2020東京オリパラ終了

新橋周辺で見かけた車両群。
目立つ。

息をひそめ、早くこの時期が過ぎ去るのを待つような気分だった、
2020東京オリパラ。
選手のことを思うと、開催させてあげたいという気持ちと、
コロナで大変な状況の医療従事者の友人たちや、
救急隊で走り回っている友人たちのことを思うと、
なんとか無事に、終わることを祈るばかりでした。

今はオリパラも終わり、
選手団も帰国し、
夏の熱中症の暑さも一段落し、
そしてコロナの感染者数も落ち着いてきたように見え、
勝手にほっとしています。

私自身は、2回めのワクチン接種を終え、
予想どおり39.2度まで熱を出し、
それでもインフルエンザの熱とは異なりだんぜん楽で、
準備したおかゆも、ゼリー飲料もあまり消費せず、
そのまま非常食の箱に入れてあります。

先週は、内閣府SIP-adusの視野障害ウェビナ―で
進行をさせていただき、
少しでもドライバーや職業ドライバーを抱える会社のみなさんに、
声が届くといいなと思ったり。
緑内障は、早期発見&早期治療開始!
そして、私のように健康な状態の目でも……!
これは、9月23日公開の【レスポンス】に書きます。
ほんと、びっくりしました。
まさか、私が。

東京オリンピック開幕

実家で花を咲かせたニオイバンマツリ。

本が発売になったら、肩の荷が下りた感じ。
呆けているうちに、一か月がたっているという。

その間、内閣府のイベントに出たり、
原稿を書いたり、新型車に試乗させていただいたり。
いつもは6月~7月は、落ち着いた日々が過ごせるはずなのに、
今年はなにがどうしたのか、あわただしい毎日です。

そんななか、東京オリンピック開幕です。
ワクチンがまだ一回も打てていない、
重症化率が高いとされている50代で、
しかも、クルマ移動する都民としては、思うところはあるけれど、
一所懸命な選手と、彼らを支えてきた周囲の人や家族を思うと、
やはり「がんばれ!」と祈るように思ってしまいます。

人生は一度きり。
人によって、なににその時間をかけるか、選択は違うけれど、
まっすぐに信じた道を進める人は、素敵だと思います。

暑い夏。台風も接近中。
みなさん、ご自愛くださいね。

ワクチン接種

会場で受け取った「注意点」の説明書。
手書きで様子見終了時刻も書いてくれています。

6月に出版予定の書籍の最後の追い込みを終え、
ダムに溜まりにたまった水を放水するかのように、
通常運行にもどすべく、せっせと仕事しています。

そんななか、両親のワクチン接種。
インターネットで予約しようかと申し出るも、
なんたって高齢者、ヒマですから、
電話をずーっとかけ続けたらしく、
しっかり予約をとっていました。

東京の大規模接種会場では、
建物の外で高齢者が長蛇の列の光景が報道されるなど、
いったい、両親の住む自治体では、どんな苦行が?
と、思ったものの、
すばらしいオペレーションでした。
換気の行き届いた建物内で、
ほとんど座って過ごせ、
声かけも万全。

自治体のみなさんの準備のたまもの。
感謝感謝です。

おかげさまで高齢者らしく副反応も出ず、
一回目の接種後は、ふだんどおり生活しています。
早く私も打てるといいなー。

ふたたびの

警視庁のマスクケース。
使いやすいです。

年末は、書籍の執筆で机に向かうため、
我が家の大掃除は黄金週間です。
今年も、数値目標を100と決めて、
とにかく百個捨てる! と。

この数値目標のやり方は、
須藤元気さんに教えていただいたもの。
以前、取材させてもらったときに、
「毎週、10個捨てます」という須藤さんの
心の整理術をお聞きして、
(部屋を片付けることは、気持ちを整えることと、
私は思っています)
毎週は無理だけど、ひと月に20個ならできるかも?
と、思い、でも、それもできなかったので、
半年で100個、という感じです。
(数値目標がどんどん、ゆるい方向に……)

ふたたびの緊急事態宣言。
イベント系の仕事が、どんんどん延期になり、
そのぶん、時間ができて家のなかもきれいに!
写真は、緊急事態宣言前に行われた、
警視庁のイベントでいただいたもの。
マスク会食だけでなく、マスクお茶飲みにも使えます。