日本カーオブザイヤー

日本カーオブザイヤー、最終選考会@早稲田大学です!

大隈講堂前にテンベストカーがずらり。選考会もこちらの講堂を使わせていただきました!

早稲田大学とのコラボとなった、今回のカーオブザイヤー。
最終選考会前には、シンポジウムも行われ、不肖イワサダ、女子代表(選考委員で女子最年長なもんで~)として、
壇上に上がらせていただいてまいりました。
隣にはなんと! 私の小学生時代の憧れの、ガッチャマンのメカデザインをされた、O先生がっ!
(私にはガッチャマンだけれど、ガンダムのデザイナーと言ったほうが、認知度は高いのかも)
さすが、サインをいただくという失礼はできなかったけれど、
職権乱用で握手していただいちゃいました。わーい、役得だ!

そしてイヤーカーの栄冠は、ホンダ・CR-Zに輝きました。
インポート・カー・オブ・ザイヤーは、フォルクスワーゲン・ポロ。
実行委員特別賞は、プジョー・RCZです。詳しくは、日本COYのサイトから。→こちらをクリック!

10ベスト取材

東名高速道路の工事渋滞を避けるため、ゆうべは前泊させていただき、
本日は、日本カーオブザイヤー、10ベストに選ばれたクルマの取材会@富士スピードウェイです!

ずらりと並んだクルマたち。10ベストになるだけあって、どのクルマも甲乙つけがたいです。

今日は、私がラジオのパーソナリティをさせていただいている、
ザ・モーターウィークリーの、コメンテータ陣が勢ぞろい。
いや~、4人揃うと、本音トーク炸裂で、ちょっと放送できないかも~(冷汗)。
う、うまく構成してください、Hプロデューサー!

最終選考の発表会は、11月9日(火)です。お楽しみに!

10ベスト

日本カーオブザイヤーの総会。
今日は、事前に各選考委員が郵送で投票した、今年の10ベストカーの開票日です。

ひとりひとりの投票用紙を、実行委員が読み上げていきます。

テンベストは、記名投票なのですが、非公表。
ついでに、この段階での得票数は、本選に関係なしということで、これまた非公表です。

テンベストに残ったのは、
トヨタ・マークX
ニッサン・マーチ
ホンダ・CR-Z
マツダ・プレマシー
スズキ・スイフト
メルセデスベンツ・Eクラスセダン
フォルクスワーゲン・ポロ
BMW・5シリーズ
プジョー・RCZ
ジャガー・XJ

えーっと、非公表なので詳しくは書けないのですが、
2台ほど、私のテンベストと違います。でも、ないしょ。

今年の日本カーオブザイヤーは、11月9日(火)に発表になります。
今年は、記名+公表式。さて、私はどのクルマに入れるでしょう? 
もうココロには決めています。あのクルマです!

銀行のやりかた

日本カーオブザイヤーの、投票が近づくにあたり、
試乗会以来、乗る機会を逸していた、クルマをあわてて試乗中。
CTSスポーツワゴン、写真より小さいんですねー。でも、威圧感はピカイチ!

三連休に家仕事をした結果、もう、10年近く使っていない自分のと家族の通帳を発見。
時間のあるときに解約しようと出向いたら、あらまあ、相変わらず、時間のかかること。
想定していたから、文庫本持参ゆえ、涼しいところで読めてそれはそれで問題ないのですが、
「はあ?」と思ったのは、解約のシステム。
作るときは、証明書さえあればだれでもいいのに、解約は本人じゃないとダメと言われまして。

なぜなぜ、なんで?

17円しか入っておらず、10年も放ったらかしの通帳。
これを管理しているほうが、銀行にとっても、管理費がかさむだろうに。
こうして家族が身分証明書持参で来ているんだから、きれいさっぱり解約させても、よかろうに。
でも、ダメなんですってー。
あのさあ。そんな使わない通帳を解約するために、
わざわざ有給休暇を使って、会社員が銀行に来るとは思えないんですけれど。
銀行って、よくわからんです。

日本カーオブザイヤー

午前中は、永田町で、
高齢者にやさしい自動車開発委員会。

「とり回ししやすく燃費もよく、ひとりか、ふたりしか乗らないから、2シーターを!」
って言うけれど、
だったらなんで、ツインもR1(2x2だけど)も生産中止になっちゃうわけ?
そこに本当にニーズがあるのか、ワタシ的には疑問です。
市場を開拓したい気持ちはわかるけれど、
日本人って保守的だし、欲張りだし。
いまの草食男子が高齢者になるころなら、ありうるかもしれないけれど、
団塊の世代や、バブル世代の高齢者では、きびしいというのが私の読みですが、いかがでしょ。

終了後、ダッシュで移動して、日本カーオブザイヤーの総会へ。

100520

今年も選考委員を務めさせていただけることになりました。
購買力の極めて高い、アラフィー世代女子代表として、がんばりますー。

東京モーターショー門番

東京モーターショーには、今年30周年を迎える、
「日本カーオブザイヤー」もブースを出展しています。
実行委員&選考委員が交代で、門番をつとめておりまして、
本日、私、担当でありました。

091027

いつもながら、東京モーターショーの駐車場整理って、抜群だと思う。

受付みたいなところに座っていると、
「BMWどこですかあ?」と、たずねてくる人など、など。

「すいません。今回は出展していないんですー」

なんで私があやまらなくっちゃ、いけないんだよー。

同業K氏は、今年のカーオブザイヤー受賞車のプリウスのそばで、ずーっと立っていたら、
「プリウスの納車が遅いんだよねー」
「オイル交換ってどのくらいですればいいの?」

あのー、それはトヨタのブースでお聞きいただいたほうが~、という質問が続出だったそうな。

でも、クルマ好きの人がまだまだたくさんで、たのもしく思ったり。
みなさん、お疲れさまでしたー。

日本カーオブザイヤー決定

プレスデーの二日目の東京モーターショーの会場で、
日本カーオブザイヤーの表彰式が行われました。

091022

大賞のプリウスをはじめ、2009-2010の10ベストカー、
歴代の大賞受賞車(一部特別賞)も、会場に展示されています。

日本カーオブザイヤー
大賞 トヨタ・プリウス
インポート・カーオブザイヤー VW・ゴルフ
ベスト・テクノロジー 三菱・アイミーヴ
ベスト・バリュー スバル・レガシィシリーズ
モスト・ファン 日産・フェアレディZ

そして今年は30周年ということもあり、サード・ディケードも選考されました。
ホンダの初代フィットが受賞です。

関係者のみなさん、おめでとうございますー。
基本的に非公開の投票ですが、カートップのインタビューで全部しゃべっちゃったような?
「あー! イワサダ、これにいれてやがる!」と激震の真実は、カートップにて(笑)。