台湾版「ハチ公物語」

5年前に、5年間の契約をさせていただいた、
台湾版「ハチ公物語」。
契約更新をさせていただきました。

s-DSCN1645
中は漢字だらけ(当たり前)。まったく読めません!

写真は、私の山の師匠でもある、田丸瑞穂さん。
イラストは、真斗さんです。

取材、順調!

来夏に向けてのノンフィクション。
本日も充実のインタビュー。
大きな仕事をした人が、そのときの様子を語る表情って、ほんとに素敵。
間近で話を伺え、あふれるほどのエネルギーをいただけて感謝です。

s-DSCN1565
今年は、何冊使うことになるのか。
すでに3冊め。

十分な時間をとってご対応くださり、ありがとうございました!

着々と

来夏に向けて、順調に取材中。
今日も、笑顔に囲まれてのインタビュー、
ありがとうございました!

s-s-DSCN1523
もんのすごい暑さですが、木々が作る陰に逃げ込みます。

やっぱり現場は楽しい。

台湾で発売決定

「もしも病院に犬がいたら -こども病院ではたらく犬、ベイリー-」
台湾での出版契約をさせていただきました。

s-s-DSCN1560
講談社さまが、すべて取り持ってくれます。
ありがたや。

韓国版「もういちど宙へ -沖縄美ら海水族館人工尾びれをつけたイルカ、フジの物語-」
台湾版「ハチ公物語 -待ちつづけた犬-」
「ベイリー、大好き -セラピードッグと小児病院のこどもたち-」
これらに続き、四冊目の海外版契約です。
どんな風に翻訳していただいているか、まーったくわかりませんが、
海を越えて読んでいただけることに、感謝なのであります。

次の本の取材も着々と進行中。
本日は、取材後に編集担当Sくんが、
「名犬ラッシー」の出版祝いしてくれました。

s-DSCN1526
下町の甘味やさん。
取材後、歩いているときにふと見つけ、吸い込まれるように入店。

メールや電話もあるけれど、
やっぱり顔を合わせての打ち合わせが一番。
ややこしい話になればなるほど、
同じ空気のなかでお互いの表情を見ながらは、
大切な作業だと思います。

本日発売「名犬ラッシー」

書籍の奥付、第一刷は15日となっているものの、
青い鳥文庫のサイトには、「8日ごろ発売」とあるので、→こちらをクリック
改めてご紹介です!

s-ラッシー書影

子どものころに読んだときは、ただ、ラッシーがもどってくるという話に思えましたが、
今回、原作を改めて読んでみると、
さまざまな感情が揺り動かされました。
原作者エリック・ナイトが伝えたかった思いをすくいあげて、
日本語版のなかに入れるという作業は、
少し、ノンフィクションの書き方にも似ています。

新訳「名犬ラッシー」。ぜひご一読ください!

いざ、出陣

次のノンフィクション。
今週から、許可をいただけたところの取材を開始します!
新たな現場には、新たなユニフォーム。
いつものお店で調達です。

s-DSCN1459
今回は、渋谷店に。聞こえてくるのは外国語ばかり。
観光名所のひとつのようですー。

某高級ブランドショップの店長をしているソウル・シスターに怒られそうだけれど、
現場取材にこちらのブランド品は、超着やすいんですよー。
ごめん、今回も上から下まで、ユニ〇ロだわ~。