必要なんじゃないのかなあ。

着々と

来夏に向けて、順調に取材中。
今日も、笑顔に囲まれてのインタビュー、
ありがとうございました!

s-s-DSCN1523
もんのすごい暑さですが、木々が作る陰に逃げ込みます。

やっぱり現場は楽しい。

台湾で発売決定

「もしも病院に犬がいたら -こども病院ではたらく犬、ベイリー-」
台湾での出版契約をさせていただきました。

s-s-DSCN1560
講談社さまが、すべて取り持ってくれます。
ありがたや。

韓国版「もういちど宙へ -沖縄美ら海水族館人工尾びれをつけたイルカ、フジの物語-」
台湾版「ハチ公物語 -待ちつづけた犬-」
「ベイリー、大好き -セラピードッグと小児病院のこどもたち-」
これらに続き、四冊目の海外版契約です。
どんな風に翻訳していただいているか、まーったくわかりませんが、
海を越えて読んでいただけることに、感謝なのであります。

今日は横浜

本日は横浜。
マイナーチェンジした、フィットです。

s-s-DSCN1531
うーん、うーん、うーん……。
フィットを前にしてうなる私。

低床自慢はいいけれど、それって……。
【レスポンス】に書いておきますー。

次の本の取材も着々と進行中。
本日は、取材後に編集担当Sくんが、
「名犬ラッシー」の出版祝いしてくれました。

s-DSCN1526
下町の甘味やさん。
取材後、歩いているときにふと見つけ、吸い込まれるように入店。

メールや電話もあるけれど、
やっぱり顔を合わせての打ち合わせが一番。
ややこしい話になればなるほど、
同じ空気のなかでお互いの表情を見ながらは、
大切な作業だと思います。

本日発売「名犬ラッシー」

書籍の奥付、第一刷は15日となっているものの、
青い鳥文庫のサイトには、「8日ごろ発売」とあるので、→こちらをクリック
改めてご紹介です!

s-ラッシー書影

子どものころに読んだときは、ただ、ラッシーがもどってくるという話に思えましたが、
今回、原作を改めて読んでみると、
さまざまな感情が揺り動かされました。
原作者エリック・ナイトが伝えたかった思いをすくいあげて、
日本語版のなかに入れるという作業は、
少し、ノンフィクションの書き方にも似ています。

新訳「名犬ラッシー」。ぜひご一読ください!

今日は北へ

移動です。

s-DSCN1488
東北~秋田~北陸新幹線は、いろんな名前があってなにがなんだか。
外国人の方、はやぶさとこまちが連結している車両を見て、ホームで右往左往。

インバウンド対応と言いつつ、外国人旅行者が一番ストレスを感じている、
日本の交通機関。
大阪や福岡に比べて、東京を中心とした関東エリアは、
対応が遅れている気がします。