エネルギー注入しました。

昨夜は、以前、おなじ釜の飯を食べ(させていただい)ていた、
某アスリート軍団と、久々の再会です!
お誘いをもらったときは、天にも昇る気もち!
うれしいー!!!

s-DSCN1077
こちらで待ち合わせです。この時期の上野は、
「ゾウのいない動物園」で資料を読むのに通って以来。桜の季節、すごい人です!

テーブルを囲んだ瞬間、
うおー、相変わらずすごいオーラです。
エネルギーの塊のような方々。圧倒されます。
もともと上昇志向が強いとは思っていたけれど、
さらに現状に満足せず、上を目指す姿勢。
ひれ伏したい思いです。
いっしょに来てくれた若手くんも、すばらしい気を発していて、
いい選手になると思います!

たくさんのパワーと笑顔をいただき、
ああ、これでもう少しがんばれるかも。
「また会いましょう」と、ずっと言ってもらえるように、
私ももっと前に進みます!

新しい人

こもりにこもって、原稿書き。
週が明けた月曜日は、新しい分野の方をご紹介いただきご挨拶へ。
いろんな価値観の方の話を伺うのがすごく楽しいです。

s-DSCN0950
向かう途中、新橋駅によりました。
SLもお化粧直し。

いとしのポインコ

本日も内閣府。
そろそろ、専用の身分証明書つくってほしいかも。

そして……。
私が愛してやまない、docomoさんのポインコ兄弟。
好き好き好き好き! と、さわいでいたら、
神のような方経由で、今年の卓上カレンダーをいただきました!
これが、もう、かわいいというか、萌えるというか……!!

s-DSCN0949
毎月のポインコ兄弟のコスプレとポーズがめっちゃいい!
これ作った人、わかってるなー!

しばらくはこれで乗り切れそうです。

やばい。

中高生時代は、ロックにはまっていました。
まだ、横浜アリーナも、東京ドームもない時代。
聖地といえば武道館、そして横浜出身者としては、神奈川県民ホールです。
なんど通ったことか。
私に「叫び癖」があるのは、きっとこのせいかと。

そして、いま大好きなのは、こちら。
ONE OK ROCK。
彼らの最新アルバムが、発売前日だというのに届いて、
物流関係の皆様方に、ただただ感謝です。
たいへんな業務。自動運転技術で安心して配送できるようになるといいなー。

s-DSCN0939
めちゃめちゃいい。涙出そう。
日本のコンサートチケットがとれないので、昨年はドイツまで行く妄想をしました=ばか。

大学

本日は、このような場所へ!

s-dscn0645
私、大学、行っていないので、どきどきします。
いいなー、大学生。一番、自由になんでもできる時期。謳歌してほしいなー。

ひとつのことを、深く学べるってすごい。
飽きっぽい私には、テーマをひょいひょい変えられる今の仕事があっているんだろうけれど。

この仕事の特権は、「専門家」という人たちとつながれること。
私がなんとかやっていけているのは、みなさまのおかげです!
ありがとうございます!

国際交通安全学会

毎年、新会員を迎える国際交通安全学会。
本日は、今年の新会員をお迎えするデビュートーク。

交通を考える日本のブレインが集結しているのに、
肩書きではなく、「人」として本音トーク(私だけか?)ができる不思議な会。
だんだん、私、ずうずうしさが全開になってきて、
少々、反省中です。
ええ、反省しているんですよ、これでも。

司会を仰せつかり、写真を撮り損ねました。
なんで、お菓子の写真かっていうと、
「ざっくばらんにしゃべれるように、お菓子、用意しましょうよー」と私が言ったから=好評。
だけど、昨年に続き、今年も顎関節症の治療が続行中で、
お菓子が食べられないという自爆状態=涙。

s-dscn0642
事務局のH嬢が「るみねえ、食べられなかったんだから、持っていって!」と、
もたせてくれました~。いつも、ありがとうございます~。

ボローニャ!

私がボローニャに住んでいたのは、
1995年~1997年の二年間。
すでに、20年以上も前の話かと思うと、月日の流れるののなんて早いこと。
でも、ボローニャで生活したさまざまなことは、
いまでも記憶にたくさん残っています。

そんな私でお役にたてるならと、
この9月からボローニャ大学に留学するという20代のM嬢を紹介され、
ボローニャ話。
最初にね、ストリート名の入った地図を買うといいよ。
あとね、バスのチケットは早めにゲットね。
それから、夜10時以降は、一人歩きしちゃダメだからね。

10代の留学と、いちど社会人を経験してからの留学は、
その意味も、吸収するものも、感じるものもぜんぜん違う。
勤めていた会社をやめて、海外に住みにいくというM嬢に、
エールをどっちゃり送らせていただきました。
いっぱい友だち、作ってね!

s-51KXZMMPA7L._SX323_BO1,204,203,200_
私の最初の本。つたない文章だけれど、
大切な二年間がつまった一冊です。