通学路の安全

こどもたちの徒歩での行動範囲はかぎられていて、
だから、そこの道路の安全性はしっかり確保してあげたい。
自動運転をはじめ、自動車や人の対策もあるけれど、
道路だって、まだまだできることがたくさんあります!

最近は、プローブ情報でビッグデータがとれるため、
どの道のどこで、急ブレーキがかけられているか?
が、わかります。
現地に行くと、街路樹が視界をさえぎっていたり、
停止線が超見えにくかったりという、たしかな「原因」が!

s-s-P1100846

通過交通の速度低減のために検討されている「ハンプ」。
計算されたなだらかな傾斜ゆえに、車両の衝撃や周囲への騒音はかなり軽減されています。

*駐車場などに、ぽっこり盛り上がっているのを「バンプ」、
こうした、なだらかな傾斜を「ハンプ」と、呼ぶようです。

クルマがちゃんと速度を落とせば、
こんな無駄な設備投資も、今回のような検討会もしなくていいのに。
税金の無駄遣いは、自らがまいた種の、典型例。

今冬出来

7月に発売予定の書籍が、最終段階に入るなか、
こちらは、冬に出す予定の本をラストスパート中。
いまから冬? と、疑問に思う方は、
拙書「青い鳥文庫ができるまで」をご一読くださいませー。
来月9日、青い鳥文庫から、文庫になります!
s-青でき(文庫版)

amazonさんでも、予約が始まりました! →こちらをクリック!

単行本はハードカバー、
新書が、青い鳥文庫版です。お間違えのないように!

やけ食い中

眼光するどい年下のスイーツ男子に、
「まだ書けないんっすか?」と、ぐさりと刺され、
ちっくしょーと、じたばたしております。

「これ、あると気合はいるよ、きっと」と、
おまもりをもらいました。
スイーツ男子のお手製ブレスレットです。
s-P1100845
悔しいので、帰宅途中に買い込みました。エネルギー補給です。
最近、自粛していたんですが、書けないのは糖分不足のせいだ、きっと!

Mくん。ブレス、ありがとう。大切にします。

スウェディッシュ・ナイト

本日、向かったのはこちら。
湘南Tサイト。
蔦谷書店が展開する、おっしゃれーなショッピング施設!
初夏のこの次期、茅ヶ崎の風が心にしみます。

s-P1100844
西海岸かと思わせる、超すてきな雰囲気。
こんなところで、ゆっくり読書できたら最高ですー。

スウェディッシュ・ナイトbyボルボ。
第一部は児童文学
第二部は食文化。

一応、児童作家を名乗る私。
しかし、むむむー。実は、翻訳モノと吹き替え(映画)が苦手で、
スウェーデン作品も、あまり読んでおりませんです。すいません。

ただ、英語で書かれた作品でないにもかかわらず、
これだけのロングヒットでファンが全世界にいるのは、
作品に力があるからこそ。
日本語だからさーと、言い訳している場合ではありません。
ちなみに、不肖イワサダも、
「ハチ公物語」と、「ベイリー、大好き」を、台湾で、
「しっぽをなくしたイルカ」を、韓国で出版させていただいております。
ありがたいことです。

結果のよみかた

本日も首相官邸のわきを歩いて会議へ。
アンケートは、とりかたもさることながら、
どう分析するかが大切。

いろんなアンケートを見ていると、
「そう読み取るか!」と、驚愕のあまり顎がはずれそうなものも多い。
いちどなんか、
「クルマで移動する機会の多いこどもは、ワガママに育つ」
という結果を突きつけられたことがあります。
(つまり、こどもをクルマに乗せてはいけない、という着地点)

いや、それって親の資質であって、クルマ、関係ないんじゃ……。

さまざまな実験も、都合のいい結果を導こうと思ったら、
いっくらでもできるわけで。
そして、スキルやノウハウのない人がやると、
結果なんて、ばらばらになりますよ、という話。

ドライビングスクールのインストラクター(インストラクション)って、
ただ指示をしてだれにでもできそうに思われているけれど、
言葉遣い、どのタイミングでどういう指示を出すのか、
表情、アシストしてくれる人たちの連携など、
それはそれは、考えて作りこんで成立しているんですよ。
だから、お金ももらっているわけで。

今日も刺激的な一日。

自律型自動運転@金沢大学

本日は、国際交通安全学会の視察で、
石川県の能登半島の先端にある珠洲市へ。
NHK朝ドラ「まれ」の舞台の見学です!(ちがいます!!!)

s-P1100798
能登空港に降り立つと、こんな方がお出迎え。
カメラを向けるとポーズをとってくれます~。

自動運転。技術は着々と進化していくけれど、
でも法の整備が追いつかない。
国際交通安全学会のプロジェクトでは、法整備の課題等々を洗い出し、
実現化に向けて研究中。

本日は、法律がご専門のI先生&M先生と、
金沢大学が珠洲市で行っている実証実験を見学させていただきました。
s-P1100818
菅沼先生が行っている自律型の自動運転。
実際の公道を走ってPDCAをまわし、進化中。

珠洲市とのコミュニケーションもすばらしく、
こういうものを推進するには、やはり「人」なのだと痛感です。