ベイリー大好きin台湾

会議に出て、
会議に出て、会議に出て、
会議に出て……と、水曜日まで終わり、ふっと気づくと!

「もしも病院に犬がいたら」
台湾での販売が始まっていました!

s-DSCN3116
台湾版です。読めません~。
でも、ベイリーの愛らしさはわかります!

ご尽力くださったみなさん、ありがとうございます!
台湾では、
「ベイリー大好き」(小学館)
「ハチ公物語」(講談社)
「しっぽをなくしたイルカ」(講談社)
についで、4冊め。光栄です!

読んでいます

次のノンフィクション。
資料本は13冊。
今月&来月で読み切るべく、読書家に変身中。

s-DSCN3018
4冊めです。今月中にあと3冊、読めるかな。
弱気……。


週末に急ピッチで追い上げます!

資料まみれ

次の書籍は、資料がどかーん!
まだいいって言っているのに、
やる気まんまん、フットワークのいい編集担当S氏が、
段ボール箱で送りつけて 送り届けてくれました・涙。

昔の書籍って、文字が小さくてねー。
最近の新聞の文字の大きさに、ほっとしますよ。

がんばって、読んでいます。

発売日&タイトル決定

ゴールデンウィークで世間さまが休みのあいだ、
私は、最後の追い込みで再校です。

s-IMG_1418
校閲さまと編集さまの赤字のはいった校正用紙。
自分の赤入れといっしょにまとめていきます。

そして、発売日とタイトルが決まりました!

「キリンの運びかた、教えます 電車と病院も!?」

6月13日発売です!

首の長いキリンは、どうやって運ぶの?
重くて大きい電車の車両は、どうやって海外まで運ぶの?
治療を続けながら、病院が引っ越すためには、どうすればいいの?

今回は三部作。
あとひとふんばり、がんばります!

ほむぱ

歯列矯正で歯を動かす期間は終わったけれど、
あともどりしないように、マウスピースを食事時間以外は24時間装着!
しかもそれを、半年? と思っていたら、
一年半(!!!)と、つい先日知り、愕然とする今日この頃。
あと一年じゃん……ぼーぜん。

なので、長時間しゃべりまくるレディース集会は、
(女子会という年齢じゃないから ↑ こう書いたけれど、
すごくヤンキーな集まりに読める……)
ホームパーティが一番!

一年ぶりな友人が集まり、
しゃべること、やっぱり8時間……!
でも、しゃべり足りない。

s-IMG_1405
ワイン担当が持ってきてくれたのは、
私の大好きなブルネロ・ディ・モンタルチーノ。
しかも、私がイタリアにいた1997のもの! さすがなチョイス!

6月出来の書籍が一段落した3月から、
ちょいちょい隙を見て遊んでいたけれど、
これで打ち止め!
8月に予定している次の本の入校に向けて、
ここから全力でがんばります!

種まき!

今年もはじまりました!
種もみをお湯につけた瞬間に、稲刈りの日が決まる米作り。
お米農家さん、もう後戻りはできません!

そして、今年も、拙著「お米ができるまで」(講談社)の取材でお世話になった、
「うおぬまの米農家」さんこと若き米農家、小岩さんのおうちの、
播種に参加です!

s-DSCN2953
播種機械への土盛りなど、さらに改良が加えられ、
仕事率、アップ! 研究に余念のないダイヒョーです。

s-DSCN2952
まかれた種。ここから発芽して田植えの苗になります。
それにしても、本当にいい景色のなかで育てられます!

s-DSCN2959
こちらは、私が昨年、播種に参加してとれたお米!
どちらも香りがあって、ほんとうに美味しいです。

安心安全の有機栽培のお米。
だいぶ売り切れてしまったけれど、まだ入手可能です。
詳しくは、こちらから! →クリック!
そして、9月の新米も、お楽しみに~!

次作取材開始

午前中は会議@内閣府。
そして、元気をくれる友人とランチ!
お互い、そろそろ落ち着いてもいいと思うけれど、
相変わらずこの友人ってば、なんでこんなにエネルギーの塊なんだか。
たくさん「やる気」をもらって、
午後は来春に出来予定の次作の取材開始です!
>といっても、読書ですが。

新しい分野に取り組むときは、
関係者に接触する前に、関連書籍を最低3冊読みます。
(ドクターヘリや東京消防庁のときは、7~8冊読んだけれど、
現場では、わからないことだらけ。むー)
そして今回は、読みたい本が14冊!!!
さらにもう少し、あると思われ。

s-DSCN2903
初夏のきざしが感じられるなか、読書ができるオープンカフェ発見。
お茶、おいしいです。

クルマを運転するあいだは本が読めないので、
時間を効率よく使うために、電車で動こうかな。
こうして考えると、クルマって不便だなー。
自動運転技術で、セカンド・アクティビティが早くできるようになるといいのに。

夜は机に向かって講義を聞くこと90分。
講義の内容より、講義の仕方のほうに興味がいってしまい、
人のふり見て我がふりなおせを、肝に銘じる次第。